Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族関係

2022.06.14

結婚6年目…だんだんと妻を見下すようになった夫に感じる強いストレス

結婚前と結婚後で、夫の人格が変わってしまったことに悩む妻の声は切実。結婚から数年が経ち、だんだんと妻を見下すようになった夫への対応に苦慮している妻のエピソードをご紹介します。

Tags:

結婚から6年…気づけば妻を見下す夫に怯える日々

希子さん(仮名)は、30代半ばで6歳年上の夫と結婚。子宝にも恵まれ、現在は二児の子育てをしながらフリーランスで働いています。夫はIT系の専門職で同じくフリーランス。結婚から6年が経った今、交際当時とはすっかり人が変わってしまった夫との暮らしに、希子さんはストレスを溜め込んでいるそう…。

「結婚してからだんだんと、夫は私を見下す発言が増えてきました。6年経った今は、私からの事務的なLINEにも小馬鹿にしたような返事を返してくることが増えましたね。

直接的に“頭が悪い”と言ってくるわけではありませんが、対応の仕方が冷たいというか上から目線というか…。でも文章自体は丁寧だし、これと言って問題のある表現があるわけでもないです。たまにひどいときには『君に言ってもわからないかもしれないけど』なんて前置きをするときもありますけど、頻度は多くありません」

モラハラではなさそう…でも一緒にいるのがストレス

「夫は家でも直接的にキツいことを言って、私を見下すわけではありません。説明が難しいのですが、態度がそんな感じなんです。こっちがどんなに返信を必要としていても、夫が勝手に“必要ない”と判断すれば、いつまでも返事をしてこないこともありますね。

これもモラハラなのかなって思って色々調べましたが、モラハラではなさそうな気もして、よくわかりません。だけど、そういう夫の“圧”みたいなものに疲れてしまって、一緒にいるのがストレスなんです」

友人からは「考えすぎじゃない?」と…

そんな夫との日々の生活にモヤモヤが募っている希子さんは、友人たちにも相談をしたそうですが、返ってきた答えは「考すぎじゃない?」というもの。希子さん自身も「みんながそう言うから、そうなのかな」と気にしないようにしようとした時期もあったそうですが、やはりモヤモヤが晴れずに苦しんでいます。

「離婚したほうがいいのかなって考えることもあります。簡単に言ってしまうと、夫が私の存在を尊重していないことがわかるので、一緒にいてもツラいんだと思います。夫から離婚したいとか言われたことはありませんし、生活費も十分に渡してくれています。

だけど、こちらが普通に話しかけた話題にも、つまらなそうな顔や小馬鹿にしたような返事しか返してこない夫との暮らしは、やっぱり空虚に感じるんです。こんなことで離婚なんて考えるのは甘いのでしょうか?

一緒に出かけても楽しくないですし、子どもたちも父親が母親にそんな態度をとっている姿を見るのは不安だと思うのですが…。モラハラで離婚となるときちんとした証拠が必要でしょうが、モラハラを認定してもらうだけの証拠が集まりそうにもありません。正直、こんな生活をこのままずっと続けていく自信がなくなってしまいました」

夫のモラハラを理由に離婚を決断する女性も決して少なくない今、離婚を決断するまでではないけれど日々のイライラを招く夫の態度への対応に、人知れず困っている妻も少なくないのかもしれません。

本人と話をしても改善が見込めない場合には、第三者に入ってもらうのも一案です。義実家や共通の友人など、信頼できる人に夫の態度について客観的に見てもらい、そのうえで問題行動があるようであれば、夫婦仲を調整してもらえればベターでしょう。

Domani世代の夫の年齢だと世間体を気にする男性も多いので、妻の話には聞く耳をもたなくても第三者の声は冷静に聞き入れる可能性も決して低くありません。

取材・文/並木まき

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事