「好き=似合う」とは限りません! 10年前に褒められた服を今でも着ちゃってるのはNG?【絶対なりたくない!コンサ婆さんVSレディ婆】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.07.06

「好き=似合う」とは限りません! 10年前に褒められた服を今でも着ちゃってるのはNG?【絶対なりたくない!コンサ婆さんVSレディ婆】

自分の「かわいい」の基準しか信じないレディ・ガガならぬ、レディ婆(レディ・ババ)。学生時代に褒められたからって体型が変わった今でもまるで制服のようにクラシカルなフィット&フレアワンピを着ていませんか? それ、ひょっとして、好きと似合うが一致していない、痛~い人になってるかもしれませんよ!?

Tags:

「レディな感じであればなんでもOK♡」で服を選んでしまうレディ婆(レディ・ババ)は、“好き=似合う”ではないかもしれないことを自覚して

10代、20代のときに「かわいい♡」と褒められた服を10年、20年、30年…と着たがるのが、〝レディ婆(レディ・ババ)〟の特徴。似合っていればいいのですが、年齢を重ねると“好き”と“似合う”が必ずしも一致しないことだってあります。そこに気づかずいつまでもキャッキャしていると、痛いレディ婆になってしまいます。レディ婆のお気に入りはその昔、褒められていたクラシカルなフィット&フレアのシルエット。「モノトーンで大人っぽく」と本人は思っているかもしれませんが、10年、20年前に褒められていた服が、令和になった今、なんでも許されるってワケじゃありません。昭和のアイドルの舞台衣装を感じさせるフィット&フレアワンピは、21世紀に大人が着こなすにはかなり難しいアイテム。学生時代に褒められたからって、そのまま引きずったコーデを今でも着るのは潔く卒業しましょう。

ハリのあるコットンワンピで大人の甘さを楽しんで!

甘い=レディ婆というわけではありません!きちんとアイテムを選べばふんわりワンピだって、アラサー、アラフォーになった今も十分着こなせます。甘党の女性におすすめなのはミディ丈のコットンワンピ。素材にハリがあると、甘めのデザインでも大人っぽく着こなせますよ。次回は、春も夏も活躍するミディ丈のコットンワンピをご紹介します。

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

あわせて読みたい
白のセミワイドはデキる女の象徴⁉ その発想がお古なコンサ婆さんならではですよ!
白パンツを麻ワイドに変えるだけでコンサ婆さんがおしゃれにリニューアル

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事