【缶ビール】自宅でおいしく飲むおすすめの方法と選び方(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEレシピ

2019.11.30

【缶ビール】自宅でおいしく飲むおすすめの方法と選び方(まとめ)

缶ビールの飲み方や注ぎ方のコツが分かれば、同じ缶ビールでもさらにおいしく飲めます。自宅で缶ビールをおいしく飲むための方法と選び方をチェックしておきましょう。おすすめのビールを参考にすれば、自分好みのビールが見つかるかもしれません。

【目次】
自宅で飲むビールをおいしく選ぶには?
缶ビールをコップやグラスで美味しく飲もう
定番のおすすめの缶ビール銘柄

自宅で飲むビールをおいしく選ぶには?

1日の仕事を頑張った後のご褒美として飲むビールは、おいしく感じられるものとなるのではないでしょうか。せっかく同じ缶ビールを飲むのならば、製造方法などのこだわりのあるビールを飲みたいものです。自分に合ったおいしい缶ビールの選び方を詳しく解説していきます。

(C)Shutterstock.com

製造方法で味が異なることがある

ビールは種類によって製造方法が異なり、「ラガービール」「エールビール」の2種類に分けられます。

ラガービールの製造方法は、6~15度の低温発酵による「下面発酵」です。雑菌の繁殖を抑えられるため、衛生管理上のリスクを減らせる上に大量生産に向いています。仕上がりはのどごしが良く、すっきりとした後味が特徴です。

一方、エールビールは常温でも濃厚なテイストと芳醇な香りが楽しめます。伝統的な製法の「上面発酵」が採用されており、20~25度の高めの温度で発酵させて製造するビールです。

自分に合ったビールの種類を選ぼう

ビールは国内外合わせると100種類以上あり、それぞれの銘柄によって香りやテイストなどが異なります。自分好みののどごしや後味、香りなどからビールを探しましょう。

日本の大手ビールメーカーでは、大量生産に向いているラガービールがほとんどですが、ドイツやイギリス、ベルギーなどの海外のビールメーカーでは、エールビールが好まれています。

ビールの新規開拓をするなら、海外産のビールに挑戦してみるのも良いでしょう。給料日前に節約したいときは、リーズナブルでビールの味と似ている発泡酒がおすすめです。

缶ビールをコップやグラスで美味しく飲もう

自宅でビールをさらにおいしく飲むには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。おすすめの飲み方と、ビールをよりおいしくするグラスにこだわってみてはいかがでしょうか。

(C)Shutterstock.com

三度注ぎがポイント

「三度注ぎ」とは、ビールを三度に分けて注ぐ方法です。泡を立てて注ぐことで、泡が蓋の役割を果たし、ビールの炭酸や香りを閉じ込めてくれます。

まずは、グラスよりも高いところから泡を立てながらビールを注いでいきます。泡の上部がグラスの半分まで来たら注ぐのを止めましょう。プツプツと気泡が弾けてきめ細かい泡だけが残るまで待ちます。

その後は、グラスの9分目まで優しくビールを注ぎ、再びきめ細かい泡になるまで待ちましょう。最後にゆっくり注いで、ビールと泡の対比が7:3になるように仕上げられれば三度注ぎの完成です。

ビールグラスにもこだわりを

缶ビールをそのまま飲むのも良いですが、さらにおいしく飲みたいならビールグラスを活用しましょう。缶ビールに口を付けて飲むことで、ビールの味が変わってしまいます。

缶ビールそのものだと、飲み口に直接当てて飲むため、口にアルミ・スチールなど金属のニオイが混ざり、ビール本来の味を損ねてしまう可能性もあります。

例えば、ビールを飲むためだけに作られた「ピルスナーグラス」や、大容量で親しまれている「ジョッキ型グラス」があります。見た目にもこだわりのあるビールグラスで味わうと、さらにビール本来の味を堪能することができるでしょう。

また「陶器製グラス」を選べば、ザラザラとした凹凸が滑らかで消えにくいきめ細かい泡を楽しめるでしょう。グラスの種類で泡立ちや泡持ちに変化を付けることができます。

定番のおすすめの缶ビール銘柄

さまざまな種類の中から自分に合ったおいしい缶ビールを探すには、時間や手間がかかるかもしれません。まずは多くの人に親しまれている定番のビールを試してみてはいかがでしょうか。

(C)Shutterstock.com

サッパリしたのどごし アサヒビール「アサヒスーパードライ」

1987年に名前変更と共に登場したアサヒビールの「アサヒスーパードライ」は、長年多くの人に親しまれている人気ビールとなっています。コンセプトは「キレ味さえる辛口の生ビール」で、キレもありながらも後味はすっきりしているのが特徴です。

秘密は製造工程にあり、発酵に欠かせない酵母を活性化させるためにアミノ酸量を減らし、サッパリしたのどごしに仕上げています。麦汁の酸化臭を低減したことで、味のキレが向上し、多くの人に飲まれているビールとなっています。

商品名:アサヒ スーパードライ 350ml×24本
価格:4698円(税込)

ホップにこだわり キリンビール「キリンラガービール」

キリンビールの「キリンラガービール」は130年以上の長い歴史を持つビールです。のどごしやコクがあるビールとしても知られています。純白できめ細かい泡とさわやかな香りが特徴で、ホップの効いた苦味がありながらも、すっきりとした爽快な味わいが人気の秘密です。

約マイナス1度で時間をかけたこだわりの熟成によって、キリンビール特有の味を実現しています。1965年頃の製造方法で作られた「キリン クラシックラガー」と飲み比べてみるのも楽しいでしょう。

商品名:キリン ラガービール 350ml×24本
価格:4998円(税込)

香り高いヒット商品 サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」

サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」は、高級志向のプレミアムビールの先駆けとなったビールです。飲み終わっても口の中に残る華やかな香りは、一般的なビールとは一線を画しています。

天然水・麦芽・ホップなど国内外から厳選した素材を使って、手間や時間をかけて作られた逸品です。飲んでいる最中から飲み終わった後の余韻まで贅沢に堪能できるものとなっており、プレミアムなビールと言っても良いでしょう。

商品名:サントリー ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本
価格:5156円(税込)

※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがありますので、お控えください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事