【洗口液】のおすすめ3選|正しい使い方と選び方について解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美人の秘密

2019.09.26

【洗口液】のおすすめ3選|正しい使い方と選び方について解説

洗口液の基礎知識から、自分に合った洗口液の選び方まで、詳しく解説します。洗口液と液体歯磨きとの違いを知れば効果的に口内環境を整えられるでしょう。アルコールの有無、刺激の強さなど、自分好みの洗口液を見つける参考にしてみてください。

【目次】
洗口液について知ろう
洗口液の選び方
市販のおすすめ洗口液3選

洗口液について知ろう

虫歯予防や、口内をすっきりさせたいときに便利な洗口液ですが、使う理由は人それぞれでしょう。使い勝手のよさから人気の洗口液ですが、液体歯磨きとの違いや、正しい使い方を理解していますか?まずは、洗口液の基本から押さえていきましょう。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方

(C) Shutterstock.com

洗口液と液体歯磨きの違い

洗口液と液体歯磨きの違いは、「ブラッシングの有無」「使い方の違い」です。洗口液は、すすぐだけで口内トラブルの原因と言われている、食べかす・汚れ・ネバつきを洗い流してくれるものです。一方、液体歯磨きは、歯磨き粉と同様の扱いなので、歯ブラシでブラッシングする必要があります。洗口液のように使っても歯磨きの効果は得られないでしょう。

虫歯を予防する洗口液の正しい使い方

口内トラブルを防ぐには、洗口液を正しく使用する必要があります。そこで、洗口液の使い方について説明します。

まず、適量の洗口液を口に含みます。次に、洗口液を口に含んだままの状態で、20〜30秒間口をすすぎます。そして最後に、洗口液を吐き出せば完了です。基本的には、洗口液を吐き出してしまえば、水でのすすぎは必要ありません。また医薬部外品では、薬用成分が含まれているため、効果を長続きさせるためにも水でのすすぎはしないほうがよいでしょう。

洗口液の選び方

では、自分にぴったりの洗口液を選ぶためには、どのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。洗口液を選ぶときに必ずチェックしておきたい、三つのポイントを紹介します。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方

(C) Shutterstock.com

成分をチェック

最初に調べておきたいのが、自分の目的に合った成分が含まれているかです。これは、目的の成分が含まれていない洗口液を使っても、効果が感じられず続けられないからです。

例えば、口臭やネバつきが気になる人には、「殺菌成分入り」のものが役立つでしょう。雑菌を防ぐことで臭いやネバつきを抑えてくれます。消臭力が高めのものを選ぶとより効果的です。

汚れ落としや、汚れを予防したい人は、「洗浄成分・コーティング成分」が含まれた洗口液がおすすめです。また、ブラッシングで落としきれなかった汚れを分解する役割や、汚れの付着を予防できる役割をもった洗口液を選べれば、磨き残しや汚れの再付着を防げるでしょう。

他にも、抗炎症成分配合のものなども取り扱われているので、歯茎の炎症が気になる場合にはこちらを選ぶのがおすすめです。

刺激の強さ

洗口液は基本的にすすぎをしないため、刺激の強さも考慮しておきます。アルコールを使っているタイプは、口の中への刺激が強いため、苦手な人は成分表を確認し、エタノールなどが含まれていないことを確認しておくとよいでしょう。
また、強い殺菌成分によって刺激を感じることもあるため、使っていて口の中がヒリヒリする感覚があれば、避けた方が無難です。

アルコール入りかノンアルコールか

アルコール入りメントール入りは、刺激が強いことをお伝えしましたが、デメリットばかりではありません。刺激が強い代わりに、即効性があるのが大きなメリットと言えます。例えば、急に人と会うことになったときは、アルコール入りが便利でしょう。ミントやメントール入りでも同様に即効性を求められます。痛みを感じにくい商品を見つけて、いざという時のお供にしても良いでしょう。

市販のおすすめ洗口液3選

市販のおすすめ洗口液を三つ紹介します。それぞれ役割と目的が違うので、自分に合ったものを選ぶ参考にしてみてください。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方 市販

(C) Shutterstock.com

歯周病予防にも 第一三共ヘルスケア 「ブレスラボ」

歯周病予防や口臭ケアに、使いやすさで人気があるのが、第一三共ヘルスケアの「ブレスラボ」です。食べ物や加齢、ネバつきなどによる口臭に効果のある、塩化セチルピリジニウムによって高い殺菌効果が期待できます。ノンアルコールで作られていることから、低刺激でも満足できる洗口液を探している人に、ぴったりと言えるでしょう。強すぎない清涼感と、虫歯や歯周病の原因菌にも殺菌効果が期待できる点から、多くの人に愛用されています。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方 第一三共ヘルスケア 「ブレスラボ」

商品名:第一三共ヘルスケア 「ブレスラボ」

しっかり口臭予防 サンスター「ガム・デンタルリンス[薬用ハミガキ]」

殺菌成分のCPCや抗炎症成分のグリチルリチン酸を配合することで、しっかりと口臭予防できるのがサンスターの「ガム・デンタルリンス[薬用ハミガキ]」です。歯周病の原因菌と、歯周病の原因菌が出す毒素を殺菌します。風味が爽やか低刺激なのがポイントです。洗口液として販売されていますが、より効果を高めるためにも、すすぎ後にブラッシングをするとよいでしょう。歯磨き粉の代わりとして、また洗口液として便利に使えるものがほしい人におすすめです。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方 サンスター GUM 「ガム・デンタルリンス[薬用ハミガキ]

商品名:サンスター「ガム・デンタルリンス[薬用ハミガキ]

フレッシュな息に ライオン「NONIO マウスウォッシュ」

殺菌効果が長続きすることで、いつまでもフレッシュな息をサポートしてくれるのがライオンの「NONIO マウスウォッシュ」です。独自の長時間殺菌システムによって、菌の増殖を抑制してフレッシュな息が長続きします。口内洗浄効果と口臭予防が期待でき、口の中の爽快感が持続するのが特徴です。低刺激で作られていることから、刺激が苦手な人にもおすすめの洗口液と言えるでしょう。

洗口液 特徴 おすすめ 使い方 選び方 ライオン「NONIO マウスウォッシュ 」

商品名:ライオン「NONIO マウスウォッシュ 」

あわせて読みたい
歯のケアにもこだわりたい!スキンケア発想の歯磨きジェルって?
音波歯ブラシで効果的に口内ケア!最新のおすすめ音波歯ブラシもご紹介
腸活の次は口活!?手軽にお口の育菌ができる【L.ロイテリ菌】を知ってる?
赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?おすすめグッズも紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事