セブ島に親子留学中のシングルマザーに聞いた!留学のきっかけ&セブでの生活は⁉ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE気になる子育てトピック

2019.05.27

セブ島に親子留学中のシングルマザーに聞いた!留学のきっかけ&セブでの生活は⁉

現在フィリピンのセブ島に子連れ留学中というmimimi15さん。慣れない環境、英語力ゼロからのスタート・・・というハードル高めな留学生活について教えていただきました!

Tags:

移住を視野に入れて現在、親子留学中!

インスタグラムでセブ島での留学体験を綴っている、シングルマザーのmimimi15さん(@mimimi15353)。なんと看護助手の仕事を辞め、英語経験ゼロのまま小学2年生の娘さんとふたりフィリピンのセブ島へ留学したそう。留学自体は2か月の予定ですが、そのまま移住することも視野に入れているのだそう。そんなmimimi15さんに、留学のきっかけやセブでの生活について教えてもらいました。

子どもの将来を考え留学を決意

「看護助手の仕事を辞めるタイミングでやりたいことを見つけ、突然の思いつきでチケットを取りふたりでセブへ。実はこれが私にとっても娘のココにとっても初めての海外でした。そしてふたりとも英語力はゼロ。1週間ほどセブに滞在し、まず2か月の留学を決めました。セブへ渡るきっかけをくれたのは、インスタグラム。年下のシングルマザーで、娘と同じくらいの年齢の女の子を連れて親子留学後、移住した方がいて『私にもできるかも』と勇気をもらいました」(mimimi15さん)

親子で通っているセブ島の学校

「入口には警備員さんがいて、門を入ると小さな町のようになっています。敷地内は安全なので、安心して授業を受けられるのがこの学校を選んだ決め手。敷地内には「サリサリショップ」という小さなコンビニがあり、お菓子やアイス、インスタントラーメン、ビール(学校なのに・・・)までそろっています。プールもあるので、ここだけでも生活できる環境です」(mimimi15さん)

ストレスから娘が授業をボイコットしたことも!

「日本でいくつかのエージェントに連絡を取り、いちばん対応がよいと感じたエージェントに私の希望を伝え、留学する学校を紹介してもらいました。現地の方に近い環境での生活をしたかったので、ホテル住まいではなく、小さな町のようになっている学校の敷地内にある施設で生活しています。私が授業を受けているときは娘も授業を受けているので、娘をひとりきりにすることは基本ありません。ただ、英語力ゼロで留学している親子はやはり私たちだけでした。そのため、『伝えたいのに伝えられない』というストレスから娘が大暴走することも・・・。マンツーマンクラスを抜け出したり、クラスにいながら授業をボイコットしたり! そのたびに私が呼び出されるので、私の授業時間も削られます。ただ、彼女も英語が嫌いになったわけではなく、私がシャワーを浴びている間に一生懸命覚えたフレーズを練習していることも。そんなこんなで、少しづつではありますが英語耳ができてきて、理解できる単語が増えてきました 」(mimimi15さん)

マンツーマンレッスンで基礎から勉強

行きつけのカフェで店員さんと何やらおしゃべり・・・

「とても優しい店員さんで、仕事中にも関わらず一緒に遊んでくれました。英語と日本語を教え合ったり、カウンターで一緒に工作をしたり・・・。本当にキッズフレンドリーな国!」(mimimi15さん)

慣れない環境にストレスを感じることもあるようですが、娘さんも徐々に学校に慣れてきたそう。次回は、親子留学をして感じたことや事前準備といったリアルな情報を教えていただきます。

あわせて読みたい
育児休暇を有効活用!4か月のベビーとアメリカに育休留学したママのお話。
【ワーママの育休留学】4か月のベビーと2人、アメリカでホームステイ!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事