Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.01.01

冬、ベースが崩れる原因はメイク中のアレのせい!?【40代の正解メイク】

日中、気づくとファンデーションがヨレたり、シワに入り込んだり、マスクにあたるところがはげたり…。崩れる原因は、朝ベースメイクするときにやりがちなアレのせいかもしれません。

Tags:

ベースメイクが崩れる意外な落とし穴!をプロが解説。崩れにくいメイクテクニックも紹介します

冬、ベースメイクが崩れる大きな原因は「乾燥」です。乾燥による肌のゴワつき、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰分泌されることが崩れを招きます。「それなら下地をたっぷりつければ防げる?」と思いがちですが、ヘア&メイク 佐伯エミーさんによるとそれは逆効果なのだそう。

「下地はファンデとの密着性を高めて保湿する効果もありますが、たくさん使えばいいわけでなく、むしろ下地をつけ過ぎると崩れやすくなります。ベースメイクは、下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーを薄膜で重ねるのが“美しく崩れにくい肌”に仕上げる近道です。ファンデーションだけで肌悩みを塗り隠そうとすることも崩れの原因になりますし、厚塗り感が出るので避けましょう。シミやクマはコンシーラー、毛穴の開きやくすみは下地、と適材適所でアイテムを駆使することが大切です。仕上げのルースパウダーはファンデーションを密着させるために必要ですが、こすれやすい部分や崩れやすい部分のみでOKです。
そして大切なことが、もうひとつ。なにかを塗ったらその都度、しっかり密着させることです。ちょっとしたことで崩れにくさが格段にアップして美肌をキープできるのでぜひ試してみてください」

ベースメイクが崩れる落とし穴はココ!

  1. 崩れや乾燥を防ぐために「下地をつけ過ぎる」
  2. 肌悩みを「ファンデーションで塗り隠そう」とする
  3. ルースパウダーを全顔しっかりつける 
  4. 「密着が不十分な状態」で次のアイテムを塗る

ブラウス¥46,200(ビームス公式オンラインショップ〈ルーム エイト ブラック〉)

 

ヘア&メイクが実践! 崩れにくいベースづくりを全プロセスで解説

プロセス1. 下地を指のはらで薄く塗り広げる


「下地は多すぎても少なすぎても崩れの原因に。5mm程度のパール粒を指にとり、指のはら(第2関節くらいまで)に広げてから塗布します。こうすると薄膜でムラなく塗れます。頰の内側から外側へと塗りのばし、そのあとに額、鼻、あご、目元にも塗ります。最後に乾いたスポンジで顔全体をトントンするとなじみがよくなり、余分な油分がオフできます」(佐伯さん)

  1. 下地は全顔で5mm程度のパール粒を使用。指のはらでのばす
  2. 最後に乾いたスポンジでトントンとなじませる

 

プロセス2. コンシーラーでクマをカバーする


「クマのカバーには、オレンジ系コンシーラーを使います。コンシーラーで整えたあとにファンデーションを重ねるとオレンジがなじんで自然に見えます。カバーするときは、クマよりも少し広めにコンシーラーをブラシでのせ、コンシーラーと肌の境目を乾いたスポンジでトントンとなじませます。境目以外の部分までスポンジを使うとコンシーラーがとれてクマが見えてしまうのでNGです。シミ部分はファンデーションのあとに目立つところだけ塗ります」(佐伯さん)

  1. クマはファンデーションの前にカバーする
  2. ブラシで広くのせ、乾いたスポンジで境目だけをなじませる

 

プロセス3. ファンデーションを水ありスポンジで塗る


「冬は保湿力のあるクリームファンデーションに切り替えるのがおすすめですが、手持ちのファンデーションで保湿力を高めたいときはスクワランオイルなどを1滴混ぜると潤いとツヤがアップします。塗布するときは、水に濡らして軽く絞ったスポンジを使います。密着力が上がり、薄膜で均一に塗ることができます。ファンデーションを手の甲にとったら(クリームファンデーションの場合、全顔で小豆ひと粒大が目安)、スポンジに半分くらいとり、頰の内側から外側へ向けてトントンしながら塗り広げます。頰全体を塗ったら残りのファンデーションをスポンジにとり、額や鼻、あご、目元なども塗ります。マスクを着用すると目まわりに視線が集まりやすくなるので、こめかみまでキレイに整えましょう。顔全体を塗り終えたら、スポンジでもう一度全体を軽くトントンとなじませます」(佐伯さん)

  1. 冬は保湿力のあるクリームファンデーションがおすすめ
  2. 水ありスポンジで密着性をアップさせる

 

プロセス4. ブラシを使い、ルースパウダーを部分的につける


「ルースパウダーをつけるときは、大きめのブラシを使うとつき過ぎを防げます。ルースパウダーの蓋などに粉を出し、ブラシをクルクルと動かして粉をブラシの中まで含ませたら手の甲で軽くトントンとなじませてから使います。つける部分は額やフェイスライン、鼻などの崩れやすい部分、マスクで擦れやすい部分のみです。ふわっと粉をまとうようにつけます」(佐伯さん)

  1. 大きなブラシでふわっと粉をまとうようにつける。
  2. 崩れやすい部分、こすれやすい部分のみにつける

 

プロセス5. メイクの上からハンドプレス


「ルースパウダーまでつけたあと、肌全体を軽くハンドプレスすると肌、下地、ファンデーション、ルースパウダーがしっかり密着して崩れにくくなりますし、粉っぽさのない美しい仕上がりになります。ハンドプレスするときは肌と垂直になるように手のひらを軽くあてるだけでOK。グッと押したり、横に動かすとヨレてしまうので気をつけて」(佐伯さん)

  1. ハンドプレスすると密着力が驚くほどよくなる 
  2. 肌と垂直に手のひらを軽くあて、横に動かさない

 

Tシャツ¥26,400(カオス丸の内〈カオス〉)

 

乾燥が厳しい冬も! 40代のうるおい肌を守り抜くベースアイテム

大人の肌悩みを払拭してくれる下地


(右)日中ずっと肌を保湿し続けるみずみずしい潤い、毛穴の引き締めや皮脂コントロール効果を併せ持つ下地。乾燥くすみや毛穴の開き、テカりなどが気になる人におすすめです。ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェール SPF20・PA++ 30mL ¥6,380  
(左)肌を引き上げるように密着しながら潤いとツヤを与える下地。明るく血色感のある肌にトーンアップできるピンクカラー。ハリ不足、くすみ、小ジワ、毛穴が気になる人におすすめです。エレガンス グロウリフティング ベース PK100 SPF25・PA+++ 30mL ¥5,500

もはや美容クリームレベル!? 薄膜で美ツヤを死守するクリームファンデ


 ▲(右)粉感の少ないパウダーレス設計でしっとりなめらかな質感を実現。つけたては淡く透けるようなツヤ肌、時間経過とともにしっとりナチュラルなツヤ肌へ、とツヤの変化を楽しめます。SUQQU ザ クリーム ファンデーション SPF15・PA++他(色によって異なる)全23色 30g 各¥11,000
(左)空気や太陽光を、みずみずしいツヤやハリ感に変換するという革新的な独自処方。大人ならではのゴワついた肌表面をなめらかに整え、くすみを補正して明るくトーンアップします。B.A スキンケアと共通の成分が配合された贅沢なファンデーションです。ポーラ B.A ハイドレイティング カラークリーム SPF25・PA++ 全6色 30g 各¥13,750

●この特集に使用した商品の価格はすべて、総額(税込)価格です。

撮影/向山裕信(vale./人物)、高橋一輝(近藤スタジオ/静物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/柿原陽子 モデル/樋場早紀 構成/片山幸代

画像ALT

ヘア&メイクアップアーティスト

佐伯エミーさん

美容誌をはじめ、様々なジャンルのヘア&メイクを手がけ、女優やアーティストからも指名を受ける。流行りのメイクを独自に分析し、その人に似合うメイクを提案することが得意。また、スキンケアや美容ツールの指南役としても活躍。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事