「コロナが裂いた悲劇の職場愛」研究職女子の憂鬱『あなたはどう思いますか?』 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE夫婦関係

2020.04.03

「コロナが裂いた悲劇の職場愛」研究職女子の憂鬱『あなたはどう思いますか?』

相性抜群の彼と会えなくなった今、思いは募り…。『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、東京で働く女性の恋愛事情をレポート。甘い禁断の果実に潜むリスク…あなたはどう思いますか?

Tags:

あなたに会えないことが、ひたすら苦しい

お話を伺ったのは…

大庭葉子さん(仮名・36歳)。茨城県出身・首都圏内の国立大学卒業、研究職として第一線で活躍(年収800万円)。同じ年の夫(化学メーカー勤務・年収700万円)と結婚8年。東京の郊外にあるファミリーマンションに住む。子どもは6歳の娘。身長160cm、口癖は「私なんて…」の謙虚で古風なぽっちゃり美女。

「したい」けれど、でも…

葉子さんは自らを「性欲が強い」と語る。

「禁欲的な親に育てられたこともあり、性に対する興味は、人一倍強かったんですよ。親の教えもあり、性病と妊娠が怖かった。男性からモテていたにも関わらず、初体験は20歳でした。仮に妊娠したとしても中絶費用が貯まったときに、男女関係を解禁したのです」

実家はテレビドラマなどでキスシーンが出ただけで、チャンネルを変える。葉子さんは12歳のとき初潮を迎えたのだが、そのことを知った父親は「色気づきやがって」と吐き捨てた。

結婚してから関係したのは7人

夫のことは愛しているが、夫だけでは物足りない。

「夫婦生活って、手順とかタイミングがマンネリ化してくる。私が求めているのは、強烈に必要とされて、新鮮な体験ができること。夫は年上だし、そちら方面があまり強くない。だから外に求めてしまうんです。結婚してから今までしたのは7人。誘い方は簡単で、同窓会や部内の飲み会、オフ会、異業種交流会に『女性のコスプレ』をして行くこと。あとはバカなフリをすること。男にマウンティングされても、私は男女関係を求めたい」

ちなみに、『女性のコスプレ』とはピンク、ベージュ、花柄の服を着て、上目遣いに相手の顔を見ることなど。不倫で敬遠されるのは、自立感、モードあるファッションなどだとか。

「イタいと思われても、私はモテるなら、したい男性とできるなら、それでいい」

離婚して結婚したい…そう思う年上の恋人と会えない

葉子さんの不倫パターンは、「落とすように仕向けた男性と短期間」。

「長く交際すると、情が生まれるし、お互いに辛くなるから。相手は既婚者だったり、独身だったりいろいろです。今の恋人は研究所に出入りしている業者の男性で、現在46歳のイケメンメガネ男子です。筋トレが趣味だから、上腕二頭筋が太く、腹筋が割れている。夫とは全く違い、青竹のような勢いの良さで、私に反応してくれるのがうれしくて。離婚して結婚したいと思ったこともありました。本当に彼のことを求めているのに、コロナで出勤できず、今はホントに苦しい。」

彼との恋のきっかけは、誘われるように「仕向けた」飲み会

「私はお酒が強く、かなり飲める。だから恋が始まるときは飲み会。彼はウチの会社に毎日のように出入りしているので、1年くらいかけて距離を縮め、立ち話するところまで持って行きました。それからボディタッチをしたり、6000円くらいするバレンタインチョコを贈ったり……そういう『この女性は絶対に断らない』というアピールは有効」

彼から誘われた飲み会は、職場から遠く、葉子さんの自宅から近い繁華街。

「それに安心して、ガンガン飲んでいたら、腰に来てしまい、彼が介抱してくれました。夫に『飲み会だよ』と事前申告すると『わかった、楽しんでおいで』と娘を見ていてくれる。その日は金曜日で、娘は夫と共に都内の義実家に行っていた。義実家に夫と娘が行くと歓待を受けて、日曜日の午前中まで帰ってこない。それをいいことに、彼に対し『眠い、気持ち悪い』と言いつつ、記憶がないふりをして、てしなだれかかったのです」

私の知性にホレた彼、コロナでリモート以前は、毎日のように…

それ以来、互いに快楽に溺れた。職場で毎日のように顔を合わせ、秘密のアイコンタクトで、愛を確認する日々を過ごしていた。

「彼との符号というか、暗号みたいな会話をして、会社の昼休みに研究所近くに住む彼の家に行ったり、彼のクルマの中で密会したり…。彼はバツイチで、女性からモテるし、ストイックなのですが、それにも関わらず子どももいる私の体を賞賛してくれるんです。『このしっとりとした肌にまとわりつかれると、気持ちよくてたまらない』とかね。産後にたるんだ皮膚がコンプレックスだったけど、その重い気持ちを軽やかにしてくれる言葉を言ってくれるんです」

さらに彼がベッドの中で葉子さんにささやいた「結婚願望まみれの女は嫌いだ」という発言が耳に残る。

「関係が始まったころ、私に対して『その知性にホレた』と言ってくれたり。ホントに私たちは相思相愛なんです。でも、コロナ以前は毎日会えたのに、リモートワークが推奨されてから1週間、彼からの連絡が全くない」

もしかして、他の人と?

彼は女性が好きであることを知っている。だからこそ疑心暗鬼になる。

「いろいろ妄想すると、苦しい。会えないのは仕方がないとして、LINEすらないのが苦しくて、夜中に叫びだしそう。夫からも『最近、何かあったの?』と言われるようになり、このままではヤバいけれど、感情は止められない。リモートワークって、子どものお世話をしながらだと仕事が思うように進まない。そして感情の抜きどころがないんです。ちょっとおしゃべりしたり、同じ目標に向かっている人の気配を感じたりできないから。コロナさえなければ、私と彼は順風満帆の恋人同士だったのに、私の中に彼を疑う気持ちが生まれ、彼の中にも、距離を取るような気持が出てきたのだと思います。誰かに彼をとられたらどうしよう…。彼の筋肉質な胸板を思い出しながら、胸が苦しくなる毎日です」

会えないからこそ思いが募るのだろうが、激情のまま行動し、後悔している人は少なくない。

写真/(C)Shutterstock.com

Writer&Editor

沢木 文

1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。お金、恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』 『不倫女子のリアル』(ともに小学館新書)がある。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事