たくさん出ている【美白インナーケア】美容エディター目線で選ぶなら? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTY美容

2020.05.29

たくさん出ている【美白インナーケア】美容エディター目線で選ぶなら?

Domani ビジュアル・エディターとして活動中の有田千幸が、最新美白アイテムをご紹介! 今回は忙しいワーキングマザーにおすすめの美白サプリを3つピックアップしてご紹介いたします。

Text:
有田 千幸
Tags:

忙しいママにこそインナーケアをおすすめする理由は…

日焼け止めや化粧品でのシミケアもさることながら、最近注目されているのが、飲む美白ケア。

肌自身が紫外線や老化に負けない力をつけることができれば、日々スキンケアにかける時間も手間もコストも減り、肌にももっと自信をもてるはず。

かくいう私も、バタバタのときにはスキンケアやメークにまで手がまわらないことも多く、インナーケアにはお世話になっている次第。

そこで今回は、肌に透明感を与え、美肌を育ててくれる美白サプリ&お薬もの中から、忙しいワーキングマザーにおすすめしたい3アイテムをピックアップしてご紹介いたします。

● おすすめ その1
国のお墨付き! シミ・そばかすに効く【トランシーノ】

▲ トランシーノ ホワイトCクリア 120錠 [第3類医薬品] (1日2回、約1ヵ月分、120錠)¥2,600 (編集部調べ)

シミへの効果を国から認められた医薬品、それが、第一三共ヘルスケアの「トランシーノ ホワイトCクリア」。シミにもいくつか種類がありますが、紫外線によってできる老人性色素斑、化粧品による炎症後などにできる炎症後色素沈着、そして遺伝などでできるそばかす、これらすべてを薄くする効果があるといえる、いわばシミの総合薬みたいなもの。

最大量配合されている「L-システイン」には、シミの元となるメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、体外への排出を促す作用も。つまりできてしまったシミにも新しいシミにも働きかけてくれるのです。また、食事からだけ摂取しようとすると意外と大変な「ビタミンC」も1000㎎配合。レモン1個分あたりの「ビタミンC」は約20mgといわれていますから、ここは是非サプリにも頼りたいところ。先日美容皮膚科の先生に取材したとき、「ビタミンC」は1日に最低2,000mg!と言われて、正直「無理!」と思ったのですが、錠剤なら簡単!とにもかくにも、製薬会社だからこそのパワフルなお薬なのです。

● おすすめ その2
大人になったら【ファンケル】で美白の方法を見直したい!

▲ ファンケル  ホワイトフォース (1日6粒、約30日分、180粒入り) ¥2,200

「黒色メラニン」と「肌色メラニン」という2つのメラニンのバランスによって決まっている私たちの肌の色。肌の白さをキープするほうの「肌色メラニン」は年齢と共に減ってしまい、放っておくと「黒色メラニン」の勝ち…! なんてことにもなりかねないんです。そうならないようファンケルが見つけたのが、「肌色メラニン」を応援する美白成分「ヒドロキシチロソール」。これをいわゆる “体の素” であるアミノ酸「L-シスチン」と組み合わせものが、この「ホワイトフォース」の主役成分です。

その他にも、肌をつやつやに保ってくれる「ハス胚芽エキス」や、ザ・美肌成分の「ビタミンC」、そして同じく美白にもたるみにも効果が認められている万能成分「ナイアシン」などの若さの秘訣をここぞとばかりに配合。いくつになっても前向きな気持ちで過ごしたいし、鏡を見て落ち込むなんていうことはしたくない。そのための投資が1日¥72なら、すぐにでも取り入れたい!

● おすすめ その3
【資生堂】が厳選した東洋の美容の力で健康ツヤ肌に

▲ 資生堂 ピュアホワイト <タブレット> 240粒(約30日分)¥4,000

目下、中医薬膳学を学んでいる私。勉強を通して改めて実感するのが、人の体と自然界と食べ物は強く結びついていて、生活環境や食べ物次第で、私たちの体は良くも悪くもなるということ。そんな薬膳の世界でも取り入れられる美容成分が多く配合されているのが資生堂の「ピュアホワイト」。

中でも注目は、高い抗酸化作用がある「枸杞の実」。杏仁豆腐の上にのっていたり、スープに散らばされていたり、中華料理では口にすることも多い小さな赤い果実ですが、中医薬膳学の世界では老化防止の食材として知られていて、めまい、ふらつきや目の疲れにもよいとされているスーパーフルーツ。他にも、鮮やかなオレンジ色の実をしていて、次世代のビタミンEともいわれるトコトリエノールを豊富に含んだアブラヤシのオイルや美容パワーで近年さらなる注目を集めるハトムギエキス、それにポリフェノールたっぷりの菊花エキスも。ギュッと凝縮された食薬のパワーで健康維持し続けたい方におすすめの美白サプリです。

外からだけでなく、内側からも整えて、透明感のある肌で夏を迎えにいきましょう。

トランシーノ ホワイトC クリア|トランシーノ|第一三共ヘルスケア
ホワイトフォース ファンケルオンライン
ピュアホワイト|資生堂

▼ あわせて読みたい記事
産後増えたシミどうしたら…実はシミの原因はひとつじゃないって知ってましたか?
美白命の美容エディター有田千幸が絶対しないと誓う4つのこと
いっぱいありすぎ美白コスメ。正直なとこどれがいい?【怪傑木更塾】

画像ALT

ビジュアル・エディター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経てエディターに転身した矢先に妊娠。2019年9月に女の子を出産したばかりの右から見ても左から見ても新米ワー/ママ。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガルではあるものの、 外国語より原稿力の必要性を痛感している今日この頃。chiyuki_arita_official

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事