Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2022.05.11

自宅でする白髪染めで注意するべきことは?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】

ホームカラーは髪へのダメージが大きいの? 40代になって気になりはじめた白髪染めについて、ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピストの細川ひろ子さんに聞きました。

Text:
keiki kido
Tags:

A.強い薬剤を使用しているため、髪へのダメージは大!

白髪染めはアルカリの力で髪を膨張させ、髪のキューティクルを開いて色素を内部に浸透させます。髪を膨張させる薬剤も色素成分も化学物質なので、当然髪にダメージを与えてしまいます。キューティクルが開くと、髪内部の水分や栄養分が流れでてしまうため、枝毛や切れ毛の原因にも…。そして、ホームカラーの薬剤には、自分で染めてもしっかり染まるよう、サロン用のカラー剤より強い色素成分が配合されているため、髪へのダメージも大きくなってしまいます。

3回に1回は美容室で染めるのがおすすめ

ダメージの少ない薬剤の研究も進んでいますが、ホームカラーが髪にも頭皮にも刺激が強いというのは事実です。ですから、月に1回染めているなら、3ヶ月に1回は美容室で染めて、しっかりトリートメントをしてもらいましょう。

白髪染めの後は必ずアウトバストリートメントを

ヘアカラーは髪のキューティクルを開いて色素成分を入れているので、髪の表面が傷ついてしまいます。キューティクルはシャンプーのたびに開くので、シャンプー後の濡れた髪はダメージを受けやすい状態。そこにドライヤーの熱を長時間当てると髪の乾燥が進むことに。ですから、タオルドライした後はアウトバストリートメントを必ずつけましょう。髪を油分などでコーティングし、ドライヤーの熱から守ってくれます。カラーリングの色もちもよくなりますよ!

カラーを繰り返してパサつく髪はこれでケア

オーガニック植物成分をはじめハーブエキスを配合した髪の美容液。パサついてまとまらない髪やカラーをくり返してツヤを失った髪を、ツヤとうるおいのある髪に。ラ・カスタ アロマエステ ヘアエマルジョン 80ml ¥2,750

細川ひろ子

ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピスト

細川ひろ子

美容師、管理美容師、毛髪診断士、認定講師。ラ・カスタ銀座本店でメインセラピストを努めながら、イベントやテレビ出演、NHKセミナーなど幅広く活動。専属技術インストラクターとしての技術指導、専門知識の提供も行う。著書に『解決! 大人の髪のSOS』(講談社)。
ラ・カスタ

こちらの記事もたくさん読まれています

とうとう生えてきた白髪!抜いてもいい?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
自然乾燥とドライヤー、結局どちらが髪に優しいの?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
お風呂でトリートメントをしたらアウトバストリートメントは必要ない?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
トリートメントはたっぷりつけると効果が上がる!?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】
仕事でぐったり。それでも夜、髪を洗ったほうがいい!?【トップセラピスト直伝!やってはいけないヘアケア法】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事