バスマットのおすすめ8選|吸水性や速乾性に優れた素材は? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.03.19

バスマットのおすすめ8選|吸水性や速乾性に優れた素材は?

バスマットにはさまざまな素材が使われているため、どれを選べばよいか迷う人もいるのではないでしょうか?主な素材や特徴、選び方のポイント、素材別のおすすめ商品をご紹介します。

Tags:

【目次】
バスマットに使われている素材
選ぶときのポイント
綿のおすすめバスマット
麻のおすすめバスマット
化学繊維のおすすめバスマット
珪藻土のおすすめバスマット

バスマットに使われている素材

バスマットに使われている素材は、主に4種類あります。使用される素材ごとに、どのような特徴があるのかご紹介します。

バスマット おすすめ

(C)Shutterstock.com

綿

衣類にも使われている綿は、肌への刺激が少なく肌触りが心地よいのが特徴。子どもや敏感肌の人でも安心して使いやすい素材です。

吸水性が高く洗濯しやすいのもメリットですが、乾きにくく縮みやすいという面も。厚手のものは1日で乾かないこともあるため、予備が必要になる場合もあるでしょう。また、裏に滑り止めが付いていないものが多く滑りやすいため、注意が必要です。

綿のバスマットは、織り方によって吸収力や肌触りが異なります。糸がループ状になっているのが一般的で、ループが大きめの方がソフトな肌触りです。しかし、爪が引っかかりやすいという面もあります。ループが短く密集しているタイプは硬めの感触ですが、丈夫で長持ちするのがメリットです。

麻は、吸水性・速乾性・通気性・発散性に優れているという特徴があります。丈夫なので洗濯しても型崩れしにくく、長持ちするのもメリットです。

ただし熱に弱いため、乾燥機の使用には不向きなことや、シワになりやすいという点には注意が必要です。裏に滑り止めが付いていないものが多く、滑りやすい点にも気をつけてください。

染まりにくい素材のためナチュラルな印象のものが多いのも特徴で、どのようなインテリアにも合う色合いが魅力です。

化学繊維

化学繊維は、他の素材と比べて吸水性や速乾性に優れているのが特徴です。洗濯後も乾きやすいため、薄いタイプから厚いタイプまで種類も豊富。軽いので干しやすいというメリットもあります。裏に滑り止めが付いているものが多いのも、おすすめポイントです。

化学繊維といっても、実際にはさまざまな素材があります。ポリエステルは良心的な価格が魅力ですが、静電気が起こりやすく汚れが付きやすいという性質があります。保温性が高いアクリルは、寒い時期に使いやすい素材です。マイクロファイバーは吸水性や速乾性が高いのがメリットですが、熱に弱く劣化しやすいという面もあります。

珪藻土

珪藻土は、吸水性と速乾性に優れており、水分をサッと吸い取り短時間で乾くのが特徴。人数が多い家庭でもジメジメせず、心地よく使えるのがメリットです。

カビや臭いが付きにくく、頻繁に洗わなくても清潔に保ちやすいのも魅力といえます。ただし、恒久的に手入れが不要というわけではなく、吸水性が低下したらヤスリをかけてメンテナンスする必要があります。

重くて割れやすい点には要注意です。割れてしまうと修復できないため、丁寧に扱う必要があります。

選ぶときのポイント

数ある商品の中から満足のいくものを選ぶには、どのような点を考慮したらよいのでしょうか?選ぶときに着目したいポイントをご紹介します。

バスマット おすすめ

(C)Shutterstock.com

大きさは人数と場所に合わせる

販売されているバスマットには、さまざまなサイズがそろっています。サイズ選びに迷ったときは、使う人数と脱衣所の広さに合うものを選ぶことが大切です。例えば、大人数なのに小さいサイズを選んでしまうと、すぐにマットがびしょ濡れになってしまいます。また、大きすぎるものは場所を取るため、脱衣所にうまく敷けない可能性も。

サイズを選ぶときは、洗濯のしやすさや乾かしやすさなど、日ごろの手入れも考慮しましょう。特大サイズのマットは大人数でも快適に使いやすいですが、洗濯しづらいことやなかなか乾かないといった面もあります。長所・短所をよく考慮して、自分の家に最適なものを選ぶようにしましょう。

機能性をチェックする

バスマットは毎日のように使うため、耐久性に優れているものがおすすめです。また、大人数で使用する場合は、吸水性や速乾性に優れたものを選ぶと快適さが増します。洗濯や乾燥にも手間がかからず手入れが簡単です。

毎日のように濡れるバスマットはカビや臭いが発生しやすい環境になるため、防カビや抗菌加工がされているタイプもおすすめ。裏に滑り止めが付いているものは滑りにくいため、子どもやお年寄りがいる家庭でも安心して使えます。床の冷たさを感じやすい冬場には、厚みやクッション性があるタイプを選ぶと快適です。

綿のおすすめバスマット

綿のバスマットは種類が豊富なため、自分好みの色やデザインが見つかりやすいのが魅力。数ある商品の中から、おすすめを2つピックアップしました。

ヒオリエ「制菌 ホテルスタイル バスマット」

約40×62cmの「制菌 ホテルスタイル バスマット」は、厚みがあるソフトな肌触りと吸水力の高さが魅力です。抗菌防臭加工がされているため、長時間快適に使用できます。

オフホワイト・ベージュ・モカ・ピーチブロッサム・ラベンダー・ティーグリーン・ホテルブルーと7色が展開されており、カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイントです。バスタオルやフェイスタオルとコーディネートすれば、高級ホテルのようなぜいたくな空間に。また、異なる色のセットを用意すれば、毎日違った雰囲気を楽しめます。

洗濯機で気軽に洗えて清潔に保ちやすいことや、耐久性に優れ毎日の洗濯でも型崩れしないこともメリットです。

バスマット おすすめ

商品名:ヒオリエ「制菌 ホテルスタイル バスマット」

イデアゾラ「ナチュラルタイム ドットバスマット」

45×65cmと使いやすいサイズの「ナチュラルタイム ドットバスマット」。凸凹のドット模様がアクセントになったデザインで、シンプルなカラー展開のため飽きずに長く使えるアイテムです。品質の高さに定評がある今治タオルで、プレゼントとしてもきっと喜ばれるはず。

程よい厚みで洗濯がしやすく、清潔に保ちやすいのもポイント。パイルの密度が高く丈夫なため、毎日のように洗濯をしても劣化しにくく長持ちします。角に付いているタグテープを使って、壁のフックなどに掛けて乾かせるのもおすすめポイントです。

バスマット おすすめ

商品名:イデアゾラ「ナチュラルタイム ドットバスマット」

麻のおすすめバスマット

ナチュラルで優しい風合いが魅力の麻は、どのようなインテリアにもマッチしやすいのが魅力です。おすすめの商品を2つご紹介します。

リンカサ「バスマット」

「リンカサ」は、リトアニアのアパレル繊維産業協会に加盟しているメーカーです。ヨーロッパリネン連盟の「マスターオブリネン」に認定されていることからも分かる通り、質の高い商品を提供しています。

バスマットは優しい風合いのストライプ柄で、使い込むほど風合いが増していきます。丈夫で耐久性に優れた素材のため、毎日のように洗濯をしてもへたりにくく長持ちするのも◎。速乾性が高く50×70cmと大きめサイズなので、大人数で使う家庭にもおすすめです。

バスマット おすすめ

商品名:リンカサ「バスマット」

フォグリネンワーク「マッサージバスマット」

麻専門店が作っているアイテムとして知られている「マッサージバスマット」。漂白や脱色をしておらず、素材そのもののナチュラルな風合いが特徴です。幅広いインテリアに合わせやすいデザインのため、贈り物としてもおすすめ。

縁には綿素材が使用された洗濯しても型崩れしにくい仕様で、2つの素材が作る色のコントラストによっておしゃれな印象に。端にタグテープが付いており、壁のフックなどに掛けておくことも可能です。使わないときや、使った後にサッと乾かしたいときにも便利。

バスマット おすすめ

商品名:フォグリネンワーク「マッサージバスマット」

化学繊維のおすすめバスマット

使いやすい化学繊維のバスマットの中から、おすすめの商品をご紹介。アクリルとマイクロファイバーのものを1つずつピックアップしました。

オカ「乾度良好 Dナチュレ バスマット」

「乾度良好 Dナチュレ バスマット」は、高級ホテルのマットのように厚みのある、ふわふわとした感触が人気。長年使われ続けているロングセラー商品です。アクリル100%で、サイズ展開が豊富なのも人気の理由。50×80cmのマットは大人数でも快適に使え、洗濯や乾燥にも手間がかからないサイズです。

特殊構造繊維を採用しており、即時にたっぷりと吸水し拡散。次に使う人にもサラッとした感触が続きます。また、抗菌防臭加工がされており、洗濯を繰り返しても効果が続くため、不快な臭いに悩まされることなく快適に使えるのもポイントです。

バスマット おすすめ

商品名:オカ「乾度良好 Dナチュレ バスマット」

山崎産業 「マイクロファイバーバスマット SUSU」

「マイクロファイバーバスマット SUSU」は、特許を取得している独自の技術による、約500mlの水分を吸収できる吸水力が特徴です。吸水と同時に水分を蒸発させるため、次の人もサラサラで心地よい状態で使えます。大人数の家庭でも、バスマットを何枚も用意する必要がありません。

抗菌防臭加工がされているため、カビやいやな臭いを防いでくれるのもポイント。他の衣類と一緒に洗濯機で丸洗いもでき、洗濯しても抗菌防臭効果が続くため清潔に保てます。

バスマット おすすめ

商品名:山崎産業 「マイクロファイバーバスマット SUSU」

珪藻土のおすすめバスマット

珪藻土は、手入れが簡単なことから人気が上昇しているバスマットの素材です。おすすめ商品を厳選してご紹介します。

宇部興産建材「なのらぼ 足快バスマット レギュラー リバーシブル」

「なのらぼ 足快バスマット レギュラー リバーシブル」は、吸水スピード・吸水率・速乾力・調湿性の高さに定評がある人気の商品。通常の約2倍の吸水力と、1/2の時間で乾く速乾力が特徴です。悪臭の元になる成分を吸収・分解し、無臭化してくれるのもポイント。また、菌を通さない微小の穴があいている素材のため、カビやダニの発生も予防してくれます。

洗濯の必要がなく、使用後は立てておくだけで清潔に保てるのも珪藻土の便利なポイントです。吸水力が低下したときは、クレンザーを使用して表面に付着した汚れを落とすだけなので、手入れも手軽。また、リバーシブルで使用でき、片側が劣化してきたら裏側を使うことができます。

バスマット おすすめ

商品名:宇部興産建材「なのらぼ 足快バスマット レギュラー リバーシブル」

ソイル「珪藻土 バスマット ライト」

「珪藻土 バスマット ライト」は、江戸時代より左官業を営んでいるメーカーによる商品です。素材の特徴や性質を知り尽くした、高いスキルを持つ職人によって作られています。吸水性・消臭性・調湿性に優れており、心地よく使えるバスマットです。

自然な色合いを残した風合いの見た目や、手触りのよさにも定評があります。着色料などの添加物を使用していないため、子どもやアレルギーの心配がある人にも安心。1.8kgと軽量で、女性でも扱いに苦労しません。また、扱いやすい1cmの薄さでありながら、丈夫で耐久性に優れているのもおすすめポイントです。

バスマット おすすめ

商品名:ソイル「珪藻土 バスマット ライト」

こちらの記事もたくさん読まれています

お風呂上がりの足に気持ちいい! バスマットは「珪藻土」派増えてます【バスルーム名品】
時短!清潔!美しく!ママにも子どもにも優しい♡超絶便利なバスルーム名品5選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事