【サバサバ女子】の特徴って!? 近づくと厄介な偽サバサバ女子の具体的な行動 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.03.23

【サバサバ女子】の特徴って!? 近づくと厄介な偽サバサバ女子の具体的な行動

サバサバ女子に憧れている人の中には、「自称サバサバ」や「偽サバサバ」など、気付かないうちに痛いサバサバ女子になっている人もいます。かっこいいサバサバ女子の特徴や男女問わず好かれる理由を知り、本物のサバサバ女子を目指しましょう。

【目次】
かっこいいサバサバ女子とは
サバサバ女子は男女から好かれる
あなたの周りにもいる?自称サバサバ女子とは
近付くと厄介!偽サバサバ女子の具体的な行動

かっこいいサバサバ女子とは

かっこいいと言われるサバサバ女子には、共通の特徴があります。どのような特徴があるのか具体的に見ていきましょう。

サバサバ女子 特徴

1:見切りをつけるのが上手で執着しない

心を浄化する「時間」の使い方とは?【MARIのおうちでできるスピリチュアルハワイ】

「サバサバ女子とは、一体どんな人なのかよく分からない」という人もいるのではないでしょうか?一般的にサバサバ女子とは、「物事に必要以上に執着せず、さっぱりした性格の女性」のこと言われています。誤解されやすいですが、サバサバというのは、「無関心」や「冷たい」ということとは違います。

夢中になっていることや諦めたくないことでも、場合によっては見切りをつけなければいけないときがありますよね。頭では分かっていても、なかなか決心がつかなかったり、執着してしまったりして、ずるずる引きずってしまう人は少なくありません。しかしサバサバ女子は、心のスイッチをスパッと切り替えられ、思いを断ち切って前に進むことができます。

2:女を武器に使わない

サバサバ女子は、「女性だから」と周りに特別扱いされるのを好みません。「女性としてよりも、1人の人間としてどうか」ということを重視しているためです。したがって、自分の立場を優位にするためや、その場をうまく切り抜けるために「あえて涙を流したり」や「意識的に甘えた声を使ったり」など、女の武器と言われているような行動を好みません。また、女を武器にしないため、胸元が大きく開いた服や、脚の露出が多いミニスカートなどを着ることも少ないです。

3:自分の世界を持っている

サバサバ女子は、「自分」をしっかり持っています。自分のやりたいことや、「こうなりたい」という理想がはっきりしており、自分1人の時間や世界を大切にしています。サバサバ女子は、「誰かと一緒でないと寂しい」と、誰かに依存することはありません。1人の時間ができたときは、自分の趣味や好きなことをして自分磨きをするなど、充実した時間を過ごせるのです。

サバサバ女子は男女から好かれる

サバサバ女子は、人として魅力があるため、男女問わず好かれます。サバサバ女子のどのような点が好かれるのでしょうか。

サバサバ女子 特徴

4:失敗をしつこく責めずに励ましてくれる

できるキャリアウーマンはここが違う!社内で憧れの女性になるために必要な方法は…

仕事やプレイベートに関わらず、誰でも失敗することはあります。サバサバ女子は、失敗をしつこく根に持ったり、いつまでもネチネチ文句を言い続けたりすることはありません。

「起きてしまったことは、しょうがいない」と、気持ちよく割り切り、過去を引きずりません。むしろ、「誰にでも失敗はあるよ!」「大したことじゃないよ!」と、明るく励ましてくれるのがサバサバ女子なのです。細かいことにこだわらず、明るく前向きに対応できる点が、サバサバ女子が男女問わず好かれている理由です。

5:芯があり必要なことをはっきり言ってくれる

サバサバ女子は、相手によって意見や態度をコロコロ変えるようなことはしません。また、相手にどう思われるかを気にして、お世辞を言ってその場を取り繕うこともありません。サバサバ女子は、常に本音で人と付き合うため、筋の通った芯のあるアドバイスや、相手にとって必要なことをズバッと言ってくれます。そこには、優しさや思いやりがこもっているため、しっかり心に響くのです。そのため男女から好かれ、信頼されたり、他の人には言いづらい悩みの相談を受けたりすることも多いのです。

あなたの周りにもいる?自称サバサバ女子とは

サバサバ女子 特徴

「サバサバしていて、かっこいい」と思っている女性や上司は、実は「自称サバサバ女子」かもしれません。また、自分ではサバサバ女子だと思っていても、周りから自称サバサバ女子と見られている可能性もあります。

サバサバ女子 特徴
サバサバしていると自分で言ってしまう

「私って、サバサバしているからさ」などと自分で言ってしまう人は、実は自称サバサバ女子である可能性が高いです。本物のサバサバ女子は、そもそもサバサバしていることを自覚しておらず、自分で「サバサバしている」とは言わないものです。

自称サバサバ女子は、普段はサバサバしているように見えることもありますが、ふとした言動に本当の姿が垣間見えることが少なくありません。例えば、表向きは後輩の失敗を「気にしていない」と言いつつ、裏ではいつまでも根に持って愚痴を言っているような人は、自称サバサバ女子の典型です。

サバサバ女子 特徴
男友達が多いアピール

「男友達との方が気兼ねなく付き合える」「男友達は、気を使わなくていいからラク」と言っている女子はいませんか?いるとしたら、その人は自称サバサバ女子の可能性があります。男友達が多いことをアピールしてくるのは、自称サバサバ女子の典型的な特徴の一つです。

自称サバサバ女子は、「男友達が多い」のがサバサバ女子と勘違いしているのです。つまり、男友達が多いことをアピールして、自分がサバサバ女子であると周りに認識してもらいたいのです。そもそも、男女問わず気兼ねない付き合いができ、「女友達だから」「男友達だから」という隔てがないのが、本物のサバサバ女子です。また、サバサバ女子は女友達に向かって、「私はあなた達とは違う」的なアピールをする必要がありません。

サバサバ女子 特徴
ただ冷たいだけ

自称サバサバ女子は、毒舌がサバサバだと勘違いしていることがあります。辛口コメントやダメ出しをして、誰かを傷つけるようなことも平気でするような、ただ単に心が冷たいだけの人も、本物のサバサバ女子とは言えません。誰に対しても裏表なく自分の意見を言えるのがサバサバ女子ですから、きつい意見を言うこともありますが、それは心が冷たいからではありません。相手のことを思ってのことだったり、芯が通った意見だったりするため、言われた側は冷たいと感じないのです。

また、裏表がないといっても、何でも包み隠さず言ってしまうわけではありません。大人としての最低限のマナーをわきまえているため、相手の心を深く傷つけるようなことは言わないのです。

近付くと厄介!偽サバサバ女子の具体的な行動

サバサバ女子 特徴

勘違いしている「偽サバサバ」は、見ているだけで痛いだけでなく、関わると厄介で面倒に感じることが多いもの。また、無意識に偽サバサバの行動をとっている人は、周りから厄介者扱いされてしまうので注意が必要です。実際どんな行動をする人が偽サバサバ女子なのかをリサーチしましたのでご紹介します。ぜひ、今後の人付き合いに役立てましょう。

サバサバ女子 特徴
 CASE 1:飲み会でカクテルを飲む女子をいじる

「以前職場にいた女性は、偽サバサバ女子だと思います。飲み会の場ではあえてカクテルを飲まず、『私、カクテル飲めないんだよね』『カクテルが飲めて、うらやましい』などと、カクテルを飲む後輩をいじっていました。さらに、『私、ビールや日本酒しか飲めなくて…』などど、あえて男性好みのお酒を飲んでいることをアピールしてきます。お酒の嗜好が男性に近いということをアピールして、自分がサバサバ女子であると周りに認識してほしんだと思います」(T・Nさん)

飲み会で偽サバサバ女子がカクテルを飲む女子をいじりだしたら、サラッと話題を変えて対処しましょう。

サバサバ女子 特徴

 CASE 2:ぶっちゃけどうよ?とデリカシーのない質問

「偽サバサバ女子の中には、何でもズバッと質問できるのがサバサバだと勘違いしている人もいると思います。したがって、相手の気持ちを一切考えず、デリカシーのない質問をしてきます。例えば、『2人目は、まだ?』など、夫婦のプライベートなことも容赦なく聞いてくることも。『私、サバサバしているから、何でも相談して!』と言いつつ、本当は詮索好きで、うわさ話が大好きなんだと思います」(Y・Jさん)

デリカシーのない質問に困ったときは、相手の質問にはっきりと答えず、関連する別の話題にうまく切り替えると、違和感なく対処できます。

あわせて読みたい
▶︎職場の人間関係がうまくいかない…悩んでいる人に試してほしい改善方法まとめ
▶︎仕事の内容よりも大切な【憧れでしかない女性上司の条件】

写真(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事