また行きたい!プール付き2階建の水上ヴィラ、1泊のお値段は?【モルディブ女の一人旅】第6回 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.09.03

また行きたい!プール付き2階建の水上ヴィラ、1泊のお値段は?【モルディブ女の一人旅】第6回

モルディブ滞在2リゾート目は、メインアイランドと水上ヴィラが完全独立型の【Angsana Velabvaru】にやってきました!今回もドマーニ世代がお楽しみいただけるAngsanaの魅力を、ライター岡本が3回に分けてご紹介します♡

Text:
岡本 蘭
Tags:

2つめの島、Angsana Velavaru(アンサナ・ヴェラヴァル)へ

最初の滞在先Amari Havoddaを後にして、次に向かったのが2リゾートめのAngsana Velavaru。なんと水上ヴィラがメインアイランドと桟橋で繋がっていない、完全独立型の珍しいタイプのリゾート。でもそれって少しめんどくさいのでは?と感じる方もいるかもしれません。でも!!!!!その煩わしさなんてどこ吹く風、とにかく「来てよかった♡」と感じるAngsana Velavaruの魅力を、部屋編・スパ&アクティビティ編・食事編とこちらも3回に分けて、女一人旅の様子をライター岡本がお届けします。

ちなみに、1リゾートめの様子はこちらから

モルディブの島から島へは水上飛行機で移動!

Angsana Velavaruへは、マーレ国際空港から水上飛行機で約35分。そうこちらが水上飛行機。離着陸全て水上のため、この名がついたのだとか。音がすごく大きいので、飛行機などで耳が痛くなる方は耳栓やイヤフォンが必須です。初めて乗る水上飛行機、これも貴重な経験。

メインアイランドから完全独立型の水上ヴィラ

先ほども述べたように今回滞在したAngsana Velavaruはメインアイランドと水上ヴィラが桟橋で繋がっていない、完全独立型の水上ヴィラ。島と水上ヴィラ間はボートで移動します。ちなみに、水上ヴィラにはレストランやレセプションもあるので水上ヴィラだけでも十分楽しめます。上の写真の左下、海の底に黒いマークがあるのにお気付きですか?こちらは珊瑚礁を植樹して作られたAngasanaマークなんです。すごいこだわりですよね。

水上ヴィラは全部屋プール付き・2階建ての贅沢空間♡

なんとAngsana Velavaruの水上ヴィラは全部屋プール付き・2階建て(1泊約12万円)。お部屋に入った瞬間から贅沢さを感じられる造りやお部屋の2階から見ることのできるサンライズは最高でした。※ベッドサイドにコンセント・USBなし。洗面台に2個日本対応のコンセント有(詳しくは部屋編で)。

私、ひとりでここに泊まるなんて贅沢すぎる!誰かとこの贅沢さと止まらないワクワク感を共有したい〜という気持ちでいっぱいです。

開放感あふれる極上のスパ体験

今回こちらのリゾートでもスパを体験!Angsana Spaは室内ではなく屋外で受けるため、開放感ある中で、小鳥のさえずりや波の音など自然をたくさん感じながら極上のスパ体験ができます。(詳しくはスパ・アクティビティ編で)

ボートに乗って3種類のエクスカーション体験

Angsana Velavaruでは朝6時から11時頃までボートに乗り、釣り・ローカルアイランドツアー・シュノーケリングの3種類のエクスカーションを行うアクティビティがあります。実際に体験してきましたので、詳しくはスパ・アクティビティ編でお届けします。

一生に一度かもしれない?贅沢すぎるディナー♡

砂浜にテーブルセッティングが…。え?ってなりますよね。わたしも、え?ってなりました(笑)。Beach BBQと聞いていたので、てっきり自分で焼くのかと思っていましたが、全く違うロマンチックすぎるディナーでした。女一人旅だというのにこんなロマンチックな状況…一生に何度体験できるのか…。次はぜひ素敵な人と一緒に、と想わずにいられません。そんなBeach BBQの様子は食事編で改めて。

Angsana Velavaruとっておきのプールに浮かべる朝食!?

ジャジャーン!インスタ映え感強めなこちらは、朝食をプールに浮かせて食べるFloating Breakfastです。最近SNSでお目にかかることも多くなってきました。Angsana Velavaruでも楽しむことができます♡(詳しくは食事編で)

ハネムーンはもちろん、ファミリーや女子旅でも楽しめること間違いなしのリゾートです。次回からAngsana Velavaruについて詳しくご紹介していきます!お楽しみに♡

取材協力/Angsana Velabvaru(アンサナ・ヴェラヴァル)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事