季節の変わり目のモヤモヤを一掃する浄化のレシピ【MARIのおうちでできるスピリチュアルハワイ】 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.02.21

季節の変わり目のモヤモヤを一掃する浄化のレシピ【MARIのおうちでできるスピリチュアルハワイ】

ハワイ在住のヒーラー・MARIによるハワイの注目スポットをはじめ、運気アップ法をお届け!

Tags:

みなさま、こんにちは。ハワイ在住のヒーラー・MARIです。これから春に向けて少しずつ暖かくなり、気分も上がっていくことと思います。でも、季節の変わり目は、体調を崩したり、肌が荒れたり…と、体もお肌もゆらぎやすい時期でもあるので、気をつけてくださいね。そしてゆらぐのは、体だけじゃありません。季節の変わり目は、“気”も揺らぎやすいのです。

季節の変わり目の“気”のゆらぎにご用心!

気がゆらぐと、「なんとなくやる気が出ない」とか「なんとなく体がだるい」とか「なんとなくツイてない」とか…、なんとなくモヤモヤした状態になります。モヤモヤを抱えていらっしゃるお客様も多いのですが、ヒーリングをしていると、どうしてもその気のゆらぎが部屋や私自身に伝染しやすくなります。そのままにしておくと、ほかのお客様にも自分自身も同じ状態になってしまうので、“浄化”が欠かせません。みなさんも、気のゆらぎを感じたら、ぜひ浄化してみてください。今日は、私が実際に毎日おこなっている浄化法をお伝えしますね。

1.ホワイトセージを炊く


ホワイトセージはネイティヴアメリカンの人々が、神聖な場所を浄化する際に使っていたもの。そこにいる人や空間はもちろん、煙に触れるすべてのものを浄化できるといわれています。特に気が乱れている場所では、煙が多く出るんですよ。余談ですが、常夏のハワイはゴキブリなどの虫が多いんです。虫たちはホワイトセージの香りが苦手なのか、毎日ホワイトセージを炊いている私の部屋には虫が一切出没しません。

2.盛り塩をする

盛り塩とは、塩を三角錐に盛って、玄関や部屋の中に置く、奈良・平安時代からの風習で、厄除け、魔除け、邪気払いの意味があります。飲食店などで目にすることもあるかと…。塩が、悪い気を吸収して、空間をクリアに整える効果があるんです。部屋がクリアになると、いい波動と繋がりやすくなります。悪い気を吸った塩を放置しておくのは厳禁!塩は一週間ほどで交換してくださいね。以前ご紹介した私がプロデュースしているハワイアンソルトも浄化の効果が高いので、よかったらお試しくださいね。

気のゆらぎは、運気の低下、心身の不調の原因に。明らかに体調が悪いときは、クリニックでの受診がマストですが、モヤモヤが気になるときは、ぜひ一度浄化をお試しくださいね。

それでは今日はこの辺で。

ヒーラー

MARI

ハワイ在住のヒーラー。数秘学、タロット、四柱推命、風水学、手相などを組み合わせたオリジナルのセッションは「当たる! 元気になる!」と、スポーツ選手やタレントなど、日本のセレブにもファンが多数。
MARI HP

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事