【飛行機の席】窓際に座ったら寝ている人を起こして通路に出る日本人〇%にビックリ! | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.05.24

【飛行機の席】窓際に座ったら寝ている人を起こして通路に出る日本人〇%にビックリ!

飛行機移動に関するアンケートをとったところ、日本人のならではの特徴が浮き彫りに!あなたは飛行機予約をするとき、どの座席を選びますか?

Text:
竹村史菜

みなさんはフライト中どんなふうに過ごしていますか?

世界23カ国の男女を対象にフライトに関する意識調査をしたところ、国によって結果に大きな違いが。それぞれのお国柄が垣間見える、興味深い調査結果をご紹介します。

まずは座席指定。日本人は「通路側」お好き♡

みなさんは飛行機の座席はどの位置がお好きですか? 機内の座席はどの位置が好きか聞いたところ、日本人の53%が「通路側」と回答。なんと「通路側派」が半数を超えたのは日本だけ!世界で1番通路側を好むという結果が出ました。年代別に見てみると、年代が上がるにつれて通路側を好む人が増え、50歳以上では6割ものひとが通路側を選ぶということがわかりました。           


            

 

日本人は「寝ている人を起こす」ことが世界一苦手!?


日本人がこれだけ通路側を好むのは一体なぜなのでしょう。機内の窓側や真ん中の席に座っているときどうやって通路に出るか、と聞いたところ、その理由がうかがえる結果に。
   

日本人の回答で最も多かったのが、「寝ている人に背中を向けて乗り越える」というもの。対して「寝ている人を起こして動いてもらう」と回答した人の割合は世界最下位という結果になりました。日本人が通路側を好むのは、寝ている人をなるべく起こしたくない、と思うからなのかもしれません。確かに、隣の座席の人がぐっすり眠っていると、お手洗いに立つのもためらってしまうことってありますよね。短時間のフライトならなんとかして我慢しよう…なんて思う人もいるのではないでしょうか。

家族や恋人の隣に座るより、他人に迷惑をかけないことを優先?

みなさんは友人や家族、恋人と飛行機の座席が離れてしまったとき、隣の人に席をかわってもらおうと頼んだことはありますか?機内で友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をしたことがあるか、と聞いたところ、ここでも他の人に迷惑をかけたくないという日本人の心情が表れたかのような結果が出ました。


隣の乗客に席の交渉をしたことのある人の割合は日本が最も低く、その数わずか6%!ほとんどの日本人が席の交渉をしたことがないという結果になりました。隣の人にかわってもらうくらいなら離れていてもいいや…というのが多くの日本人の気持ちなのかもしれません。

機内では靴を脱いでリラックス


機内では靴や靴下を履いたままか、と聞いたところ、日本人では「靴下は履いたまま靴を脱ぐ」が44%と最も多くなりました。「裸足になる」と答えた人と合わせると、靴を脱ぐ人の割合は6割にも上ります。ちなみに「裸足になる」と回答した人の割合は世界一。家では靴を脱ぐ習慣がある日本人、靴を脱がないとリラックスできないと感じる人が多いようですね。

 

 

日本人は機内でお酒を飲むのが好き?

みなさんは空港や機内でお酒を飲むのは好きですか?「空港や機内で2杯以上のアルコール飲料を飲む」と答えた日本人の割合は36%と、3人に1人に上ることがわかりました。これは世界第2位という、世界的に見ても高い割合です。ちなみにその割合は年代が上がるにつれて高くなっています。これから旅行!というとき、開放的な気分になってお酒を飲みたくなる人が日本人には多いのかもしれませんね。  

 

 

機内での過ごし方といえば「寝る」!


みなさんは長いフライトをどうやって乗り切りっていますか?フライト中の過ごし方ランキングの日本人第1位は「寝る」。機内ではお酒を飲んで気持ちよく眠る、そんな人が多いのかもしれません。寝たい人が多いのに「通路側」の座席が1番人気ということは、自分が起こされる分には仕方ない…ということなのでしょうか。

フライト中、座席を倒すのはいつ?


こんなアンケート結果も出ています。フライト中いつ座席を倒すかを聞いたところ、「アナウンスが流れた後すぐに」と「寝るときのみ」が同率1位でした。すぐに座席を倒してリラックスしたい、寝るときは座席を倒して気持ちよく寝たい、という人が多いようです。

 

フライト予約は「時間」と「費用」が重要?


航空券を予約するとき何を優先するかというアンケート結果によると、日本人が最も重視するのは「旅程に合った出発・到着時間」、次いで「費用」と、どちらも9割を超えました。自分の旅程に合っているというのはもちろん、予算内であるということもやはり重要視する人が多いようです。
                
出入りのしやすい通路側が好き、交渉してまで友達と隣じゃなくていいや、靴は脱いでいるのが楽…思い当たる節がたくさんあります…。やっぱり自分は日本人だな…そんなふうに思った人も多いのではないでしょうか。日本人がフライト中にどんなふうに過ごすのか、フライトにどんなことを重視するのか、その傾向がよくわかるとても興味深い調査結果でした。

アンケート概要
■サンプル数: 計18,229名 
■調査期間: 2018年2月22日~3月19日 
■調査方法: インターネットリサーチ
■調査対象: アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、香港、台湾、韓国、日本
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。

情報提供:エクスペディア・ジャパン


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事