【この冬のトレンドメイク】リップやアイシャドウは何色がいい?旬メイクを解説! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2021.01.10

【この冬のトレンドメイク】リップやアイシャドウは何色がいい?旬メイクを解説!

そろそろむかえる寒い時期。メイクだって冬に衣替えしたいところ。でも、今年の冬はどんなメイクがトレンド?リップやアイシャドウは何色を持っておけばいい?そんな冬メイクの準備を進めたい女性のために、今年の冬のトレンドメイクのやり方を解説しました。冬におすすめの旬コスメもぜひチェックしてみてください。

Tags:

【目次】
2020年のトレンド冬メイクのやり方
何色が旬?この冬試したいアイシャドウ
冬の乾燥を防ぐおすすめ下地やファンデーション

2020年のトレンド冬メイクのやり方

最新のメイクやヘアのトレンドを予測している資生堂ビューティークリエイションセンターが行っている「ビューティートレンド研究」では、2020年秋冬のメイクアップは「洗練された本質的な美しさ」に着目するそう!

シンプルでスタイリッシュな印象がトレンド!「ヌーディーカラーのワントーンメイク」

ベースメイク

トーンアップする下地を顔の中心になじませたら、ファンデーションで肌の色ムラを整えて。ブラシでフェイスパウダーをのせ、最後はチークをオン。

イエローベースはコーラル系のベージュ、ブルーベースはピンク系のベージュをチョイスし、顔立ちに合わせてほんのりとぼかし広げるのがGOOD!甘さをおさえたヘルシーな印象に。

アイメイク

アイカラーは肌なじみのよいベージュをチョイス。上まぶた全体にのせて。さらにブラウンのアイカラーをブラシでアイホール1/3を目安にぼかし、最後は眉頭下のくぼみに沿ってブラシを動かし影を作って自然な骨格感を。

下まぶたにはハイライト効果のあるベージュカラーを全体にぼかし、アイラインはブラウンカラーで上まつげ生え際を埋めて。マスカラは上下に塗布し、眉は下のラインをリキッドやペンシルで強調し、太めのストレートに。これで目元に立体感とメリハリが生まれます。

リップ

リップはベージュをチョイス。まずはブラウンのリップライナーでベースを作ったら、リップブラシを使ってベージュのリップを塗って。このとき輪郭をきっちりとって塗るのが◎。こうしてベージュのリップを上から重ねることで、ブラウンだけよりもまろやかで優しい印象になります。

パーソナリティを重視した本質的な美しさがトレンド!「繊細でクリーンなメイクアップ」

パーソナリティを重視した本質的な美しさがトレンド!「繊細でクリーンなメイクアップ」

ベースメイク

小鼻など皮脂をおさえたい部分には皮脂崩れ防止の下地、その他はツヤを活かす保湿力の高い下地を使用。ファンデーションで肌色を整えたら、目頭のくぼみ、頬骨の高い位置、上唇の山にハイライトを仕込んで、ナチュラルなツヤ肌を演出して。

チークは赤みのあるカラーをふんわりとぼかし広げ、自然な血色感をプラス。上からハイライト系のパウダーを重ねれば、色持ちと輝きをプラスしてくれます。

アイメイク

アイカラーは透け感と輝きのある色をまぶた全体にぼかし広げ、まつ毛はしっかりと根元からカールさせて。アイラインはまつ毛の間を埋めるように細めに描いたら、目尻はやや太めに水平気味に引きましょう。

マスカラベースとマスカラを丁寧に塗って、まつ毛をキレイにセパレートさせることが大切。コームはマストアイテムです。眉は眉山があってすっきりと整えられた形に描くと、気品ある印象に仕上がるはず。

リップ

まずはリップペンシルで唇の色ムラを補正。さらに上唇の谷を浅く描いて、ふっくらとした形の唇に。カラーは唇の内側の粘膜の色に合わせたローズ系をセレクトし、質感はツヤ肌との相性もいいソフトマットなもので落ち着いた印象に。

秋冬の顔はこうつくる!2020秋冬のトレンドメイクアップ&ヘア速報

何色が旬?この冬試したいアイシャドウ

パル ファン・クリスチャン・ディオール|サンク クルール クチュール 689

パル ファン・クリスチャン・ディオール|サンク クルール クチュール 689
¥7,600

アロエベラエキスとパインオイルがたっぷりと配合された、生パウダーのようなクリーミーな質感のアイシャドウ。ほんのりと湿度を帯びた光沢で、センシュアルな目元に。派手すぎないのに華やかなコッパーブラウンのグラデーション。

まるでしっとりと濡れた紅葉のような大人の色!今ドキ見えする秋色パレット

SHIRO|カレンデュラアイシャドウリキッド

SHIRO|カレンデュラアイシャドウリキッド
(左から)0I01 モスグレー/0I02 モーヴフィグ/0I03 サニーカッパー/0I04 スプラウトイエロー ¥3,500

目元を保湿しながら、繊細なツヤと輝きで彩るアイシャドウ。ひと塗りで魅力的なアイを演出するから、マスクが欠かせない毎日にピッタリ。暑さが残る秋口から保湿を心がけたい冬にかけても、美しい発色を楽しめる。

美容のプロにもファンが多い【SHIRO】の気になる秋の新作コレクション

カネボウ|アイカラーデュオ

カネボウ|アイカラーデュオ
13 Epic Canyon ¥2,300

カネボウ|アイカラーデュオ
14 Bloody Mary ¥2,300

カネボウ|アイカラーデュオ
15 Midnight Parade ¥2,300

計算されつくした2色がセットになったアイカラー。色味だけでなく質感や光の対比によって、意志のある印象的な目元に。肌に溶け込むようになじむ、しっとりとしたテクスチャーもGOOD。

印象的な目元がつくれると人気の【カネボウ】「アイカラーデュオ」新6色を全部見せ!

冬の乾燥を防ぐおすすめ下地やファンデーション

エトヴォス|ミネラルインナートリートメントベース

エトヴォス|ミネラルインナートリートメントベース
SPF31 PA+++ 25mL ¥4,500

乾燥小ジワも目立たなくなる、使うほどにしっとりとうるおうエトヴォスの化粧下地。肌なじみがよい美容液のようなテクスチャーで、もっちり感のある肌に。セラミドの中でも肌との親和性や、角層までの浸透力が高いと言われているヒト型セラミド配合なので、環境の変化やストレスにも負けない肌づくりが期待できる。

シンプリス|UVモイスチャライザー

シンプリス|UVモイスチャライザー
SPF25・PA++ ¥4,600

光によるソフトフォーカス効果で、肌の凸凹やエイジングサインをぼかしつつ、スキンケアの延長線上のようなしっとりテクスチャーで、肌のうるおいを長時間キープ!乾燥や大気中の汚れなどの外的環境から肌を守ってくれる。

妊娠中の敏感肌におススメの下地がありました!【有田千幸のプレママ美容日記】

セルヴォーク|インテントスキン スティックファンデーション N

セルヴォーク|インテントスキン スティックファンデーション N
全4色 (画像の色は102) ¥4,800

肌にするすると伸びて密着するスティックタイプのファンデーション。マスクの中でもヨレたり浮いたりせず、しっとりしているのに、肌の表面はさらり。うるおい成分であるアルガンオイル、マカデミアナッツオイル、擬似セラミド、さらに抗菌効果があるカミツレ花エキス成分配合で、肌荒れにもGOOD。毛穴やニキビ跡などの凸凹肌もケアしてくれる、メイク直しにもぴったりな逸品。

乾燥に打ち勝つ! マスク生活の今冬選ぶべきファンデーションは!?

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事