Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおしゃれプロ

2022.04.16

vol.18:着るか着ないか? 背中が開いたワンピース



春本番、おしゃれが楽しい季節は、新しいアイテムにも挑戦したい! でもちょっと抵抗がある場合はどうしたらいいの? という個人的な悩みについて書いてみました。みなさんはどうしてます?

Text:
editor_kao
Tags:

こんにちは、editor_kaoです。

春のお買い物、進んでますか? やっと暖かくなってきて、日によってはアウターいらず。身軽に、新しい服を着たくなる季節を実感しています。

今シーズン気になるトレンドアイテムは……

昨年あたりから登場していて、私の気になっているアイテムが、背中が開いたワンピース。ショップに並んでいるのを見ては、かわいいと思っています。でもその反面、「私が着てもいいのかな…」と、迷っていて。

元来ミーハーなところがあり、基本的にはどんなおしゃれも挑戦したいタイプ。着ない色もないですし、今っぽいシルエットもディテールもしっかり気になります。が、肌見せに関しては、やや敏感。胸元はかなり開いていても平気だけど(どちらかというと開いている方が好き)、二の腕はできれば出したくない、みたいな私的ルールがあるんです。これはトレンドを問わず、変わらないんですよね。

かわいいけど、着るのを想像すると不安なことも

で、ワンピースの話に戻ると、「背中」という新たなパーツの出現に戸惑っています。というのは、着ているところを自分の目で見ることができないので、どう判断していいかわからないから。決定的に見せたくないわけではないけれど、かといって自信満々なわけでもない。肌もカサカサだったらどうしよう……? 普段から全身にボディクリームを塗るような、几帳面さはもちあわせていないのです。

あと、自分でチェックできない部分を露出して外を歩くのも、無防備な感じがして不安。うっかり下着がのぞいているのに気づかず、一日過ごしてたなんてことが起こるかも。「気になる場合は、チューブトップなどをインしていただいたら」と、ショップでアドバイスされたこともありますが、かわいいデザインが台無しになっちゃう! そんな中途半端なことをするくらいなら、着たくないんです。せっかくなら、きちんとその服の個性を生かして、楽しまなくては。

おしゃれへの新しい挑戦は、いつだって前のめり

……こうつらつら書いていくと、どうやら私が背中の開いたワンピースを着る可能性は、残念ながら低そうですが、未知のアイテムに挑戦するのは大好きです。最初にそでを通したときは違和感があっても、「やっぱり着てみたいかも……」と思ったら、頑張って着続けてみる。すると、だんだん自分の目が慣れてきて、違和感がなくなってくることも多いので。

周囲の目が気になる、という人もいるかもしれません。ですがこれも同じで、「おっ」と思われるのは最初だけ。もしくは、思われすらしないかも。みんな忙しいですし、人の着こなしに、さほど興味はないのではないでしょうか。なのに周囲を気にして、おしゃれしたい気持ちを抑えるのって、本当にもったいないと思います。買った服を、初めて下ろす朝がワクワクするように、かわいい服を身につけることは、自分に元気や癒しを与えてくれる。連載タイトル「今日からは、自分のために服を着たい」には、そういう意味合いも込めているのです。

ひょっとしたら私も「着てみたい」欲望が勝って、近いうちに背中が開いたワンピースを買うかもしれません。自分の中のルールにとらわれず、新しいおしゃれの挑戦へは、どんどん前のめりでいきましょう!

【今日のひと手間】
昔のジュエリーを、今っぽく魅せるアレンジ! 左は、母が若いころにしていたルビーのリング。ものすごくクラシックなデザインなので、長らく身につけ方がわからなかったのですが、右のマルチカラーのリング(かなり昔に私が買ったもの)を加えたら、なじむようになりました。今、あらゆる着こなしに合わせてコーディネートを研究中。これも、違和感をなくす挑戦のひとつなんです。

画像ALT

エディター

editor_kao

大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。ライフスタイルWEBメディアkufura(クフラ)でも「4ケタアイテムで叶えるオシャレ」を連載中。

イラスト/柿崎こうこ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事