だから今すぐ東京ディズニーシーに行きたくなる理由6選【ディズニーオタク編集者が語る「ディズニー・ハロウィーン」|TDSショー篇その2】 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ的レジャー術

2018.10.10

だから今すぐ東京ディズニーシーに行きたくなる理由6選【ディズニーオタク編集者が語る「ディズニー・ハロウィーン」|TDSショー篇その2】

東京ディズニーリゾートでは、9月11日〜10月31日まで秋のスペシャル・イベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催中!ディズニーオタクのDomaniエディターが、あふれんばかりの愛と情熱(あと私的偏見)を胸に、秋の東京ディズニーリゾートの楽しみ方を語りつくします!

Tags:

今すぐ東京ディズニーシーに行きたくなる! ショーの魅力を語りつくします

みなさん、どうもこんにちは。最近、仕事が忙しすぎて東京ディズニーリゾートにしっかりと足を踏み入れられず、〝ディズニー養分〟が枯渇しそうなU井です。もとい、Domaniエディター兼ディズニーオタクのU井です。

前回の記事を読んだ副編集長から「オタク感がヤバイ」とツッコミを受けたのですが、その一方で「もっとオタク感出していい、もっとやれ」という意見もありましたので、これはオタクに対する賛辞であると受け止めて突っ走ろうと思います(前回はまだオタク感隠してたはずなんだけどな…おかしいな…)。

2018年9月11日から10月31日まで、東京ディズニーリゾートで開催されている秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」。前回ご紹介したのは、東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」で行われているエンターテイメントプログラムのひとつ「ザ・ヴィランズ・ワールド」。ですが、ショーに登場するヴィランズの紹介で終わってしまったので(いや、あの内容もあと10倍は語れるところを泣く泣く圧縮したんですけど)、今回の記事で「(U井が個人的に)見てほしいところ」をプレゼンしようと思います。

これさえ押さえておけば、きっともっと「ザ・ヴィランズ・ワールド」が楽しめること間違いなし♡ な6つのポイント。これを読んだら、今すぐ東京ディズニーシーに行きたくなっちゃう…はずです(少なくとも私は今すぐにでもインしたい!!!!)。

【その1.】踊りもコスチュームも! ダンサーに超ときめく!!

とにかくダンサーのみなさんがカッコイイ。ときに優美に、ときに華麗に、ときに妖艶に、そして思いっきりスマイルで! 全身からパワーをみなぎらせて踊っている姿が、美しすぎるかっこよすぎる。
東京ディズニーリゾートのショー、というと「キャラクターがたくさん出てくるだけでしょ?」って思っている方が多いんです。その残念な思い込み、今すぐ捨ててください。プロメテウス火山の中に放り込んで木っ端微塵に燃やしてください。すっごい人数のハイレベルなダンサーさんたちが出演しているのです(〝キャラオタ〟ならぬ〝ダンオタ〟もたくさんいるんですよ!あ、ダンオタは言わずもがなのダンサーオタクです)。
もちろん、ミッキーをはじめとするキャラクターはもちろん魅力的。だけど、それと同じくらいダンサーさんも魅力的。ダンスが好きな人はもちろん、ミュージカルが好きな人や、演劇好きな方も、絶対にハマるポイントがショーの中で見つけられると思います。


▲ヴィランズの手下であるダンサーたちによる、様々なダンスの数々。

メディテレーニアンハーバーの至る所で繰り広げられるダンス。どこをポジション取りして観ようか毎回本気で悩みます(そのおかげで何度も何度も通うハメに…いや、幸せな悩みなんですよ……)。
ダンスレベルも高いのですが、コスチュームのレベルもとんでもなく高い。これどうなってるの? どんな素材でつくったらこんな衣装ができるの? こんなに激しく踊ってるのにどうしてカタチが崩れないの? と、もはや意味不明な出来栄え。服だけじゃなく、小物もスゴイ。U井が特に好きなのは帽子です。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、冥界の王ハデスの手下であるタイタン族がかぶっているこの帽子(仮面?)が好き。この造形美を、楽しく妖しいダンスとともに拝めるのです。この帽子のつくりの謎を解き明かすためだけにまた行きたい。早く行きたい(切実)。

【その2.】遠目からでも一見の価値あり! 大迫力のアクアボート

正直言って、これを見るだけでもワンデーパスポートのもとが取れると確信しているのが「ザ・ヴィランズ・ワールド」のクライマックスに登場する〝アクアボード〟です。


▲ステージの後ろ、水しぶきをあげて水上からババーンと飛び上がっているアレです。

水圧で空を飛ぶアクアボード。ディズニーの何がすごいって、ただ真上に飛ぶだけじゃないのがすごい。空中で右に左に舞うわ、体をねじってくるくる回っちゃうわ、なんなら一回転しちゃうわ…と、これまた意味不明(褒めてます)。アクアボードの演出は2017年から導入されているのですが、確実に昨年より動きがパワーアップしているところに〝プロ魂〟を感じる…!!



▲ひゃー、かっこいい! 同じ人間とは思えないアクロバティックさ!

先日、「ショーには特に興味がない」と豪語するアトラクション派の友人が東京ディズニーシーに遊びに行っていたのですが、『ねぇアレ何!? ショーやってるな〜ってチラ見しながら歩いてたら、めっちゃ高く飛んでる人がいてびっくりして見入っちゃった!! すごすぎじゃない!!??』と、アクアボードを見た直後に大興奮しながら連絡をくれました。たとえ遠くから眺めているだけでも、偶然目に入っただけでも、その凄さに唖然としてしまう。そんなとんでもない演出なのです。いやもう本当にスゴイんですってば。もう見に行ってくださいとしか言いようがないです…。見てください…本当に…見ないと人生損しますってば。

【その3.】バージの上のキャラクターたちの〝わちゃわちゃ〟がカワイすぎる

あぁ、やっとキャラクターパートに突入できた…。
バージというのは、キャラクターたちが乗ってくる大きな船のこと。船に乗っている間、ただ手を振ってるだけだと思ったら大間違いですよ〜! このバージの上で繰り広げられるダンスや寸劇(?)も大事な見どころ。私は個人的に〝バージの上のわちゃわちゃタイム〟と呼んでおりますが、私が見ていたときはこんなかわいい一幕が。一例としてご覧ください。

ドナルドとチップ&デールが乗り込んでいるのは、映画『ヘラクレス』に登場するヴィランズ・ハデスのバージ。ハデスのバージにいる彼らは、ギリシャ風のコスチュームに身をつつんでおります。

▲横一列に並んでるだけでもカワイイ〜。手を前にたらして、おばけのポーズ? 音楽に合わせて、みんなそろって踊ります。


▲うんうん、みんな同じ振り付け。そろってるよ〜いいよいいよ〜!


▲あれれ?? 向かって一番右にいるデールさ〜ん…。


▲お〜い、ワンテンポ遅れてるよ〜!! 

もう、カワイすぎじゃないですか? この愛くるしい動きの数々は「現地に行って直接見てください」としか言いようがない。とりあえず、皆さん今すぐ東京ディズニーシーに行って〝バージの上のわちゃわちゃ〟を眺めてください。なんでしょう、ただただ心癒されます。ストレートすぎるかわいさに、疲れた心が浄化されます。しかも決まった振り付けがあるダンス以外は定型の動きじゃない。毎公演やってることが違うんですよ。今日は何してるかな〜って毎回毎回楽しみなのです(だから通っちゃうんですよね…)。

【その4.】キャラクターみんな、めっちゃフリーダム。

決められた動きだけをするわけじゃない、というところで、とにかくみんな自由です。そのフリーダムさも見所です。ちょっとちょっと! と、いろいろツッコミを入れながら鑑賞すると、気づけばめっちゃ笑顔になれます。笑えます。日頃のストレスとか吹っ飛びます。


▲とりあえず、どこでもラブラブなおふたり。

まわりのキャラクターは、もう誰も何も気にしていない。キャラクターたちが暗黙の了解で行う〝スルーっぷり〟が笑える。


▲と思いきや、ミッキーの見ていないところで…!?

ミニーがドナルドにちょっかいを出したりもします。(いや、これはクチバシを塞がれてるだけなのかも…)。手前にいるプルートは、海賊らしく双眼鏡を覗いている…のでしょうか? 何を見ているんでしょう??
このようなフリーダムな動きも、もちろん公演のたびに毎回毎回変わります。今しか見られないハロウィーンコスチュームに身を包んだキャラクターたちの、一度しかお目にかかれないであろう面白い行動の数々。やっぱり見に行かずにはいられない!

【その5.】ミッキーがイケメンすぎる

ミッキーを見ての感想って、「かわいい〜!」というものが多いんでしょうか。もちろん「かわいい〜」という声もあちらこちらから飛ぶのですが、オタクたちは「イケメン!!!!!!!!!」と感激することが多いように思います。この「ザ・ヴィランズ・ワールド」のコスチュームだと、イケメン度がより急上昇。


▲あぁ、華やか! イケメン!!

ショーに出演するヴィランズのひとり、キャプテン・フックのような海賊風コスチュームがとってもよくお似合い。でもこれはカワイイがまじったイケメンかな。


▲コスチュームをバサッと翻して歩いていく後ろ姿、オーラがありすぎて…最高にイケメン。

もはや言葉もなくなるこのイケメンっぷり。見に行かなきゃ、行かなきゃ…。

【その6.】ドナルドの金髪くるくるパーマに笑う

最後に推したいのは、かなりピンポイントすぎるポイントですが、ズバリ ドナルドの頭。まさかの金髪。しかもくるくるパーマです。


▲衝撃のパーマドナルドと、「何なのかしら、このヘアスタイル…」と言わんばかりのデイジー。

このデイジーの目線と表情がすべてを表している気がします。かわいいんだけど、なんかシュール。このちょっとアホっぽい感じ(褒めてます)が、たまらなくカワイくて笑えます。こんなドナルドは、今このタイミングでしか見られませんよ〜!!

そして先日、東京ディズニーリゾート来年度のスケジュールが公式発表されまして。4年続いたこの大人気ショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」も、ついに今年で終わりを迎えることが判明しました。来年の新ショーがすでに楽しみではあるけれど、哀しいかな、東京ディズニーシーを舞台としたヴィランズとキャラクターたちの楽しくも美しい〝夢の共演〟はこれが見納め。
ヴィランズの手下たちの華麗なダンスもコスチュームも、ヴィランズをイメージしたキャラクターたちの可愛い姿も、2018年10月31日までしか見られません…。ドナルドのクルクル金髪姿も…(涙)。

今、行かずにどうする東京ディズニーシー。今、見ずにどうする「ザ・ヴィランズ・ワールド」!! というわけで、みなさん。秋のお出かけは東京ディズニーリゾートの「ディズニー・ハロウィーン」に決まり、ですよね♡

■東京ディズニーシー 2018年「ディズニー・ハロウィーン」
「ザ・ヴィランズ・ワールド」
公演場所/メディテレーニアンハーバー
公演時間/約25分(1日2回)

あわせて読みたい!
1日で2か月分の秋をギュッと感じる!TDR最強お散歩ガイド
ゴーストも自撮りする時代!? TDR最強お散歩ガイド
ディズニーの悪役が盛り上げる!〝いつもと違う〟TDSって?
ディズニーシーハロウィンショーの悪役、全員名前言える?


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事