気分はモデル!? 年賀状写真はプライベートスタジオのカメラマン撮影がおすすめ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2019.10.26

気分はモデル!? 年賀状写真はプライベートスタジオのカメラマン撮影がおすすめ!

この時期になるとみんなが抱える「年賀状どうしよう」問題。写真フォルダを見返してもあんまりいい写真がない…。今回はそんなお悩みを解決すべく、個人カメラマン撮影の魅了をお伝えします!

Tags:

とにかく自由!プライベートスタジオでの撮影の4つの魅力

突然ですが、皆様は来年の年賀状の準備、もう始めていますか??「いやいやまだ10月になったばかりだし早いわよ」と思ったそこの方、意外と年末まではあっという間!毎年師走の頃になると急に焦り始め、携帯の画像フォルダをひたすらさかのぼり、これが良い、いやこっち??となんとか写真を選んだもののなかなかこれだ!という1枚は見つからず…。出来上がった年賀状を見て、来年こそはもう少し早めに素敵な写真を用意しよう…!と心に誓うなんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

かく言う私もまさにその1人。なので今年こそはと家族写真、早々に撮ってきてしまいました!個人撮影と聞くと最初はハードルが高く感じがちですが、今の時代はインスタグラムなどのSNSで案外簡単に見つかるもの。私も、好きなスタイリストさんが撮影されていたのをインスタグラムで見たのがきっかけでした。その全てが大満足だった”プライベートスタジオでカメラマンさんに撮影してもらう“ことの魅力についてお届けさせていただきます。

スタイリストはママ&パパ!プライベートスタジオでの撮影は自由なアレンジ無限大

魅力その1:全てに対してとにかく自由度が高い

自分が好きなテイストの写真を撮るカメラマンさんにお願いして家族写真を撮ってもらう。チェーン系の写真スタジオと違うその最大の魅力は、”とにかく自由度が高い!”ことにつきます。当日着る衣装しかり小道具しかり、スタイリングはママ&パパが着せたいものでOK!今回我が家がお願いした「memories_photostudio」は、原宿の奥に閑静なフォトスタジオを持つカメラマンさん。人気ファッション誌などでモデルの撮影もしていらっしゃる羽田徹さんのスタジオです。

娘の1歳の誕生日記念にと撮影を予約したのですが、あれも着せたいこれも着せたいと、結果4〜5パターン分の洋服や小物を持ち込みました。娘のペースに合わせながら衣装チェンジを行い、様々に可愛い姿の娘を写真に収めてもらうことが出来ました♡乱雑でお恥ずかしいですが、こちらが舞台裏↓

女の子が大好きな非日常感たっぷりのドレスも素敵だけれど、こういった普段のちょっとおめかし着で撮ってもらうのもまた可愛いですよね。

魅力2:子供のペースに合わせて撮影してもらえる

大きい写真スタジオだと、予約したとしてもその前後に他の方がいるもの。大勢の人でガヤガヤとした雰囲気、まぶしいライト…etc、いつもと明らかに違う雰囲気に緊張する我が子に、普段通りの笑顔を見せて欲しいと思ってもなかなか難しいですよね。ましてや次の人が控えているのに大泣きし始めた日には親も内心ヒヤヒヤもの…。

その点、プライベートスタジオのカメラマンさんだとその時間内は自分達家族だけの撮影なので、多少ぐずってもノープロブレム。他のお客さんもいないのでゆっくりと娘のペースに合わせて撮影が可能でした。また、カメラマンの羽田さんは赤ちゃんの扱いがとても上手で本当に助かりました。

 魅力3:リラックスした表情を引き出してもらえる

 前述の通り、他に人がいると子供だけでなく実は親自身もちょっと緊張したりしませんか?もし普段通りのリラックスした雰囲気を写真に残したいなら、やっぱりおすすめはプライベートスタジオのカメラマンさんです!時々世間話等を挟みつつ、娘の表情や行動に笑いつつ和やかに進んでいく撮影中は、親もまったく緊張することなく自然な笑顔で映ることが出来ました。

ちなみに、後日頂いた写真データの中にはこんなにキュートなものも。選択可能な枚数制限があると泣く泣く諦めがちなこんなショットも含め、撮影データは全て頂けるので一枚一枚見るのが楽しみで仕方ありませんでした。

写真のテイストや雰囲気も、料金設定等も様々なプライベートスタジオのカメラマンさんにお願いする撮影。来年の年賀状用の一枚に、家族の大切な思い出の1ページに是非試してみてはいかがでしょうか?

▶︎memories photstudio

画像ALT

Domanist

杉本 緑

アパレル会社勤務。1児(女児)の母。洋服への愛が高じてアパレル業界へ飛び込み、某アパレル会社で企画、生産に携わる。舞台や落語などの芸術鑑賞で自らの感性を刺激。娘との日常を描いたユニークなイラストもSNSで発信中。
IG:https://www.instagram.com/green_sgmt/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事