驚くほど使える!一度使ったら手放せない「ハッカ油」の便利な使い方 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.13

驚くほど使える!一度使ったら手放せない「ハッカ油」の便利な使い方

夏に大活躍するアイテム、ハッカ油。虫よけや消臭以外にもたくさんの使い道があるのをご存知ですか?マスク生活の悩みも解決できる、ひとつは持っておきたいアイテムです。

Text:
古瀬紅音
Tags:

夏にひとつ欲しい「ハッカ油」

スーッとした清涼感が特徴のハッカ油。虫よけや爽快感を感じたいとき以外にも、様々な使い方があるのをご存知ですか?使いたいシチュエーションや方法を紹介していきます。

ハッカ油スプレー/北見ハッカ通商

▲10ml/1,080円(税込)

ハッカ草から抽出されたという、天然添加物のハッカ油。10mLとコンパクトなサイズ感なので、持ち歩きにぴったりな商品です。シュッとひと吹きするだけで、ミントの清涼感を存分に感じることができました!よく見かけるけれど使ったことがない、という方におすすめしたい使用方法を紹介します。

1:虫よけとして

昆虫や小動物は、ミントの清涼感を苦手としているのだとか。出かける前やレジャーの際、肌に吹きかければ虫よけとして使えます。実際、昨年の夏は蚊よけとしてお世話になっていた商品なんです。天然添加物なので、従来の虫よけスプレーよりも安心して使えそう。

2:消臭スプレーとして

布巾や雑巾など、夏場は特にむわっとした臭いが気になりますよね。ハッカ油スプレーは臭い消しとしても使えるので、気になるものにシュッと吹きかけるだけでOK。すすぐ際に水と混ぜることもおすすめです。

3:疲れた体にも

疲れて火照った体を、スーッと癒してくれる効果もあります。枕やタオルに吹きかければ、強すぎずほどよい爽快感を感じることができそうです。冷やしたタオルに使うとさらに冷涼感がUPします。

4:リラックスタイムのお供に

ハッカの爽やかな香りは、イライラした心を静めてくれそうです。車内やお部屋の空間はもちろん、ハンカチ等に吹きかければ、満員電車でもサッと香りを感じることができるのでおすすめです。

5:花粉症や鼻づまりに

花粉症や風邪をひいているとき、ガムなどを食べるとスーッと症状が和らぎますよね。マスクの内側や襟元など、顔の近くにハッカ油スプレーを吹きかければ、同じような効果が期待できます。長時間マスクをつけて臭いが気になる、などといったお悩みにもおすすめです。

本当に涼しく感じます!

様々な使い方ができるハッカ油ですが、シンプルに体や服に吹きかけるだけでも十分な使い心地。ひとふきすれば、体感2時間ほどはスーッと清涼感を感じることができました。夏の

※記事中の内容は、筆者個人の感想です。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事