Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONニット

2021.11.02

大人女子のニットコーデ39選【2021】季節別のおしゃれな着こなしを紹介

30代・40代の女性向けニットコーデをピックアップ!定番の黒やグレーに加えて、きれいめ色のニット、季節ごとのおすすめを集めました。

Tags:

【目次】
ニットコーデのポイント
春・秋のニットコーデ
冬のニットコーデ
夏のニットコーデ
最後に

ニットコーデのポイント

ニットはデザインや色が豊富なので、日々のコーデに着まわしやすいアイテム。 もっとおしゃれに、大人の女性らしいニットコーデとは?季節ごとのおすすめをご紹介します。

【POINT】
・いつもより大きめサイズを選んでこなれ感のあるシルエットを楽しむ
・モノトーン以外のカラーニットで顔まわりも明るく見える

春・秋のニットコーデ

【1】ベージュニット×ベージュカーディガン×ベージュパンツ

【1】ベージュニット×ベージュカーディガン×ベージュパンツ

心地のいいリネン素材、ヘルシーなベージュ、「これぞ〝無印良品〟!」な魅力がたっぷり。ラフな装いもどことなくきれいめで上品。だからこそ、〝無印良品〟に頼りたくなる。

▶︎「リネン素材×ベージュ」で作るきれいめラフコーデ【明日、何着る?】

【2】黒ジャケット×キャメル色ニット×黒パンツ

【2】黒ジャケット×キャメル色ニット×黒パンツ

パンツスーツもエレガントな印象に。肩がかっちりとした黒ジャケットは、どこかに女らしさを加えるのが着こな しのルール。ヌーディなベージュのシャツ仕立てニットで軽さを出し、Vカットのパンプスで肌の抜け感を大切に。パンツスーツでかっこよく決めた日 こそ女らしさを忘れない。それこそが、Domani世代のおしゃれの腕の見せど ころ。

▶︎パンツスーツでかっこよく決めたい!そんな日こそ大事にしたいのは…

【3】白ジャケット×白ニット×キャメル色パンツ

【3】白ジャケット×白ニット×キャメル色パンツ

「トレンドの白× キャメルの配色、パンツでキリッと、いかにもな甘さではなく 品のいい大人っぽさを意識。紺ジャケではトラッドすぎるし、 カーディガンでは普段着すぎる。ジャケットだけど透け感のあるレースを選んで甘さを足すのが、私流です」(川人未帆さん)

▶︎おしゃれ上手が取り入れているのはヘルシーな透け感を楽しむコーデです

【4】白ニット×ミント色パンツ

【4】白ニット×ミント色パンツ

カラーパンツを白ニットで落ち着かせたベーシックスタイル、と見せかけて、実は左の腕がフリフリという、ひねりの利いた着こなし。パンツのミントを濃くしたような色のバッグをクロスボディ使いしてカジュアル度をUP。

▶︎配色の妙で着こなしをおしゃれ見せ!【今日何着る?】

【5】黄色ニット×チェック柄スカート

【5】黄色ニット×チェック柄スカート

「きれいな発色のイエローニットを探していて、やっと出合えた一枚。スカートもベーシックではないし、靴だってプリント(笑)。こんな大胆な着こなしなら、ほっこり甘いムードを回避できます。鮮やかな色が好きですが、苦手意識のある色ももちろんあります。選ぶ素材やアイテムしだいだったりもするので、少しずつチョイスの幅を広げる努力も続けています」(川人未帆さん)

▶︎超人気ワーママ【川人未帆さん】の春服をチェック!

【6】ベージュニット×ベージュスカート

【6】ベージュニット×ベージュスカート

なんとなく着るだけでは素敵に見え ないのがベージュ。2個持ちバッグ を明快に効かせ、大人のこなれ感を 漂わせて。トップスはゆるっと、ボ トムはすっきりのシルエットは、産 後の体型が戻りにくい(涙)ふたりめ ママにも安心の、スタイルアップで きるバランス。

▶︎ベージュワントーンコーデ、着こなしのコツは?

【7】ミント色ニット×花柄スカート

【7】ミント色ニット×花柄スカート

「ふわふわとしたモヘアとシアーな質感とのギャップがかわい いハイネックニット。春を先取りしたいとき、まだニットを楽 しみたいとき、どちらにもちょうどいいんです。ニット越しの 肌は、実際に肌見せするよりもセクシーですよね。今季はシフォンやチュールなど透ける素材のバリエが豊富。インナー選びが難しいという声も聞きますが、トップスなら、くりが深めの ブラトップを白黒2枚用意しておくと便利」(川人未帆さん)

▶︎絶妙な透け感が女っぽさをアップ!おしゃれプロに学ぶ春ニットコーデ

【8】ピンクニット×赤ロングスカート

【8】ピンクニット×赤ロングスカート

「凝った素材のスカートに目がない私が手がけたアイテムです。ボリュームの出るジャカードだから、トップスはハイゲージニットですっきりと。カジュアルな気分で着たいから、バッグはクロスボディ、足元はフラット、というハズしの要素が大事なんです」(川人未帆さん)

▶︎「派手ふわスカート」はワントーンで♡【今すぐ真似したい!川人未帆Style】

【9】ピンクニット×デニムパンツ

【9】ピンクニット×デニムパンツ

「きれいめトップスを崩したいときに選ぶ、私にしてはボーイッシュなデニム。気持ち太めのシルエットがこなれ感を引き出してくれる気がします。淡い上下に、外した小物合わせのバランスがこだわり」(川人未帆さん)

▶︎おしゃれ上手の春のデニムコーデは「マネしたい!」が詰まっていた

【10】ピンクニット×白パンツ

【10】ピンクニット×白パンツ

ピンクケーブルニット×白ストレートパンツで優しげに春っぽく。フェミニンに着映えるピンクニット。 クリーンな白パンツを合わせれば、甘すぎず大人っぽく着こなせる。ライトピンクのファーバッグで遊び心をひとさじ。

▶︎シンプルだけどかわいい♡ ピンク×白で作る春のニットコーデ

【11】紫ニット×黒パンツ×白パンプス

【11】紫ニット×黒パンツ×白パンプス

カラーニットとの潔いコントラストでシンプルに楽しむ。ニットに黒クロップドというお手軽コーデを、 発色のいいパープルと黒のコントラストが鮮度よくブラッシュアップ。 腰骨が見え隠れするショート丈とヒールパンプスで重心を上げ、バランスよく仕上げて。

▶︎【梅雨コーデ】肌寒い日は〝カラーニット〟でシンプルに楽しむという選択肢を!

【12】白ニット×ベージュスカート

【12】白ニット×ベージュスカート

艶やかなサテンのロングスカートで、ゆるニットに大人の色気を香らせる。「サテンスカートの明るいツヤは、 量感ニットをキレよく軽やかに見せるのにも効果あり。ベージュの優しいワントーン配色で、肩の力を抜いた雰囲気にまとめるのが今っぽい」 ゴールドの上品なツヤで、肌の露出をせずともメリハリを感じさせる着こなしを成立。

▶︎ワントーンコーデの脱マンネリに、〝ツヤ素材〟がいいらしい

【13】白ニット×白パンツ

【13】白ニット×白パンツ

リブタートルニット×ワイドストレートパンツできれいめハンサムに!ゴールドのアクセサリーを散らして、白をぐっとリッチな印象に。

▶︎オールホワイトコーデをぐっと格上げしてくれるアイテムって?

冬のニットコーデ

【1】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

【1】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

ミントブルーのロングシャツはインナーも小物もグレーでつないでシックに。ブルー以外の色をそろえることで、流れるような色のトーンがきれいでやわらかな女らしさをつくってくれる。

▶︎全方位好感度抜群!グレー&ブルーの知的配色コーデ

【2】ベージュコート×ベージュニット×ベージュパンツ

【2】ベージュコート×ベージュニット×ベージュパンツ

ベージュを重ねたリッチなワントーンスタイル。ともすると老けてしまうので、インパクトのある小物をアクセントに。

▶︎ワントーンスタイルがキマらない…という人におすすめしたいコーディネート

【3】茶色ニット×グレースカート

【3】茶色ニット×グレースカート

ブラウンのモコモコニットで、やや辛口なスリットスカートをチャーミングな表情にシフト。アイスブルーのクールな色調のおかげで大人っぽさはキープできる。ベルトは取り外し可、ウエストの後ろ側はゴム仕様になっているからストレスフリー。さらに着こなしを盛り上げたいなら、チェーンバッグを斜めがけにして、キャッチーな着こなしを意識して。

▶︎まだ寒いからフワモコニットが活躍。ボトムは辛口なアイテムが正解です

【4】白コート×黒ニット×水色プリーツスカート

【4】白コート×黒ニット×水色プリーツスカート

甘いだけじゃないモード感のある部分プリーツ。この冬の定番アイテム、黒タートルとショートブーツ。地味にならない攻略ポイントは華やかなボトム合わせ。さわやかなスカイブルーのコットンプリーツでクリーンなかわいさを香らせて。

▶︎この都合のよさは癖になる♡ カラープリーツスカートの着こなし実例【明日何着る?】

【5】黒コート×グレーニット×ピンクプリーツスカート

【5】黒コート×グレーニット×ピンクプリーツスカート

目を奪われるほど艶やかなピンクとフューシャピンクのツートーンプリーツ。パーティにも活躍しそうな華やかスカートをざっくりとしたロゴニットで着くずして。ラフすぎず、女らしさも感じられる大人カジュアルが新鮮な〝かわい・い・女〟を体現してくれる。

▶︎愛してやまないプリーツスカート、感度高く着こなすならこの組み合わせ

【6】白コート×白ニット×緑プリーツスカート

【6】白コート×白ニット×緑プリーツスカート

白ニットにイレギュラーなプリーツがクールに映える。淡色トーンで上品に。

▶︎トレンドのプリーツスカート、どう着こなす?

【7】黒コート×黒ニット×黒パンツ

【7】黒コート×黒ニット×黒パンツ

冬ならではの小物を効かせブラックコーデに遊びを入れて。ヌーディなベレー帽とパンプスで抜けを出し、レオパード柄のファー付きグローブで冬ならではの味付けを。

▶︎冬になるとなぜか着たくなる「黒×レオパ」の鉄板コーデ【今日何着る?】

【8】白ジャケット×黒ニット×カーキスカート

【8】白ジャケット×黒ニット×カーキスカート

トレンチ感覚で、何にでも合わせやすいシャツジャケット。ワーク風のディテールがコンサバになりすぎないのも辛口好きにはちょうどいい。ニット&スカートはダークなトーンで全体の印象を引き締めて。

▶︎大人気のCPOシャツ、何を買えばいい?「正解は2WAYを選ぶこと!」

【9】白ニット×デニムパンツ

【9】白ニット×デニムパンツ

かわいすぎずに着たい大人のモヘアニットには、定番のパールよりグレイッシュなパールが気分。ニュアンスカラーともなじみがよく、それでいてシャープさも加えてくれるのがポイント。 目を惹くデザインのピアスが、ニット&デニムの定番コーデをブラッシュアップしてくれます。

▶︎大人のモヘアニットコーデには〝グレイッシュなパールアクセ〟をご指名!

【10】カーキニット×黒パンツ

【10】カーキニット×黒パンツ

ニットは、襟元のアレンジとアクセ使いで表情チェンジ。これだけでいつもニットもまた別な表情を見せてくれる。

▶︎平日仕様から休日仕様へ。同じアイテムの印象をチェンジするなら?

【11】キャメル色ジャケット×茶色ニット×チェック柄ミニスカート×黒ニーハイブーツ

【11】キャメル色ジャケット×茶色ニット×チェック柄ミニスカート×黒ニーハイブーツ

フレッシュ感がなくなりがちなミニ×ニーハイブーツを、やや大きめのジャケットで今旬のバランスに。全体のキャメルのトーンをブーツの黒で引き締めて。

▶︎あのブランドの「ニーハイブーツ」がすごいらしい

【12】白ニット×デニムパンツ

【12】白ニット×デニムパンツ

定番の白ニット×デニムのカジュアルコーデに、ケープをさっとはおってこなれ感をプラス。 今っぽさ群のブーツやミニバッグ、帽子でトレンドコーデに。ゴールドの大ぶりピアスやリングでアクセントを。

▶︎定番の白ニット×デニムコーデには〝ケープ〟をはおってこなれ感を!

【13】青ニット×ベージュパンツ

【13】青ニット×ベージュパンツ

淡い色とも相性よしなロイヤルブルーニットの着映え力。ビッグニットのすとんと落ちるボリュームは、構築的なデザインのセットアップに重ねてもひびかないのも優秀。プルオーバーの長めの カフスやテールの部分見せレイヤードが、おしゃれ上級者なこなれたムードを連れてくる!

▶︎シンプルニットがこなれさせたいなら投入すべきはこのアイテム

【14】青ニット×デニムパンツ

【14】青ニット×デニムパンツ

冬の装いが華やぐスカイブルーのカシミアニット。爽やかさと柔和な表情を導いてくれる。毛足の長いファーカシミア素材もポイント。

▶︎これぞ主役級!冬の装いが華やぐスカイブルーのカシミアニット

夏のニットコーデ

【1】水色ニット×グレーパンツ×白スニーカー

【1】水色ニット×グレーパンツ×白スニーカー

誰もが知る着心地抜群のアンサンブルニットは、スタイリングをスポーティに振ることで新鮮に着こなせる! サックス×ライトグレーに、足元のスニーカーで明るい色をトッピングして。という絶妙な配色も、洒落見えにひと役。

▶︎指名買い決定! 通勤スタイルには、〝サックスブルー〟のハイゲージニットが最強説

【2】白ニット×白スカート×黒スニーカー

【2】白ニット×白スカート×黒スニーカー

クリーンなオールホワイトコーデはスニーカーでメンズっぽさを足して。五分そでニットとプリーツスカートの清潔感あふれるコーデ。ボヤけがちな色合いを、Nとソールの白が映える黒ミドルテクスニーカーで潔く。

▶︎オールホワイトコーデは足元に引き締めカラーを投入すればうまくいく!

【3】ベージュニット×スカートのセットアップ

【3】ベージュyニット×スカートのセットアップ

自宅で洗えるニットはデイリーアイテムとして大活躍。ワントーンでまとめた着こなしで女っぽく。

▶︎【プラステ】の〝洗えるセットアップ〟は着回し抜群な名品アイテム

【4】テラコッタ色ジャケット×白ニット×テラコッタ色パンツ

【4】テラコッタ色ジャケット×白ニット×テラコッタ色パンツ

チェーンバッグで女らしさを意識。セットアップの知的さを損なわない女前小物や大ぶりの時計で、コンサバすぎないきちんと感を。

▶︎ポイントは小物使い!女らしさを意識した〝セットアップ〟の着こなし方

【5】白ニット×ネイビーパンツ×サンダル

【5】白ニット×ネイビーパンツ×サンダル

キャッチーなぺたんこサンダルで休日らしい遊び心を。デニムとTシャツを選んでしまいそうなところを、リネンパンツとニットでアップデートしたスタイルは、こなれているけどカジュアルすぎないバランスが絶妙!

▶︎【バナナ・リパブリック】の〝ノースリーブニット〟はシンプルなのにこなれて見える名品

【6】ベージュニット×オレンジスカート

【6】ベージュニット×オレンジスカート

ベージュ、オレンジ、少量のホワイト。ナチュラルな華やかさを身にまとって。ニットトップスを前身ごろだけスカートにゆるっとインして、 さりげなくウエストマーク。ボディラインを拾いすぎずにつく るフィット&フレアのシルエットで自然なスタイルアップを。 ベージュに優しくなじむ白小物で、ドラマティックなカラース カートをデイリーに。

▶︎〝カラースカート〟を大人の装いで楽しむには?【着こなしテク】

【7】キャメル色ニット×黒パンツ

【7】キャメル色ニット×黒パンツ

ニットの素材感とパンツの仕立ての美しさ、厳選されたワードローブだからこその心地よさを実感。ノースリーブニットはゆとりのあるデザインで、今どきムード抜群。ややスクエアなシルエットなので、ボトムはすっきりとした細身パンツが好相性。

▶︎スクエアシルエットのニットと細身のパンツが相性抜群!【今日のコーデ】

【8】黒ニット×ミント色パンツ

【8】黒ニット×ミント色パンツ

「はいてみたいけど、ちょっと難しそう…」な、光沢のあるグリーンのイージーパンツ。絶妙なフィット感の黒リブニットを合わせれば、すんなり まとまる。ベージュ系の小物で、全体をマイルドに調節して。

▶︎【プラステの黒リブニット】があれば攻めボトムもすんなりまとまる!

【9】黒ニット×黒スカート×黒スニーカー

【9】黒ニット×黒スカート×黒スニーカー

凜々 しいブラックコーデも、程よいカジュアル感が足元に加わることで新鮮に。一日の中で異なる印象のおしゃれが楽しめるのもワーママならではの醍醐味 !  

▶︎【着こなしテク】凛々しいブラックコーデが新鮮に見えるそのワケは?

【10】ベージュニット×ベージュスカートのセットアップ

【10】ベージュニット×ベージュスカートのセットアップ

汚れてもいいボトムで…と、雨の日はついデニムに手が伸びるけれど、水が跳ねたすそがなかなか乾かないなんてことも起きがち。 意外とスカートのほうが快適に過ごせるんですよね。サラッとドライな肌触りのこのニット素材なんてもってこい!蒸し暑い雨の日に娘を抱っこしていても快適に過ごせそう。 セットアップ効果で、〝雨の日でもきちんとした服を着ている人〟に見えるのもお得かも(笑)。

▶︎雨の日でもおしゃれ!が叶うニット素材のセットアップコーデ

【11】茶色ジャケット×緑ニット×茶色パンツ

【11】茶色ジャケット×緑ニット×茶色パンツ

さわやかなライトグリーンのノースリニットが、重たく見えがちなセットアップに軽やかさを加えてくれる。

▶︎おしゃれプロからも愛される〝スローン〟の高機能ニットが便利すぎ

【12】黒ニット×黒チュールスカート×黒スニーカー

【12】黒ニット×黒チュールスカート×黒スニーカー

いろんな素材の黒をかけ合わせることで「全身黒」 でも奥行きのある着こなしに。特にチュールスカートの軽やかさは、ブラックスタイルに有効 ! 〝コンバース〟のオールスターやパイソン柄のバッグで、遊び心も抜かりなく。

▶︎黒なのに涼しげ!チュールスカートを使った夏のブラックスタイル

最後に

おすすめのニットコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか。ニットはバリエーション豊富で、着回ししやすいアイテム。特に秋冬はトップスだけでなく、ボトムスやアウターにもニット素材のアイテムを取り入れることでコーデを格上げしてくれます。ぜひ、お気に入りのニットを見つけてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事