全米No.1の売り上げを誇る、グアムのアウトレット「ロス・ドレス・フォー・レス」で掘り出し物に出合う3つのコツ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2019.07.18

全米No.1の売り上げを誇る、グアムのアウトレット「ロス・ドレス・フォー・レス」で掘り出し物に出合う3つのコツ

子連れで13回グアムを訪れているワーママエディターが、毎回何度も足を運んでしまうショッピングスポット、「ロス・ドレス・フォー・レス」。膨大な量の商品の中から、子連れでも効率よく戦利品を見つけ出せるコツを紹介します。

Text:
高橋香奈子
Tags:

グアムでショッピングを楽しむなら、ぜひ行って欲しいお店がディスカウントストア「ロス・ドレス・フォー・レス」

全米に展開する「ロス・ドレス・フォー・レス」、実はグアム店が売り上げNo. 1!

13回子連れでグアムを訪れているワーママエディターのタカカナが、グアムに行くたびに滞在中2〜3回は訪れてしまうほどお気に入りのディスカウントストア「ロス」。店内には、所狭しと商品がたくさん並んでいて、いつもレジが大混雑するほど、ローカルの方にも旅行者にも大人気。

でも、子連れだとゆっくり買い物をする時間がない、たくさんの商品の中から掘り出し物を探すのが難しい、という声も聞きます。では、「ロス」大好きの私が、どうやって短時間で掘り出し物を見つけているのかをコソッと紹介したいと思います。

グアムの「ロス・ドレス・フォー・レス」でこれまでに手に入れた戦利品を公開!

最初に、グアムの「ロス」ではどんなものが買えるか、私の戦利品で紹介します。「ロス」には洋服からインテリアまで、様々なジャンルのアイテムが並んでいますが、私がいちばん重点的に探すのが靴です。日本でも人気のケイトスペードやジャックロジャースに出合ったときは興奮しました。サイズが合わなかったので買えなかったのですがUGGのシューズも発見したことがあります。

自分の靴だけでなく、子どもの靴もチェックします。子どもの靴はすぐにサイズアウトをしてしまうので、グアムで買いだめ、というのもよくしています。ナイキやコンバース、ラルフローレンなどのおしゃれ靴を購入しました。

グアムは常夏のリゾートなので、水着も売っています。私が出合ったのは、ラルフローレンやカルバンクラインの水着。やっぱりアメリカブランドには強いです!

子どもが大好きなキャラクターものも豊富です。息子は、スターウォーズやヒーローのアイテムに興奮していました。女の子向けには、プリンセスシリーズを見かけたこともあります。

洋服や靴だけでなく、キッチン、インテリアグッズもあるのが「ロス」の楽しさを倍増させてくれるポイント。ビーチらしいこんな水筒を発見。今、日本で大活躍してくれています。

「ロス」で買った商品は、99セントで売っているエコバッグに入れてもらうことが多いです。行く時期によって絵柄が変わり、とてもおしゃれなので、お土産ものとしてもぴったりです。

倉庫のようにずらりと並ぶ膨大な商品の中から、お気に入りの一品を見つけるために私がやっていること

さて、前置きが長くなりましたが、グアムで「ロス」に通ううちに、どうやったら納得の戦利品に出合えるか、私が実体験で学んだ3つのテクニックを紹介します!

(1)オープンと同時に入店する

これ、当たり前かと思われるかもしれませんが、「ロス」のオープン時間ってとっても早いんです! 「グアム プレミア アウトレット店」は朝6時オープン「マイクロネシアモール店」は朝8時オープンです。旅行者が使う公共のシャトルバスの始発に乗るのでは到底間に合いません。タクシーかレンタカーを使うしかないんです。ローカルの方も、朝早い方が商品がたくさんあることを知っている旅行者の方も、朝の早い時間を狙っていきます。オープンと同時には間に合わなくても、なるべく早い時間帯に行くことをおすすめします。

(2)気になるアイテムを見つけたら、とりあえずカゴに入れていく

「ロス」の商品には一点ものが多いんです。「いいかも!でももう少し考えよう」と思ってスルーすると、次にその場所に戻った頃には、もう売れてしまっている、ということがあります。「ロス」のカートは大きいので(笑)、迷ったらとにかくカゴに入れ、後で選別するのがいいと思います!

(3)先に子どものおもちゃコーナーへ行く

これは、パパが子どもを見てくれている間にひとりで買い物ができる、という場合には関係ないのですが、もし子連れで買い物をしなきゃいけない時に有効な方法です。まず、お店に到着したら、子どもをカートに乗せます。そして、自分の洋服や靴を見たいという焦る気持ちを抑えて、まずは子どものおもちゃコーナーに。そこで子どものおもちゃを探します。子どもが気に入るおもちゃが見つかったら、そのおもちゃをカートに入れて、自分が見たいコーナーへ移動! 目新しいおもちゃに子どもが夢中になっている間に、自分の見たいものを物色するんです。長時間、というわけにはいきませんが、子どもがご機嫌なうちに買い物をすませることができるというわけです!

グアムのは「ロス・ドレス・フォー・レス」が2店舗あり、微妙に品揃えが違うこともあるので、私はいつも2店舗ともチェックしています。

「ロス・ドレス・フォー・レス グアム プレミア アウトレット店」
営業時間:6時〜25時 無休
アウトレットがオープンする10時までは、正面のアウトレット入口は締まっています。奥の「ロス」側の入口から入ります。

「ロス・ドレス・フォー・レスマイクロネシアモール店」
営業時間:8時〜25時(月〜土)、8時〜23時30分(日) 無休

子連れグアム旅行についてまとめた『ラクチン・ストレスなし・子供も自分も楽しめるいちばん近い海外リゾート 子連れGUAM』も、ぜひご覧いただけるとうれしいです!

撮影/羽田 徹、坂根綾子、高橋香奈子
※掲載の情報は、2018年時点のものです。

あわせて読みたい
▶︎【子連れ旅アイデア】乳児連れの旅行が格段にラクになる持ち物9選
▶︎【子連れ旅失敗談】私はなぜ旅先で炊飯器を買ったのか!?旅好きワーママが初の子連れ旅で失敗したこと
▶︎【子連れ旅アイデア】数時間の飛行機移動を快適に過ごすための5つのテクニック
▶︎【優秀100均】メラミンスポンジに、洗濯干しなどetc.「子連れ旅」で大活躍する旅行の便利アイテム7選

画像ALT

子連れ旅エディター

高橋香奈子

会社員を経験したあと、約13年前にひょんなことからエディターに転身。フリーランスでフルタイムで働く、8歳男の子のママ。趣味は子連れ旅。リゾート気分を近場で堪能できるグアムの魅力にはまり、旅行ガイドブック『ラクチン・ストレスなし・子供も自分も楽しめるいちばん近い海外リゾート 子連れGUAM』(ワニブックス)を2018年に出版。ママ目線&子連れ向けのガイドブックはこれまでになかったと、高い評判を得て、20,000部のベストセラーに。子連れ旅のあれこれを公開しているInstagramは@travalwithchild

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事