Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLE私、旅するために生きてます!

2017.08.18

【2017年版】タイ・バンコク観光 ホテル編

今回、Travel Domaniでご紹介する国は、2017年に日タイ修好130周年を迎えた“タイ”。グルメやショッピング、観光が満喫できる「バンコク」のほか、少し足を伸ばすとまるで水彩画の世界のような古都「アユタヤ」、いろんな魅力があふれるタイは、何度もリピートしたくなること間違いなしの国! タイ初心者も何度もリピートしている上級者も、この記念の年に、タイへ訪れてみませんか?

Tags:

タイ・バンコク観光に関するおすすめ記事

【2017年版】タイ・バンコク観光 ホテル編 ←
【2017年版】タイ・バンコク観光 アユタヤ・寺院編
【2017年版】タイ・バンコク観光 グルメ編
【2017年版】タイ・バンコク観光 ショッピング編

タイ・バンコクの観光は空の旅からはじまる!

ショッピングもグルメも観光もリゾートも!
行くたびに新たな魅力を見つけられる国 、タイ

成田からバンコクのスワンナブーム国際空港までは、タイ国際航空で約6時間半。
エレガントなパープルの機体で、中のインテリアも同カラーで統一。

タイ国際航空のビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」は、
約170度にリクライニングできるシェルタイプのシートと、
A380-800型機などに搭載のフルフラット・シートがあります。

フルフラット・シートは男性でもゆったり楽々サイズで、長時間の飛行も快適!。
機内食は、タイ料理セットメニュー、洋食コース、和食の3種類から選ぶことができます。
機内食とは思えない本格的な味で、到着前からタイの気分を盛り上げてくれます♪

 

タイ・バンコク観光のために今回宿泊したホテルは…?!

「THE LANDMARK BANKOK(ザ・ランドマーク・バンコク)」

「ザ・ランドマーク・バンコク」は、スカイトレイン(BTS)のナーナー駅から
徒歩3分という好立地にあって、いろいろ観光に行くには便利なホテル。

こちらのお部屋は、エグゼクティブスイートで1,4000バーツ。
テキスタイルは、タイ・シルクの名店「ジム・トンプソン」が使われています。

お部屋には、バンコクの巨大ブランコ「サオ・チン・チャー」を模した
ホテルオリジナルのウェルカムチョコレートとフルーツが…。
写真右下のチョコレート、
お部屋によってトゥクトゥクだったりムエタイ人形だったりしてとても可愛いんです♡

 

タイ・バンコク観光におすすめホテルの中を大公開!

「ザ・ランドマーク・バンコク」最上階、31階はこんな感じ♪

プレミアムクラブルーム以上の部屋に宿泊していると、
ホテル最上階、31階のクラブラウンジが利用できます。
朝食もこちらでバンコクの景色を眺めながらいただくことが可能。

ラウンジの奥には、タイベストレストランを受賞している
ステーキレストラン「Rib Room & Bar」 が…。
昼間に行っても素敵な眺望。夜の素敵さは、格別です!

 

「ザ・ランドマーク・バンコク」9階はこんな感じ♪

9階には、プールとスパ「Viva Jiva」があります。
アロマトリートメントのほかにタイマッサージも受けられます。

街中で気軽にマッサージするのもいいけど、
ホテルのスパならではのラグジュアリー感があって、
ゆったりリラックスしたいときにはぜひおすすめです。

 

「ザ・ランドマーク・バンコク」1階はこんな感じ♪

朝食は、1階のレストラン「ATRIUM」でビュッフェを…。
宿泊客には日本人も多いので和食があったり、
ホテルオリジナルのベーカリーはグルテンフリーのものも豊富。
洋食からタイ料理、中華まで幅広いラインナップで朝から目移りしちゃいます。

アジア旅行の特徴のひとつだと思いますが、
とにかく日本人の味覚にご飯が合うのがありがたいですよね。
しっかり朝食をいただいたら、元気よく観光へも行けそうです。

 

ザ・ランドマーク・バンコク

住所:138 Sukhumvit Road,Bangkok 10110, Thailand
https://www.landmarkbangkok.com/

取材協力/タイ王国政府官公庁タイ国際航空
構成/ADVOX 取材・文/森井真弓 撮影/土屋嘉久


Read Moreおすすめの関連記事