「私は育児をしながら料理。夫はソファでゴロゴロ。あー、腹が立つ!」【人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE夫婦関係

2020.03.05

「私は育児をしながら料理。夫はソファでゴロゴロ。あー、腹が立つ!」【人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室】

夫や子どものために必死で料理をつくっているのに夫はぼーっとしているだけ。実は野々村友紀子さんも同じ悩みが! 野々村さんの対策法とは?

Tags:

<お悩み>夫の気が利かず、お願いするまでソファでゴロゴロ

私が育児をしながら食事の準備をしていても、言うまでソファでゴロゴロして何もしません。箸を並べたり、子どもにエプロンをつけたりしてくれればと思うものの、毎回言うのも疲れる…。
(33歳・既婚・3歳男児/公務員)

<お答え>今、夫は「ソファでゴロゴロ」をしている最中なんです

「ご飯できたよー」って言ったら、さっと取りに来てほしいですよね。「できたよー」って言ったらテーブルに座るだけ、とか…。

うちも未だにそうです。やっぱり男の人は、ひとつのことをしていたら周りは見えていない。女の人みたいにアンテナを張り巡らせていないっていうか。
だから私はもう察してもらうのは諦めて、「今、彼はソファでゴロゴロ」をしているんだ、と思うようにしています。何もしていないように見えるけど「ソファでゴロゴロに集中しているんだ」と。

心の中では、自分からやってほしいと思っているけど、「ごめん、お箸テーブルに持っていってくれる?」と、いちいち言うようにしています。毎回、お箸使うのわかるやろ、何で食べるつもりやねん。お茶もいるやろ、って思いますよ(笑)。
でも、先回りできないので、これをやっておくとあとがラクっていうのがわからないんです。
これはもう仕方ない(笑)。

どうしても自分からやってくれるようになってほしいなら、ひとつずつ説明するといいかもしれません。「ご飯をつくっているときに、テーブルを拭いてお箸を準備して、子どもにエプロンをつけて…」と流れを紙に書いて説明したらわかってくれるかなあ。

でも、この人は言ったらやってくれるんだからまだましやと思います。言ってもめんどくさがってやらない人や、イヤな顔する人も結構いるんですよ。

取材・文/赤木さと子(スタッフ・オン) 写真/田中麻以

〈あわせて読みたい〉
夫が悪気なく発する〝余計なひと言〟に爆発寸前。やめてもらう方法はありますか?
モラハラ夫にもう限界…。どう対応したらいいでしょうか?
子どものギャン泣き。このご時世、近所がかなり気になります…

画像ALT

放送作家

野々村友紀子

1974年生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)卒業後、芸人として活動しその後現職。バラエティ番組の企画構成などを手掛ける。夫はお笑いコンビ、2丁拳銃の川谷修士さん。中学生と小学生の女の子を育てるワーママでもある。テレビ出演も増加中で、夫の相方への的確なダメ出しが話題に。現在はコメンテーターとしても活躍中。著書に『あの頃の自分にガツンと言いたい』『強く生きていくために あなたに伝えたいこと』(産業編集センター)、『パパになった旦那よ、ママの本音を聞け!』(赤ちゃんとママ社)、『夫が知らない家事リスト』(双葉社)。近著に『夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。』(産業編集センター)オフィシャルブログ「野々村友紀子の目から血出るくらい読んでブログ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事