Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

PEOPLE銀座ではちょいブスがモテる!?の法則

2017.09.05

自己プロデュース術2・まずは形から入ってみる【銀座ではちょいブスがモテる!?の法則】

自己プロデュースの達人・自称“ちょいブス”な元・銀座のNo.1ホステスが、理想の自分に近づくための自己プロデュース技を伝授!

Tags:

まずは服装や髪型、メークから入っていく

元・銀座No.1ホステスにして、現在35歳、バツイチ、二児の母・勝友(かつとも=名字)が、勤め始めた銀座のクラブのママに憧れて、ついにアルバイトホステスから、夜の仕事一本でやっていこうと決心したとき・・・。まず最初にしたことは、月曜日〜金曜日用の5着の着物を買いそろえることだった。

「まずはそれなりのホステスに見えるように、と、清水の舞台を飛び降りる思いで先行投資しました。帯やかんざしも、銀座の一流の老舗で、長く使えるいいものだけをそろえました。安っぽいドレスを着て出勤しても、決してNo.1にはなれないし、自分だけではなく、お店自体の格を下げてしまうと思ったので」。

着物で出勤するようになってから、同伴やアフターで行くお店が、それまでのちょっと小洒落た居酒屋から、料亭に変わったのが、まずは勝友に起きた、最初の大きな変化だったと言う。

いったん目ざすべき目標を定めたら、ファッション、髪型、メーク、しぐさ・・・、まずは外見から入っていくのが勝友のおすすめ。「形から入ることは、何も恥ずかしいことではありません。外見を変えることそのもので意識が変わり、それを続けているうちに、内面も少しずつ“本物”に追いついていくものだから」。

では、銀座でNo.1になるために、彼女はいったいどのようなファッション、髪型、メーク・・・を極めていったのか、それは次回から、より具体的な自己プロデュース論として展開。

今回の結論。『まずは恥ずかしがらず、形から入っていくのが、自己プロデュースの基本である』。


Read Moreおすすめの関連記事