滞在時間は30時間!1泊2日の香港旅で食べるべきグルメ | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.06.20

滞在30時間の食い倒れ【香港旅】はこのコースで決まり!

年間100日間は旅をしている自称食通のデジタルノマドが、滞在30時間で香港を食べ歩き!香港で食べる焼き鳥や、朝から楽しめるローカルレストランなど旅レポを大公開しちゃいます。

Tags:

小さな街だからこそできる!?30時間で香港を満喫

何度訪れても、不思議と飽きない香港!最短で5時間弱のフライトでいける美味しいお店がたくさんある街、香港。週末に深夜便で出て朝到着し、1泊2日のたった30時間で満喫しちゃったわ。そんな私の香港旅レポしちゃうわね。

マニアには堪らないスタバがココにある

深夜発早朝着便を選び香港へ。これなら仕事の後に一旦帰宅してスーツケースをピックアップしてからでも羽田に向かえるから楽ちん。会社を早退する必要もないし、こっそり旅行に行けちゃうの。予定では、6時間のフライトが、なんとこの日はたった4時間。香港に朝の4時半に着いちゃったわ。そのまま、湾仔エリアのホテルにタクシーで向かい、30分程で到着し、チェックイン。この日はあいにくの雨だったけど、荷物を置いて早速朝食へ。中環(セントラル)駅にほど近い、「スターバックスのコンセプトストア」へ。

レトロなデザインは、昔の喫茶店をイメージしてるんですって!もうどこをとってもフォトジェニックなの。もちろん私も撮ってもらったわ。イメージは、「待ち人来ず・黄昏」よ(え!?)。私のお気に入りはいつ行っても空いているこの店舗なんだけど、このようなコンセプトストアが他に2軒あるので、気になる方は探してみてね。

そして、このセントラル駅の近くは、名前の通り香港の真ん中で、日本でもおなじみのハイブランドやマンダリンオリエンタルなどのホテルが立ち並ぶエリア。「スタチュー・スクエア」と呼ばれるでっかいビルが立ち並ぶ広場もオススメよ。インスタ映え間違いないわ。このエリアには飲茶の老舗でお茶がとっても美味しい「陸羽茶室」もあるけど我慢!お昼はお目当ての庶民フードの為、東の銅鑼湾エリアへ。

「香港の銀座」で楽しむ庶民フード

東京でいうならば銀座のようにハイファッションが立ち並ぶ銅鑼湾エリア。このエリアの中心は間違いなく「タイムズ・スクエア(時代広場)」と呼ばれる待ち合わせスポット。いつ行ってもすごい人なのよ。そこから更に北に足を伸ばせば、感度が高めのショップやコーヒースタンドがチラホラ。

気にあるお店を何軒かチェックして、お目当の「美味厨」へ。ポークリブ丼が有名で、今回ワクワクの初来訪!注文後すぐに出てくるスピード感。大きすぎないお椀に入った菜飯に、臭みがないジューシーなポークリブがどーんと乗ってるの。たった一言「まいう」です。また、テーブルに置いてあるニンニクが聞いた赤いタレもまいうなの。スープも一緒に頼んで丁度いいポーションよ。

旅中唯一のディナーは贅沢な焼き鳥を

ポーク丼に満足しながらも、少しお口がオイリーに。摂取したカロリーを考えて、ホテルがある湾仔エリアまで歩いて帰ることに。でもね、美味しいがちりばめられた香港には、食の誘惑がありまくりなのよ。気持ちを無にして歩かないとついつい足がフラーっといい香りの方に勝手に向いちゃう。でも、それも旅の醍醐味という事で自分に言い訳をして、帰り道で見つけた「CoCo都可」。日本でも渋谷や新宿にオープンして大人気のタピオカミルクティー専門店。私のFavoriteは、タロイモミルクティー!紫色の可愛いやつ(写真撮るのも忘れて一気飲みしてしまいました・・・)。

カロリーチャージもできたし、ウォーキングを続けること約10分程でホテルに隣接しているモールのパシフィックプレイスへ到着。ココにはラグジュアリーなブランドからアウトドアブランドにレストランもあって、1日過ごせそうなんだけど、夜のディナーの用意の為、一度ホテルへ戻りお着替え。ディナーは上環エリアへ。トラムに揺られること約5分。こちらの上環エリアは、蚤の市で賑わうキャットストリートや骨董品などを扱うお店が多いハリウッドロードがあって、旅行者にも人気のエリアなの。

気になるお店を横目に上環エリアに移転したばかりの「Yardbird」へ。ワールドベストレストランにも何度もランクインし、とってもクールな焼き鳥屋なの。香港でわざわざ焼き鳥?って思ったそこのあなた、ココは一味も二味も違うのよ。

カナダ人のシェフによる「Yardbird」は味や品質はもちろん、予約不可で香港では珍しいサービス料がないお店にも関わらず接客が素晴らしい上、ニューヨークのような雰囲気で、毎度足が向いてしまうHIPSTARなレストラン。スタッフも全員英語ペラペラで更にアメリカンな雰囲気が全面に押し出されているのに、焼き鳥や他のお料理は全て野田琺瑯に乗せてサーブしてくる日本推しのなんとも憎い演出で、少しプライシーだけど、紛れもなく香港ナンバーワン(私調べ)のお店よ。そして、1つだけ Keep it in your mind。こちらのお店は、”BYOB-Bring Your Own Bottle”!お酒は持参するシステムなの。でも、ご安心を。お店の隣のラーメン屋さんでお酒が買えるから、無問題ね!

朝から楽しむ香港人も愛するローカル飯

と、焼き鳥をたらふく食べたにも関わらず、まだ足りなくて、湾仔エリアのベトナム料理屋「Le Garcon Saigon」で野菜たっぷりのバインセオ(ベトナムのお好み焼き)をあてに白ワインを頂いたわ。あー、もう本当にお腹いっぱい。って、4食目!?ですもの。

でもね、翌朝にはやっぱりお腹グーグー。本当に人間って不思議よね。あれだけ食べて「動けなーい」って言ってたのに翌朝にはお腹が空くんだもの。せっかくの香港だしやっぱり飲茶よね。そんな時は朝8時からやってる「名都酒樓(メントウザウラウ)」がオススメ!実はホテルのすぐ目の前のビルにあるから、アクセスも楽々なの。

言葉が通じなかったりするとちょっぴり不安になるじゃない?でも、このお店は売り子さんがワゴンで飲茶や他のお料理を持ってきてくれるので、欲しいものを指差せばOKなの。麺類や炒め物もあってついつい悩んじゃうわ。朝から満席になる大人気のお店よ!

なんと滞在30時間ほどでこれだけ回れちゃったわけだけど、他にもオススメスポットが沢山ある街・香港。近場旅行だと韓国や台湾が根強い人気だけど、香港もお忘れなくね!英語も通じないローカルレストランもあれば、英語しか通じないお店も混在していて、アジアにいながら様々な文化に触れられるのは香港ならでは。実は飛行機に乗る直前に見かけたヌードル屋さんでサクっと麺をすすってしまったわ・・・。あっというまに2kg増加した体重を戻す方法は、近々お届けするわね♡

あわせて読みたい
モルディブで夢のバカンスを楽しむならココ!
タイのホテルで絶景を楽しみたいならココをご指名

Keisui Suzuki

アラフォー独身GAY。飲食業界歴は、もはやうん十年。とある上陸系バーガーレストランのPRマーケを経て、今や年間100日以上は旅をしているデジタルノマド。独G(自)の目線で物事をご紹介していきます。keisui


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事