アイライナーがまっすぐ引けない人集合!このテクなら簡単キレイ♡ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYNO痛!ワーママメークのおきて

2019.02.20

アイライナーがまっすぐ引けない人集合!このテクなら簡単キレイ♡

ビジュアル・エディター 有田千幸がプレゼンの日のメークのコツをお届け! アイシャドーなしが優しく見えていいけれど、さて、そんな日のメークで重要なアイラインのコツは? そして何を着る?

Text:
有田 千幸
Tags:

プレゼン日はアイシャドーを使わないシンプルかつ意志ある顔に!

子育てや仕事に追われていると、ついつい後回しになるのが自分のこと。ファッションもスキンケアも、気がつけは、もう何年もアップデートしていない…! なんて事態はぜひ避けたい!!

先日ご紹介した「アイシャドーを使わないメーク」は、みなさんもう読んでくださいました…??よね?? そう、ついついやりすぎメークになってしまって、コワイ印象になってしまった例。

まだの方は、こちらから是非!
“ここだけはサボっちゃNGポイント” も含め、詳しくご紹介しております。

アイシャドーを塗らないだけで、コワイ人からできる人に!

急な角度をつけず、穏やかさをキープした眉尻と太めの眉は、落ち着いた大人の今っぽさを演出。顔の印象の8割は眉毛で決まると断言するメークさんもいるくらい。私は大切な会議の日には、眉毛に一番時間をかけます。ペンシルなどで少しだけ眉毛の下側にアイブロウを描き、眉毛と目の間を縮めるのが最近のマイブーム。顔が小さく見える気がします。

ポイント1:上まぶたのみにインラインを入れ、適度なインパクトに。
ポイント2:しっかり上向きカールで瞳に光を取り込み輝きUP

まつげはビューラーできちんと上向きにし、瞳に光を取り込み輝きをアップ! リップはほのかに色づく程度に留めるのが古い顔にならないコツ。前回の記事でお届けした上記のメークのポイントが大事!なのです。

「アイライナーがまっすぐ引けない!」なら、この方法を試してみて!

さて、アイライナーについての技を。アイライナーってまっすぐ引くのが本当に難しいですよね。仮に、片方がきれいに引けてももう片方がずれちゃって…、調整している内にはみ出してしまったり、それをぼかそうとしてアイシャドーを塗ったりしている内に、目のまわりが…濃い! #アイライナーあるある ですね。


▲ 【右】コーセー ファシオ パワフルカール マスカラ EX(ロング) ¥1,200、【左】エスティ ローダー ダブル ウェア ウォータープルーフ リクイッド ライナー + ペンシル 01 オニキス ¥3,300

そんな時には、芯のやわらかいペンシルで描くインラインが断然おすすめ! 目の内側の粘膜に色を引くだなんて…、オソロシイ、と最初はなりがちですが、線を入れるのは、ほぼ毛の生え際。指の腹を使って上まぶたを持ち上げ、粘膜にサッとペンを走らせることで負担もかからず、あっという間に深みのある印象的な目元が完成。色落ちもしにくいんです。

マスカラは汗・水・涙・皮脂に強いにじまない処方でカールを長時間持続してくれるものを選ぶことをおすすめします。

ちなみに…プレゼンの日のコーディネートは?

アイシャドウを使わず、今どきの抜け感のあるメークなら、キリッとカッコいいジャケットスタイルも古くなりません。ボトムに渋めオレンジを取り入れて、華やかさも忘れずに。

ちなみに、今年の春はメークも “渋色” がトレンド。大人でも毎日使える色味が増えて、ファッションとメークの組み合わせがますます楽しくなりそうです。

テーラードジャケット ¥21,000 (ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ザ・スーツカンパニー〉)、ニット ¥16,000 (ベガ)、ピアス ¥2,100 (サンポークリエイト〈アネモネ〉)、共布ベルト付きタイトスカート ¥15,000 (ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉)、バッグ ¥8,800 (ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ディ スティル〉)、靴 ¥36,852 (銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

撮影/八木 淳 (SIGNO) ヘア&メーク/長井かおり スタイリスト/田澤美香 モデル/松島よう子 構成/有田千幸

●この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページになります。この情報は2018年11月1日現在のものとなります。

▼ あわせて読みたい記事
服に飽きたら「ニットと同じ色メーク」で スパイスを♡

画像ALT

ビジュアル・エディター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て34歳で美容エディターに転身。現在はビジュアル・エディターとして元会社員ならではの実用目線を活かした記事をWEB、誌面、インスタグラムで配信。身長170cm。ワインエキスパート。chiyuki_arita_official

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事