「だから選ばれている! 」〝働く女性〟に人気の2019年スケジュール帳・5選【銀座 伊東屋 4階「手帳売場」レポート〜後編〜】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.12.14

「だから選ばれている! 」〝働く女性〟に人気の2019年スケジュール帳・5選【銀座 伊東屋 4階「手帳売場」レポート〜後編〜】

伊東屋で人気の手帳を取材する企画の後編。いよいよ今回、銀座 伊東屋で〝働く女性〟に人気の手帳を発表! 聞けば納得!手帳売場担当・橋本さんの解説と共に人気の手帳に迫ります。

Tags:

伊東屋で人気の2019年手帳の中で、特に働くアラフォー女性におすすめなのは?

スマホで予定を管理する人が増え、手帳の売り上げが落ち込んだ時期もあったという伊東屋。そういった時代の流れを受け、手帳メーカーも趣向を凝らした個性豊かな手帳を今年も次々、店頭に送り出しています! さて、2019年のスケジュール帳、働く女性にはどのタイプが人気なのか? 手帳売場担当・橋本さんに5つ厳選して紹介していただきました。

>「働く女性の2019年スケジュール帳、トレンドリサーチ! 」記事はこちら

小さい! 軽い! カラバリ豊富! ミニマリストな女性たちに圧倒的な人気を誇る「リングSダイアリー」

▲ カラーチャート(伊東屋オリジナルブランド) 「リングSダイアリー」¥1,200(税抜)/カラーバリエーションが多すぎてどの色にするか迷ってしまいそう…。人気色はすぐに売り切れてしまうそうなので急いで店頭へ!(手帳の詳細はこちら

【こんな人におすすめ♡】
◆ 通勤バッグが小さい人
◆ 外回りなど外出することが多い人
◆ 予定管理やメモだけでなく、巻末付録も充実していて欲しい人

橋本さん「縦9㎝×横12㎝ほどの、手のひらサイズの小さな手帳に、マンスリー(月間)、ウィークリー(週間)、メモページはもちろん、何と言っても巻末付録が充実しているところは見逃せません! 例えば『年齢早見表』、『連絡先リスト』、『プレゼントメモ』など。あると便利なページがたくさん付いていて、働く女性にうれしい手帳だと思います」

▲ ウィークリーは2週間の見開きタイプ。下に月間カレンダーも付いていて便利♡ 

橋本さん「前回も話しましたが、Sサイズの手帳、働く女性に今大人気なんです。最近、女性の鞄が小さくなってきていますよね? これまで一般的だったA5やA6サイズの手帳だと鞄に入らないことも多く、このSサイズに注目が集まっています」

確かに通勤や外回りをしていても、この大きさなら鞄に入るし、軽いから負担にもならない。よく外出する人にオススメですね!

橋本さん「例えば外出中、スマホに電話がかかってきたとき、予定を確認したいと思っても、電話中だとスケジュールアプリを開きづらいですよね? そういうシーンでもこの手帳を持ち歩いていれば、サッと出して予定のやり取りがすぐできます」

▲ 巻末付録には「贈答のエチケット」も付いていて、冠婚葬祭にもひと役。意外と巻末付録って読んじゃいますよね!

項目ごとに予定を書き分けて効率的に予定を管理できる「ミルダイアリー」

▲ ダイゴー 「ミルダイアリー 項目分け A6」¥1,350(税抜)/フルーツのような鮮やかカラーのカバーに気持ちが上がる♡ 荷物がいっぱいの鞄の中でも、このビビッドな手帳ならすぐに見つかりそう。(手帳の詳細はこちら

【こんな人におすすめ♡】
◆ スケジュールを項目ごとに管理したい人
◆ 家族が多い人
◆ 習い事や資格の勉強をしている人

橋本さん「この手帳の最大の特徴は、下の写真を見ていただければわかる通り、見開き1週間のスケジュールに、縦に罫線が引っ張られているデザイン」▲ 見開き1週間タイプなので予定やメモを書くスペースが充実している♡

橋本さん「商品名にもある『項目分け』というのは、項目ごとにスケジュール管理ができるため付いた名前なのですが、例えば項目に自分、夫、娘と書いて、その下にそれぞれの予定を書き込む。そうすることで、この見開きページで3人分の予定が一括管理できるんです。

項目は自由に決めていただいて構いません。項目をプロジェクトのタイトルにすれば、プロジェクトごとのスケジュール管理ができますし、仕事だけでなく、習い事や資格試験などを設定して使用してもいいですよね。複数のスケジュールを同時に管理できる優れものです」

▲ 先月・来月・再来月と、3か月分の月間カレンダーがチェックできる! 

橋本さん「〝ダイゴー〟はビジネス手帳メーカーの大手。働く人のニーズをしっかり捉え、使い勝手が良く、信頼できるつくりが売りです。さらに最近はカバーをはじめ、女性好みのカジュアルなデザインが増えてきているので、ぜひ注目していただきたいメーカーです」

▲ ペンホルダーだけでなく、名刺などを入れておくミニポケットも♪

これはもはやノート!? たっぷりメモが取れてスケジュール管理もバッチリな「ESダイアリー 見開き1ヶ月+ノート」

▲ エイ出版社 「ESダイアリー 見開き1ヶ月+ノート A5」¥1,900(税抜)/グレーのグラデーションと高級感漂うシボ感が大人の女性にぴったりなデザイン。まさに色名の「エレガントグレー」にふさわしい! (手帳の詳細はこちら

【こんな人におすすめ♡】
◆ デスクワークや会議が多く、手帳もノートも両方使いたい人
◆ ノートを頻繁に書き、よく持ち歩く人
◆ ノートの質にこだわりがある人

橋本さん「働く女性に聞くと、どんなに手帳を持ち歩かない人でもノートだけは必ず持ち歩くという人は多く、文房具の中でもノートは特に売れているアイテム。それにスケジュール機能が付いたのがこの手帳です。

例えば、会議や打ち合わせでノートを取るとき、一緒にスケジュールも確認できると便利ですよね? スケジュールはマンスリーのみというシンプルなつくりで、『置き手帳(いや、置きノート? )』として会社にスタンバイさせておく使い方もおすすめです」

▲ マンスリーページは1日ごとのスペースが二分割されていて、仕事/プライベートのように予定を書き分けることも可能。

▲ 月間To Doリストも付いた細かい気遣いがうれしい♪

橋本さん「手帳の紙質にもこだわっていて、紙色は目に優しいクリーム色を採用。質感もツルッと滑らかでペンの書き味も抜群。ノート好きもこの手帳なら納得のクオリティーではないでしょうか。」

▲ ノートページは人気No.1の「方眼タイプ」。下に日付も記録できる仕様に♡

スケジュール管理だけでなく日誌も書ける♪ 手帳とメモがドッキングした 「両面1週間手帳」

▲ 伊東屋 「オリジナル手帳 両面1週間」¥1,200(税抜)/伊東屋オリジナルの毎年人気の手帳。色は5色から選べるのでカップルで色違いを持つのも素敵♡(この手帳の詳細はこちら

【こんな人におすすめ♡】
◆ 日付と一緒にメモを残したい人
◆ 業務日誌を記録したり日記を書きたい人
◆ 軽くて小さいタイプのスケジュール帳とメモ帳を持ち歩きたい人

橋本さん「この手帳は伊東屋が昔から販売している人気のデザイン。ロングセラーの理由は、シンプルなつくりと、持ってみるとわかりますがとても軽いところ。軽量にこだわり紙はライトペーパーを使用。しかも文字を書いても裏写りしにくいしっかりした紙質もポイントです」

▲ 見開き1週間で一日ずつたっぷり日記のように書き込める。今日の日付の部分に、メモやTo Doリストを書いたり、仕事の記録を残したりと…と、さまざまな使い方ができるんです!

予定はすべて手帳でつけたい人へ! レフトタイプのレイアウトで正確にスケジュールを管理「B6バーチカルレフト ダイアリー」

▲ ラコニック 「B6バーチカルレフト ダイアリー」¥2,100(税抜)/ゴールドの型押しと大人好みの色展開が人気の秘密!(この手帳の詳細はこちら

【こんな人におすすめ♡】
◆ 予定の管理は手帳がメインの人
◆ バーチカルタイプ(時間単位でスケジュールを管理できる)で予定を管理しつつ、メモもしっかり取りたい人
◆ 手帳初心者で使いやすさ重視の人

橋本さん「マンスリーとレフトタイプのウィークリー(左ページが1週間分のバーチカル・右ページがメモ)が付いた、使いやすい定番型の手帳。ポイントは女性にうれしい細かい気配りが散りばめられているデザインです。

例えば、月ごとにインデックスが付いていますが、インデックスは特殊加工されていて、ページをめくりやすく、何度めくってもボロボロになりにくい。紙も裏写りしづらく、書き味の良いツルッとした質感も魅力です」▲ マンスリーは「To Doリスト」や「3か月分のマンスリー」付きで機能的。

▲ 赤地にゴールドの型押しがリッチ♡ カバーはかわいい上に丈夫なんです♪

皆さん、5種類の手帳どうでしたか? どれも中身や使い方を教えてもらうと「なんて便利なの! 」と感動するものばかり。働く女性にとっては、見た目のかわいさを重視するより、仕事効率が優先! 「軽さ」や「メモ多め」など、よりニーズが細かいんです。私たちの小さな仕事のパートナーである手帳。自分の仕事やライフスタイルに最適な一冊をぜひ伊東屋で見つけてみてくださいね♪ 

※ここで紹介した商品はすでに店舗で売り切れている場合もございます。あらかじめご了承ください。

■銀座 伊東屋
電話番号:03-3561-8311
受付時間:
月〜土曜/10:00〜20:00
日曜・祝日/10:00〜19:00
公式ウェブサイトはこちら

撮影・取材/エディターM

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事