ママたちの間で超話題のスポット!「こども本の森 中之島」ってどんなとこ? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEお出かけ・レジャー

2020.11.02

ママたちの間で超話題のスポット!「こども本の森 中之島」ってどんなとこ?

コロナ禍ではありますが、子どもたちと既に3回は訪れている図書施設「こども本の森 中之島」。思わず本を読みたくなる、魅力満載の図書施設なのでご紹介します!

Tags:

「こども本の森 中之島」ってどんな場所?

コロナ禍でなかなかお出かけのできない日々が続いていましたが、久しぶりに子どもと一緒にとある図書施設へ行くことに。それが今回ご紹介する「こども本の森 中之島」です。

※出入口にはコロナ対策として、アルコール消毒液の設置もあります。来館前には予約必須。

こちらは、建築家の安藤忠雄氏が大阪市に寄附をして建てられた図書施設。施設内には、こんな感じで本がズラーっと並んでいます。

幼年童話、児童文学、小説、各分野の図鑑、自然科学書、芸術書など様々なジャンルの本が面白く陳列されていて、ついつい読んだ事のない本を、子どもから大人までが手にとってしまう仕組みになっています。

こちらがこの図書施設のおすすめポイント「言葉の彫刻」。本の中から印象的な短文を抽出して展示しているのだそう。この一文がとっても魅力的で、思わずどの本かな?と読み始めるきっかけにもなります。

息子もすっかり本に釘付け。本の陳列スペースに椅子もあったりと、その場で読めるのも嬉しいところ。現在は、感染症対策として、読み終わった本は返却用ボックスに入れるというルールになっています。毎回スタッフの方が除菌してくれているので安心して本を読むことができます。

また、館内には休憩室もあり、映像作品の上映も行われています。

中央公会堂から近く、川沿いに面しているため図書施設からのロケーションも最高です。

エントランスには安藤忠雄氏による大きな青いリンゴのオブジェも。せっかくなので家族で写真を撮ってみました。

我が家はすでに3回も行ってしまったほど、お気に入りの場所に。現在は、来館前に事前予約が必須となっているので、ご注意を。

こども本の森 中之島

画像ALT

Domanist

住岡 靜

2児(ともに男児)の母・看護師。大阪育ち。看護学校を卒業後、国立の医療機関に就職。現在は小児科のクリニックでフルタイム勤務をしながら、保健師としても活躍できるよう、就職活動中。着物の着付けが得意。
IG:https://www.instagram.com/chiiii_suuuu/

あわせて読みたい
▶︎芸術鑑賞の新しい楽しみ方。〝Bunkamuraチャレンジ〟【ワーママのカルチャー部】
▶︎電車好きの子供も大興奮!鎌倉の絶品隠れ家レストラン【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事