ストップ胸痩せ!ダイエットしていても美バストをキープするための方法は? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美容

2020.11.10

ストップ胸痩せ!ダイエットしていても美バストをキープするための方法は?

「ダイエットして、胸も痩せてしまうのは嫌だ…」。胸のサイズに自信がない人は、特にそんな悩みを抱えているかもしれません。胸はほとんどが脂肪のため、体が痩せるのとともに胸の脂肪も落ちてしまうもの。ですが、今日ご紹介することを実践するかしないかでは、痩せたあとのバストに大きな違いが出るかもしれません!美しいバストをキープするために、ぜひ試してみてください。

Tags:

【目次】
ダイエットで胸が痩せてしまう!?
ダイエットで胸痩せしない方法はある?

ダイエットで胸が痩せてしまう!?

胸の脂肪も燃焼する

バストの90%は脂肪でできていると言われています。

ダイエットは脂肪を燃焼させる行為なので、体の脂肪を燃焼させようと思うと、どうしても胸の脂肪も燃焼されていくのだそう。

栄養が偏ると胸が痩せてしまう可能性も

また、ダイエットの食事制限などで十分な栄養が摂れないと、女性ホルモンの分泌が低下し、結果胸がしぼんでしまうとも言われています。

無理な食事制限はせずに、正しく食事を管理するのが良いかもしれません。

胸を揺らす運動も注意

バストの「揺れ」は、下垂やバストの型崩れの原因になる可能性もあると言われています。そうなってしまうと、サイズダウンしてしまう可能性が…。

バストをしっかり支える運動用のブラを着用するなどの対策を心がけるようにするのが大事なようです。

ダイエットで胸痩せしない方法はある?

筋トレも同時に行う

例えば胸の筋肉をつける筋トレは、バストを支えるための筋肉を鍛えることができると言われています。

食事制限だけで運動不足になるようなダイエットを行えば、筋力が低下して胸が垂れてしまう可能性も。これによって余計に小さく見えてしまうかもしれないため、ダイエットをするときはバストアップ効果のある筋トレも適度に行うと良いかもしれません。

筋トレも同時に行う
\バストアップ効果が期待できる筋トレ/

1. うつ伏せの状態で肘を90度に曲げ、バストトップのラインに手を置く。
2. 体を持ち上げて、頭からかかとまでを一直線にする。
3. 体をゆっくりと床近くまで下ろす。

スマホの歩数計を見て驚愕!在宅勤務の運動不足に自宅で簡単トレーニング

姿勢を良くする

姿勢を良くする
サロンオーナーの中野祐子さんによれば、姿勢の悪さはバストの形やボディラインに大きく影響すると言います。

「皆さんが普段無意識でしている前傾姿勢。最近は電車などでスマホを見る時にしている女性が多いなと感じます。しかし、私たちも仕事も家事も子育てもすべてがこの姿勢になりがちですよね。

肩が内に巻き込み、頭が前に出てバストの位置は下がり、お腹は潰れる。逆に、背面は背骨が曲がり、肩甲骨が開き、内に入っている肩は後ろから見ると肩が上がって大きな負担をかけている状態。長時間この姿勢をしていると、体が丸まる力が強まって、筋肉が緊張状態に。伸縮性を失い、硬くなって、体の可動域が狭まります。さらに疲労も溜まり、代謝が落ちて、脂肪も付きやすくなる。潰れたバストは下垂しウエストや捻じれた二の腕は太く見えてしまう。背中がガチガチに固まり、丸くムッチリ大きく、首は短く太くなり顔まで大きく見せてしまいます。改めて並べてみたら悪影響ばかり…。」(中野さん)

\正しい姿勢の作り方/

姿勢を良くする
姿勢を正すポイントは、1本の紐で引っ張られているイメージを持つことだそう。

「姿勢を正す時のポイントは、身体の力を抜いた状態で頭の先から1本紐で引っ張られるイメージで背筋をまっすぐ伸ばし、骨盤を立てます。この時深い呼吸ができるかが大切です。お腹が潰れていたり、巻き肩になっていると肺が圧迫され呼吸が浅くなってしまいます。姿勢を正す時に体が力んでしまうと反り腰になったり肩に力が入り腰痛や肩こり、疲労の原因になるので力を抜いた状態で姿勢を正すように意識してくださいね。」(中野さん)

ダイエットをしているしていないに関わらず、悪い姿勢はバストの形が崩れたり垂れたりする原因になるのですね。正しい姿勢は、美バストをキープする上で必須だと言えそうです。

産後の体型崩れが止まらない。その理由は日常のアレ!

自分のバストに合った下着をつける

自分のバストに合っていない下着は、バストが崩れる原因になると言われます。ダイエットだけでなく、女性は加齢によってもバストの形や柔らかさが変化します。

ブラジャーが体型の変化に合っていない場合は、買い替えを検討するタイミングかもしれません。

\ブラジャーのチェックポイント/

自分のバストに合った下着をつける
1:カップの上辺が浮いたり食い込んだりしていないか。
2:前中心が浮き上がっていないか。
3:アンダーバストが苦しかったりずれ上がったりしていないか。
4:ストラップがズレたり食い込んだりしないか。
5:バージスライン(バストの底辺)のワイヤーが食い込んだり、当たったりしていないか。

おっぱいだって加齢する!【40代のブラ選びは30代と変えなくちゃ】

下着を正しく着用する

自分のバストに合った下着を選ぶことも大切ですが、正しい着用方法もチェックしておきましょう。

\正しいブラジャーの着用方法/

下着を正しく着用する
肩にストラップをかけたら体を倒し、ブラジャーのワイヤー部分をバストとボディの境目、パージラインに合わせる。バストをカップの中に入れたら、前かがみのまま後ろのホックを留める。

下着を正しく着用する
さらにそのままの姿勢で、右手で右のカップのストラップの付け根を少し浮かせ、左手で右側のバスト全体を包んでやさしく持ち上げる。

下着を正しく着用する
体を起こしたらストラップの長さも調整する。ストラップと肩の間を、指1本がスーッと通るくらいがちょうどいい長さ。反対も同じように行ったら完了!

自分のブラのサイズ知ってる?在宅でも買える【正しいブラの選び方】

バストマッサージを行う

簡単にできるバストケアを、中野さんに教えてもらいました!

\自分でできる3ステップバストケア/

バストマッサージを行う
手をグーの状態で、内側から外側に向かって、円を描くようにしてほぐしていく。

バストマッサージを行う
次に、指4本を脇の下に入れ込んでしっかりと掴んだら、息を吐きながら内側に寄せる。息を吸いながら戻し、また吐きながらさらに内側へ寄せて。これを全部で5回繰り返す。

バストマッサージを行う
最後は片手でバストを支えて、上に押し上げながら反対の手でまあるく円を描くように形を整える。できればお風呂上がりに、バスト専用のクリームを使用して行って。

顔の老け見え&疲れ見えは顔のせいじゃない!? 原因はバストにあった!【知っておきたいセルフバストケアの方法】

乳腺に効くツボ押しケアもおすすめ

育乳専門サロンbe-conに、自宅でできるバストケアの方法を教えてもらいました!

\乳腺に効く「天渓(てんけい)」のツボ押し/

乳腺に効くツボ押しケアもおすすめ
「天渓」のツボは、脇から下に伸びる線と、バストトップから脇にかけて伸びる線が交わるところ。ここをグーにした手の人差し指、中指、薬指の第二関節の山でグリグリと押す。慣れてきたら、天渓からバスト側へ乳腺を流すイメージでグーを移動させて。左胸は左手で、右胸は右手で行うのがGOOD。

垂れ乳に悩みながらブラキャミをつけてるそこのアナタ。マジでヤバいんですってば!【噂のサロンでバストケアについて聞きました】

メイン画像・アイキャッチ画像(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事