初心者のための【シャンパン】基礎知識|おいしいシャンパンを選ぶ方法・おすすめシャンパン(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEリラックス

2019.11.26

初心者のための【シャンパン】基礎知識|おいしいシャンパンを選ぶ方法・おすすめシャンパン(まとめ)

シャンパンはお祝いの場にぴったりのお酒。シャンパンの知識を身に付けておいしいシャンパンを味わいましょう。

【目次】
シャンパン初心者のための基礎知識
おいしいシャンパンを選ぶ方法とは?
飲んでみたい!おすすめ「シャンパン」

シャンパン初心者のための基礎知識

シャンパンは、結婚記念日や誕生日などの祝いに飲む機会が増えるお酒です。贅沢な味わいを感じるものもあり、高級感のあるお酒を楽しめます。しかし、どのように製造され、どんな種類があるのか知っている人は少ないのではないでしょうか。シャンパンを深く理解するためにも、基礎知識を学んで自分好みのシャンパンを味わってみてください。

(C)Shutterstock.com

シャンパンの製法は細かく決まっている

シャンパンはスパークリングワインの一種で、アルコールの度数はワインと同じ11~12%程度とされています。「シャンパーニュ」が正式名称で、炭酸が入って飲みやすいスパークリングワインとは種類が異なります。シャンパーニュとして販売できるのは、パリ北東部にあるシャンパーニュ地方で製造されたものだけです。条件となるためには、ブドウの品種や二次発酵の製法、熟成期間などの細かい取り決めを守られたものだけがシャンパンとして認められます。日本で飲まれているシャンパンも、全てこの厳しい条件をクリアしたものだけが選ばれているのです。

ブドウの品種によって味も違う?

シャンパンに使われるブドウ品種は、「ピノ・ノワール」「ピノ・ムニエ」「シャルドネ」が主となっています。

ピノ・ノワールは、ワイン製造で使われてきた品種で長期熟成に向き、芳醇な香りがします。ピノ・ムニエは、シャンパーニュ地方のブドウで、酸味が強くフルーティな味わいが特徴です。シャルドネは、フランス東部ブルゴーニュ地方の白ブドウで、酸味は強めで柑橘系の香りに仕上がります。

使用する品種の割合によってシャンパンの味や香り、味わいなどに個性が生まれ、生産者は独自の配合によって特徴のあるシャンパンを製造しているのです。

おいしいシャンパンを選ぶ方法とは?

あまりシャンパンを飲む機会がない人にとっては、おいしいシャンパンを飲みたいものです。どのようにして選べば失敗も少なく、おいしいシャンパンを見るけることができるのでしょうか。選ぶときのポイントさえ分かっていれば、自分好みのおいしいシャンパンを見つけることができるはずです。

(C)Shutterstock.com

まずは味や色をチェックしてみよう

シャンパンは味や色も異なりますので、自分好みのものを選びましょう。味には、「甘口」「中甘口」「中辛口」「辛口」「極辛口」「極々辛口」の6種類に分けらており、シャンパンを飲み慣れていない人は、甘口か辛口かを飲み比べて、どちらが飲みやすいか実感してみましょう。飲み慣れている人は、シャンパン特有の香りを堪能しながら、自分に合った味を楽しむのもおすすめです。

シャンパンの色も大きく分けて「白」か「ピンク」の2種類があります。既に述べたように、シャンパンは一般的に白ブドウと黒ブドウを混ぜて作っていますが、原料のブドウによって色が変わるというわけではありません。製法によって色が変わる仕組みとなっています。

例えば、よく耳にする「ロゼ」は、赤ワインを加えてピンク色に着色されたシャンパンのことを指しています。フランス語でロゼは「バラ色」という意味です。

格付けされたグレードによって価格も異なる

シャンパンはブドウの種類によってグレードも異なってきます。最高級と言われている「プレスティージュ」、高級な「ヴィンテージ」、スタンダードの「ノンヴィンテージ」と三つのグレードによって格付けされています。

プレスティージュは、高品質のブドウだけで作られており、熟成期間が5~7年以上のものがほとんどです。時間や手間、多額の費用をかけて製造されているため、高額で販売されています。ヴィンテージは当たり年の高品質なブドウだけで製造されたシャンパンで、熟成期間は3年以上がほとんど。プレスティージュよりも値段は低めですが、高級感があります。どちらにも当てはまらないシャンパンは、ノンヴィンテージに位置付けられています。

正規品か並行輸入品か

シャンパン選びでさらに注意したい点は、正規品か並行輸入品かどうかです。正規品は、製造元から直接買い付けた業者によって正規のルートで輸入されたものを指しています。輸入の際は、徹底した温度管理と品質管理がされており、ほとんどのものが品質の高さを保証されています。

一方で、並行輸入品は正規ルート以外で仲介業者を通して輸入されています。輸入経路や管理チェックが不明で、安価なものが多いとされています。品質管理の高さを考えれば、正規品のほうが安心して購入できるでしょう。

飲んでみたい!おすすめ「シャンパン」

正規品でもリーズナブルなものからセレブご用達の高級品までシャンパンの種類は様々です。中でも、一度は飲んでみたいおすすめのシャンパンを紹介します。

(C)Shutterstock.com

フルーティで芳醇な味わい モエ・エ・シャンドン「モエ アンペリアル 」

モエ・エ・シャンドンの「モエ アンペリアル」は、かの有名なナポレオン1世の生誕100周年を祝うために1869年に誕生したシャンパンです。

270年以上の歴史を持つモエ・エ・シャンドンを代表する逸品と言えるでしょう。美しい黄金色のシャンパンで、芳醇な風味やフルーティな香り、きめ細やかな泡が特徴です。

商品名:モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 750ml
価格:4790円(税込)

世界でも人気が高い クリュッグ「ヴィンテージ 2004」

クリュッグの「ヴィンテージ 2004」は、世界でも人気が高いシャンパンです。上質なシャンパーニュ地方のブドウで作られており、柑橘系の香りやエレガントな味わいが特徴です。高級なレストランでも飲まれており、前菜からスイーツまでさまざまな料理とも相性ぴったりでしょう。

クリュッグは、1903年に英国王室御用達のシャンパンメゾンとして認定されたブランドです。

商品名:クリュッグ ヴィンテージ 2004 白
価格:4万5360円(税込)

セレブ御用達の高級品 ドン ペリニヨン「ロゼ ヴィンテージ」

「ドンペリ」の愛称で知られるドン ペリニヨン「ロゼ ヴィンテージ」も高級感があり、香り高いシャンパンとしておすすめです。セレブ御用達の高級品としても知られています。

トロピカルフルーツの完熟した果実とクラシックな果皮の香りが独特なハーモニーを作り出しており、後味は柑橘系の苦味がかすかに残る大人の味わいが楽しめるでしょう。

商品名:ドン ペリニヨンロゼ ヴィンテージ 750ml
価格:5万4800円(税込)

※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがありますので、お控えください。

あわせて読みたい
▶︎「乙女心とシャンパンの物語」♡これを読んだらあなたも恋愛したくなる!?【アラフォーの恋バナ】
▶︎ソムリエが教える!【成城石井】で買えるおすすめワイン&ぴったりなおつまみ(まとめ)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事