振り回される女ーとにかくカラダで覚えなさい!【四十路のゴルフこと始め4】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEレジャー

2020.07.04

振り回される女ーとにかくカラダで覚えなさい!【四十路のゴルフこと始め4】

ピッチングウエッジを習ったら、お次は7番アイアンと、いよいよドライバー。ゴルフアレルギーだったDomani副編集長、果たしてコースデビューできるのか?

Tags:

これがあの噂の「ドライバー」!

レッスンは毎回、少しずつ飛距離を伸ばしていき、復習するところからはじまります。パター(2ヤード→10ヤード)→ピッチングウエッジ(20ヤード→30ヤード→40ヤード)。
で、やっとピッチングウエッジ のフルスイング、そして7番アイアン、そしてドライバーへ。

ドライバーをはじめて握った時は、「これがあの噂の!」とうれしかったんですけれども、そんな浮き足立った気持ちも束の間、松澤トレーナーの指導が入ります。

アドレスは、肩幅よりも足幅一束か一足半くらい広くとる。ボールの位置は左足側に。ボールの位置は左足側に。少し前傾姿勢をとり、前傾角度はアイアンよりも浅くなります。振り上げる時(バックスイング)は、グリップエンドをボールに向ける。7番アイアンの時より横に振る。などなどなど。

このあたりでやっとパターのカップインの確率が上がってきていたんですけど、また頭の中が混乱。

思い切りのいい性格が仇に…

そしてどんなときも思い切りよく振ってしまう。
バックスイングは良くてもフォローになるとつい球を見てしまう。


フルスイングになると、このクセがますます強くでてしまいます。打った後に動画を再生すると、クラブに振り回されている自分の姿が。とほほ。

さらにクラブにセンサーをつけて、正面と後ろからフォームをチェックしてもらうのですが、これがまた自分のクセがよくわかる。

下半身を使って、遠心力を利用しながらクラブを振るためには、本当に些細なことが大切なんですね。

トレーナーの松澤さんに「もう少し後ろです。重心を前に…」とほんのちょっとだけ直してもらうと、まっすぐ遠くに飛ぶからアラ不思議。

でも、コースについてきてもらうわけにはいきませんからねぇ。正しいフォームは体で覚えなきゃ。

四十路のゴルフデビューメモ<フルスイング編>

✔︎動画で見ると自分のクセがよくわかる
✔︎振り回される女はダメ
✔︎カラダで覚えるのが一番!

※取材は2月に行われたものです。

40代で初体験。堅く貞操を守ってきたけれど【四十路のゴルフこと始め1】
アプローチは控えめに…肉食アピールは失敗のモト【四十路のゴルフこと始め2】
バス停で傘を振るおじさんって迷惑!と思っていたけれど【四十路のゴルフこと始め3】

Domani編集部

下河辺さやこ

雑誌Domani&WebDomani副編集長。AneCan、Oggi、Domani、Preciousなど仕事をする女性のためのファッション&美容編集者として女ゴコロを深掘りすること四半世紀。Amazonもなかった時代に入社3年目で出産後、連載「産みたい、でも…」などワーキングマザー向けのコンテンツの立ち上げにも携わる。
instagram @sayako_shimokobe

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事