地球に優しくオシャレ! 万能キッチンツール「スタッシャー」を使ってる? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.22

地球に優しくオシャレ! 万能キッチンツール「スタッシャー」を使ってる?

連載「エナジーブランディング」は、ブランディングコーチ大島文子が週イチでお届けするコラム。毎日を忙しく過ごすWEB Domani読者のエナジーチャージにお薦めしたい情報や商品を紹介します。今回は環境にもカラダにも優しい万能キッチンツール「スタッシャー」の魅力をご紹介します。毎日、山のように出るキッチンのプラゴミが減らせます!

Text:
大島文子(ブランディング コーチ)
Tags:

エナジーブランディング vol.20:
洗って繰り返し使える万能キッチンツール「スタッシャー」

世界第2位! 日本のプラスチックゴミ排出量

スーパー等で食材買い出し後、キッチンに広げると大量に出るプラスチックゴミ。悲しくなりませんか?エコバッグが当たり前になっても、それぞれの個包装に大量のプラスチック。コロナ禍の安心安全に日本式の丁寧に包装された食品はありがたい。でも凄い量です。

実は日本は、1人あたりのプラスチックゴミの排出量が米国に次いで2位。プラゴミ問題は、私たちの日常生活と地球の未来が直結している課題です。

スタッシャー

(C)Shutterstock.com

食材を保存するときやレンジ調理、ジップバッグやラップといったプラスチック製品が必須でした。その使用を減らし、環境にもカラダにも優しいキッチンツールが「スタッシャー」です。

カラフルでサイズもいろいろ! スタッシャーで出来ること

アメリカ・カリフォルニア生まれのスタッシャー。

スタッシャー

話題の「エシカル コンビニ」などのおしゃれ系ショップだけでなく、ヨドバシカメラなど家電量販店やオンラインサイトでも購入できます。

実は先日、メディア向けサステナブルイベントのお土産の一つにスタッシャーを採用したところ、多くの方に喜んでいただきました。

■「スタッシャー」の素材、特徴は?

原料は食品用品質として認められている100%ピュアプラチナシリコーン。充填材や石油製品がない100%プラスチックフリーのピュアプラチナシリコーンでできており、主に砂や酸素などの天然資源から作られているそう。

健康にも安全なプラスチック製品の代替品として、使い捨てではなく繰り返し使えるクッキングバッグです。

<その特徴は>
✓原料は食用品質として認められている100%ピュアプラチナシリコーン使用
✓密閉をかなえる特許技術ピンチロックシステム
✓冷蔵・冷凍保存、 電子レンジでの加熱、 湯煎、 オーブン(250℃まで)の調理と幅広い温度帯に対応
✓バクテリアが繁殖しにくい素材
✓洗浄し何度でもリユースできる(食洗機での洗浄も可能)
✓水性マーカーでラベル書きをすることも可能。
✓カラフルなカラーバリエーションとサイズ展開

■保存だけでなく調理器具としても◎

冷蔵、冷凍や電子レンジの過熱だけでなく、250℃のオーブンまで可能ってすごくないですか?

▼私は野菜を蒸すときにスタッシャーに入れて電子レンジにポン!

スタッシャー

このキャベツ蒸しは、残り物のキャベツをスタッシャーに入れて少しのお酒と粉末チキンブイヨンを振っただけ。レンジでチンして蒸して鰹節とポン酢をかけて出来上がり。野菜の甘みが出て美味しいです。

▼簡単に1品!

スタッシャー

■食洗器で洗えるのも、手軽なうえに高温で消毒出来て◎

▼この写真の底にマチのあるタイプ、自立するので調理器具として特におススメします。

スタッシャー

■カラフルキッチンツールで気分を上げて♪

実はスタッシャーを使いだしてから、冷凍庫が前より整理整頓できました。色とサイズで使い分けることで、何がどこに収まっているのか一目瞭然。ラップを多用していた時、時々冷凍庫から発掘されたミイラ化した食材に最近遭遇していないです(汗)

新色や店舗限定の多色デザイン「アースコレクション」なども登場しているので、利便性と気分転換にこれからも私のコレクションは増えていきそうです。

最後に手抜きストック冷凍食材のお薦めを

「ネギのみじん切り」と「大根おろし」

スタッシャー

ちょっと大根おろしがあるとより美味しくなりそうな料理、焼き魚や厚焼き玉子、ざる蕎麦などなど… 便利です。完全密封できるので、ネギや大根などの強い匂いのある食材も安心して保存できます。

* * *

この1年半、ほぼ毎日2〜3食作っています。外食が出来ない日々、みなさん同じですよね。そんなキッチン時間を、カラフルで便利なキッチンツールを取り入れて気分を上げて過ごしませんか?

その上で環境にもカラダにも、少しでも優しい生活を心がけて暮す…。今世の中は「サステナブル」がまるでブームのようだけど、何もしないよりよっぽど良いと思っています。

本当はとてもシリアスな地球の課題。でも未来を想い、生活を変えていくアクションはポジティブです。日々のサステナブルなアクションが、お一人お一人の前向きなエネルギー源になり、繋がって、未来を変えていけることを願っています。

記事内イメージ画像/(C)Shutterstock.com

他の「エナジーブランディング」記事はこちら

冷蔵庫の野菜がご馳走に! この〝浅漬けの素〟知ってる? 味変メニュー4選も
助成金で半額になるかも?! 夏目前【生ゴミ処理機】購入のタイミングです

 

大島文

ブランディング コーチ

大島文子

ファッションや百貨店、化粧品、ライフスタイル雑貨などのブランディング支援、PRや販促を中心に活動している。6年前に(株)ブルーム&グローという会社を起業。
Oggi.jpにて連載していた「ブランディング仕事術」はこちら

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事