Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLEいい女マナー系

2018.05.17

【メールのCC術】認められるビジネスパーソンは誰もが放っておきがちなここに工夫する!

働く女性を取材し続け早くも20年超。エディター・南ゆかりが出合った「気遣いの達人」からのメールをご紹介します。

Text:
南 ゆかり
Tags:

誰もが放っておきがちな宛先に細やかな気遣いを

お仕事では、情報共有という名の下に、社内外さまざまな立場の人に同時にメールを送ること、けっこうありますよね。たとえば、Toにはクライアントの部長と担当者、CCには社内の上司、同僚…というふうに。

やり取りは、そのまま「全員返信」にして送りますが、これを複数の人が何度も繰り返すたび、宛先の名前順がごちゃごちゃになります。それはそれで仕方ないかな、と私は思っていたのです。

ところが、とある仕事で出合ったHさんは、全員メールを返信するときに、TOとCCの名前を、それぞれ上席から順に並べ直していました。さらに、メールに表示される名前を、クライアントには「様」をつけ、社内には「(様がついて送られてきたら)様を取る」というふうに、アドレス帳に登録し直してから、全員返信。なんというきめ細やかさとさりげなさ。

その作業に気づく人がいないとしても、「万が一、上席の方が順不同な名前を目にしたとき」の気持ちを考えて、「ついやっておきたくなる」そうです。Hさんは、「飲み会で上司が上座にいたのに、時間がたつと乱れてしまって、若手社員が上座にいる」みたいなのが、気持ち悪いタイプなのでしょう(ちょっと違うかな?)。

 

ビジネスメールでの長々としたお礼や、まどろっこしすぎる敬語はありがたいけどちょっと迷惑。メールを送られる側にたてば、場を停滞させず、あくまでもさりげない、こういう気遣いは、本当にしていただいてうれしいものです。

きっとHさんは席が乱れた飲み会で、そっと若手社員の飲み物を下座の席に動かして、移動を促すタイプなのでしょう(推測)。なにも気づかせずにスムーズにみんなの仕事が回ったら、それこそが「気遣い成功」なのかもしれません。

text

南 ゆかり

フリーエディター・ライター。Cancam、Oggiでもインタビュー、コラムなど連載中。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事