スカートの種類って?丈の長さやシルエット、素材別の名称を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONスカート

2021.10.07

スカートの種類って?丈の長さやシルエット、素材別の名称を解説

一口に「スカート」と言っても、その種類はさまざま。一般的にスカートの種類は、丈の長さやシルエット、素材で呼び名が変わります。世の中にはどんなスカートがあって、それぞれどんな印象なのか、覚えておくと日々のファッションコーデにも役立つかもしれません。今回はそんなスカートの種類を、大人の女性がコーディネートするときのポイントと一緒に解説します。

Tags:

【目次】
【丈の長さ別】スカートの種類
【シルエット別】スカートの種類
【素材別】スカートの種類

【丈の長さ別】スカートの種類

ミニ丈スカート


可愛いコーデを目指すときに便利なミニスカート。フレッシュ感がなくなりそうなときは、やや大きめのジャケットを合わせて今旬のバランスに。

膝丈スカート

膝丈スカート
脚のラインをキレイに主張できる膝丈。ふんわりとしたフレアスカートは少し甘くなりがちなので、テーラードジャケットなどを合わせて端正にまとめるのがイタ見えしないコツ。

膝下丈スカート

膝下丈スカート
体型や身長にとらわれずバランスをとってくれる膝下丈のスカート。長めのレングスなので、鮮やかなカラーのアイテムを選べば主役級の存在感に!

ミモレ丈スカート

ミモレ丈スカート
脚のふくらみ部分をカバーするので、スッキリとしたラインを叶えてくれるミモレ丈のスカート。トップスはトラッドなアレンジでスカートの甘さを抑えて着るのも◎。

ロング丈スカート

ロング丈スカート
足首丈のロングスカート。重く見えがちなので淡いカラーをチョイスして、清楚に可愛らしくまとめたい!ラベンダーパープルなら、〝女らしいけれど甘くない〟そんな絶妙なリッチ感を生んでくれる。

マキシ丈スカート

マキシ丈スカート
脚を完全にカバーするマキシ丈スカート。スカートが重くなりがちなので、トップスとのバランスが重要。ジャケットを合わせるならノーカラーがうってつけ。長めのアイテム同士でも、直線的なラインが生まれてスッキリ見え!

【シルエット別】スカートの種類

フレアスカート

フレアスカートは、シルエットがふんわりとしているのが特徴的。

フレアスカート

体型カバーもスタイルアップも叶えてくれる、大人の女性の強い味方。白や黒のベーシックカラーはもちろん、鮮やかな色のアイテムも人気。足元はヒールでもスニーカーでも、夏はビーサンでもGOOD!

プリーツスカート

プリーツスカートとは、折ひだが繰り返されるスカートのこと。立体感があり可憐に見せる大人可愛いアイテム!

プリーツスカート
しなやかなプリーツに、かっちりしたダブルジャケットを合わせると硬派に振ることも可能。カーキ~ベージュのニュアンスカラーなら、まろやかに仕上がる。

タイトスカート

女らしさの象徴とも言えるタイトスカート。エレガントな印象をより強めるならレースタイトスカートが◎。

タイトスカート
トップスはあえて微光沢の白Tを合わせると、カジュアルに緩和することも可能。淡色トーンで統一感をもたせて。

【素材別】スカートの種類

コーデュロイスカート

コーデュロイスカート
リラックス感のあるコーデュロイは、表面に凹凸があるのが特徴的。カジュアルな印象が強いと言われ、ほっこり見えしてしまう可能性もあるため、大人は透け感が色っぽいレースタイプのブラウスで華やかに見えるよう配慮するとGOOD。

チュールスカート

チュールスカート
チュール素材のスカートは、重くなりがちなコーデに抜け感をもたらしてくれる万能アイテム。シックな色調のボリュームあるチュールスカートなら、程よいリッチ感を醸し出す。ジャケットだけでなく、厚手ニットやカジュアルなフーディなどとの相性もGOOD!

レーススカート

レーススカート
女っぽさ抜群のレース素材スカート。とことんキレイめに着ても、ラフなトップスと合わせてカジュアルダウンさせてもOK。大人が甘くならないように着こなすなら、こんなアースカラーで辛口にシフトするのも◎。さらにノーカラージャケットで都会的なムードに仕上げると、レーススカートコーデの洒落感が一気にアップ!

レザースカート

レザースカート
レザー素材のスカートは、少々ハードな印象。あえてスエットライクな素材のフーディをチョイスし、キャラや素材が異なるアイテムを重ねたコーデを楽しむのもアリ。

デニムスカート

デニムスカート
ラフな印象のデニム生地スカート。タイトシルエットなら女っぽさも充分!トップスにはメンズライクなチェック柄コットンリネンシャツを合わせ、〝男前〟と〝女前〟をミックスしたスタイリングを楽しんで。

サテンスカート

サテンスカート
しっとりとしたカシミアコートに、ラフなカットソーに艶めくサテンスカート、マットなスエードブーツ。無意識にダークカラーに手が伸びる季節、多彩なテクスチャーを重ねて装いにメリハリを。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事