帽子とサングラスが似合わない!? 昭和顔な美人ママ3人がTRYしてみた! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションお悩みなかったことに

2019.05.07

帽子とサングラスが似合わない!? 昭和顔な美人ママ3人がTRYしてみた!

平面的で丸みを帯びた“昭和顔”。「帽子やサングラスは似合わない!」って思い込んではいませんか?そんな昭和顔のあなたにも似合う帽子&サングラスをご紹介します♡

Tags:

昭和顔に似合うのはどんな帽子とサングラス?

平面的な額、団子鼻、丸みを帯びた輪郭…。「私、帽子とかサングラスって、似合わないんだよね…」そう思い込んでいる人が多い昭和顔。でもちょっと待って!実は、そんな昭和顔だからこそ似合うアイテムもあるんです!それが、流行に流されることのない、クラシック感とフェミニンさ漂うベーシックな帽子&サングラス。

▶︎ちなみに昭和顔と平成顔って?

昭和顔イケママ1

サロンオーナー・モデル 鳳山えりさん
4歳男の子のママ。バストアップマッサージ専門サロンのオーナー兼エステティシャン。子どもと出かけるときは、キャップをかぶることが多いが、ターバンやスカーフを巻くことも。サングラスは、小ぶりでベーシックなデザインのものが多い。

こんなサングラス&帽子はNG

カジュアル感が加速する小ぶりなラウンド型サングラスは、イカつく見えがち。女性らしい顔立ちには、軽やかで明るい色の帽子がべター。ディテールの繊細さにもこだわるべし。

サングラスの正解は…アイメークをサボった日には、思いきってビッグサングラスを!

重厚感あるフレーム&レンズは、頰のまわりをボリュームダウン。迫力あるイケママに変身する日 (!)があってもカッコイイ!サングラス¥50,000(SUNRISE〈CUTLER AND GROSS〉) ジャケット¥26,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) カットソー¥18,000(エストネーション〈ローカル オーソリティ〉) ピアス[右]¥17,000・[左]¥10,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)

帽子の正解は…時短もかなえてくれるストローハット!?

かぶりこなしが意外と難しいツバ狭のストローハットは、エラまわりがスッキリとした女性らしい顔立ちの昭和顔にぴったりのアイテム!そして実はこれ、髪の毛がぐちゃぐちゃの日(!)にこそ、かぶれば様になるなんていうワー/ママの声も!?ふんわりカールの後れ毛が、こなれ感を演出してくれるのです。帽子¥17,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ニット¥40,000(エストネーション〈エストネーション〉)

昭和顔イケママ2

レストラン経営者 和田彩加さん
10歳女の子のママ。「わだ家 別邸」代表。西麻布と北新地に店舗をかまえる。犬の散歩には黒キャップ、夏はストローハットが定番。サングラスは、黒×ゴールドの大きめキャッツアイが好き。

こんなサングラス&帽子はNG

フェミニン度を高めてくれるアイテムのほうが断然似合う昭和顔に、マニッシュなダブルブリッジや少年っぽいキャップはミスマッチ。素材や色味はエレガントがマストです!

サングラスの正解は…肌や髪のトーンとマッチした透け感が、やわらかい印象に

フェミニンにもモードにも使える暗めのべっ甲風フレーム。大きめでゆるやかなフォックス型を選ぶことで、輪郭の丸みをカバー。アクセサリーやリップの色にも女性らしさを取り入れることで、瞬時に品のある優しげな母に変身♡ サングラス¥19,000(アマン〈スペクトレ〉) ニット¥16,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) 〝ピアス¥5,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) ネックレス/私物

帽子の正解は…大きめリボンは娘とのおそろいアイテムにも♡

高さのあるストローハットは、幅広ストライプリボンとフラットなトップで輪郭の縦長ラインを緩和。膨張色でも肌や髪のトーンにマッチしていることで、全体的にバランスのよい印象に。また、昭和顔に不可欠な都会的上品さは、繊細な編み目でクリア。帽子¥14,000(Chapeau d’ O 東急プラザ銀座店〈Chapeau d’ O〉) ワンピース¥39,000(アンタイトル〈アンタイトル〉) ネックレス/私物

昭和顔イケママ3

建築事務所勤務 木本明子さん
5歳女の子と4歳男の子のママ。夫が経営する建築設計事務所の運営をサポート。子どもとビーチへ行くときでも帽子はほぼかぶらず専らサングラス派。今年は、〝RayBan〟のスタンダード型を新調したばかり。

こんなサングラス&帽子はNG

サングラスのノーズ部が低いと、かかりが悪かったり、汗をかくとフレームがずり落ちてきたり。頭まわりのラインを強調するキャップは、輪郭のボリュームが強調されやすい。

サングラスの正解は…モダンなデザインにチャレンジするなら肌になじむソフトカラー

マニッシュさが強いダブルブリッジでも、やわらか印象のセルフレームと品のよいブラウン系レンズの組み合わせなら、昭和顔でもトライしやすい!頰まわりの肉厚感は、フレームの太さで中和。四角いレンズは、骨格をシャープに見せてくれる効果も! サングラス¥41,000(EYEVAN PR〈EYEVAN〉) ブラウス¥28,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) ピアス各¥26,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)

帽子の正解は…全方位の日差しを遮る幅広のツバが心強い!

Tシャツ&デニムのようなカジュアルコーデのときも、これひとつかぶるだけで”きちんと風”に。顔まわりを大きくカバーしてくれるから、真夏のアウトドアのお供にももってこい!黒のリボンが頭まわりをキュッとコンパクトに見せてくれます。 帽子¥14,000(Chapeau d’ O 東急プラザ銀座店〈Chapeau d’ O〉) カットソー¥19,000(エイトン 青山〈エイトン〉) ネックレス¥7,000(RHC ロンハーマン〈ハルポ〉)

Domani6/7月号「“平成顔”vs“昭和顔”の『帽子とサングラス問題どうする!?』」より
撮影/椿さおり(NOSTY/P.212、P.214〜P.217)、中田陽子(MAETTICO/P.213) スタイリスト/楠 玲子(P.212)、角田かおる(P.213)、亀 恭子(P.214〜P.217) ヘア&メーク/神戸春美(P.212、P.214〜P.217)、yumi*(P.213) モデル/有田千幸・望月芹名 (本誌専属)構成/有田千幸  再構成/WebDomani編集部

●この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した商品についての問い合わせ先にはこちらのページよりご確認ください。 ※この情報は2019年4月22日現在のものです。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事