老けゆく自分に嫌悪感…【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.04.26

歳をとるのが怖い!老ける自分に嫌悪感が【働く女性の質問箱】

加齢はだれにでも起こることだけれど、そこに嫌悪感を感じてしまう場合は…。多くの働く女性のカウンセリングを続けてきた、神経内科クリニック院長がお答えします。

Tags:

Q:年をとることに嫌悪感。老ける自分がイヤです

答える人/霜田里絵(銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士)

A:年上のロールモデルを探して向上心につなげて

日本には、特に女性について若さ至上主義の考えがあることは否めません。そんな背景もあって、年齢への嫌悪感を感じてしまうことも、仕方ありません。

ただ、海外に目を向けてみれば、年を重ねることがマイナスではないということは、さまざまな書物で語られています。読みやすいところでは、フランス人女性の生き方を取り上げた本など、いかがでしょう。

こうした本の中でもいいし、現実の生活の周囲の人でもいいし、年上のロールモデルとなる人を探し、自分の向上心につなげるのは有効なこと。私の受けもつ患者さんで、いつも美しく身なりを整えてきれいにしている80代後半、90代の女性たちがいます。こういうふうに生きていきたいと思わされる、憧れの存在です。

アメリカのイエール大学の研究では、年を重ねることを肯定している人は、否定している人よりも8年近く寿命が長かったと発表されています(※)。加齢を悩むよりも、受け入れて前向きでいるほうが、心身ともにいいし、若さを保つことにもつながるといえそうです。

Thinking Positively About Aging Extends Life More than Exercise and Not Smoking(イエール大学 2002年7月29日)

 

写真/Shutterstock.com

銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士

霜田里絵(しもだ さとえ)

医師・医学博士。銀座内科・神経内科クリニック院長。パーキンソン病、アルツハイマー病、脳血管障害、頭痛、めまい、しびれなどが専門。『絶対ボケない頭をつくる!:脳の専門医が教える 元気に、長生きする方法』(学研パブリッシング刊)、『一流の画家はなぜ長寿なのか』(サンマーク出版)ほか著書多数。

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事