ベビー布団のおすすめ11選|赤ちゃんにはどんな布団が最適? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.02.18

ベビー布団のおすすめ11選|赤ちゃんにはどんな布団が最適?

赤ちゃんが生まれると赤ちゃん専用の生活品が必要になります。その中の1つがベビー布団ですが、赤ちゃんが使う布団は大人用とは選び方が違うのでしょうか?赤ちゃんに最適な布団の特徴や、ベビー布団のおすすめをご紹介します。

Tags:

【目次】
ベビー布団はどうして必要なの?
サイズは2種類
掛け布団の素材
ベビー布団選びのポイント
綿のおすすめベビー布団
羽毛のおすすめベビー布団
ポリエステルのおすすめベビー布団
ミニサイズのおすすめベビー布団

ベビー布団はどうして必要なの?

赤ちゃんの時期だけしか使用しないベビー布団は使える期間が短く、その必要性について悩む人も多いかもしれません。しかし赤ちゃんのためには、ベビー布団を使った方がよい理由があります。ベビー布団が必要になる理由をご紹介します。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

赤ちゃんの睡眠と成長をサポートするため

ベビー布団は、赤ちゃんの睡眠と成長をサポートするために必要なものとされています。生まれてからしばらくの間、赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。睡眠中は、起きている間に経験した情報を脳内で整理する時間。質のよい睡眠を取ることは、健やかな成長につながります。

ベビー布団と大人用の布団の大きな違いは、敷布団が固めである点です。固めの布団は、赤ちゃんが寝ている間に体が沈み込みすぎるのを防ぎ、適切な姿勢をサポートします。掛け布団は軽く、赤ちゃんを圧迫しないように工夫されています。

多くの時間を布団の上で過ごすことを考えれば、赤ちゃんにとっての寝心地の良さや安全性を考えてベビー布団を選んであげることが大切です。

サイズは2種類

ベビー布団のサイズはレギュラーサイズと、さらに小さいミニサイズの2種類です。それぞれの大きさと特徴をご紹介します。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

レギュラーサイズ

レギュラーサイズは、70×120cmが一般的です。レギュラーサイズは身長100cmくらいまでは使用できるため、3~4歳くらいまでが使用期間になります。保育園や幼稚園ではお昼寝する時間がありますが、その際にも使いやすいサイズです。

レギュラーサイズは使える期間が長く、種類が豊富で、布団カバーやシーツなどの選択肢もたくさん。ただし、ミニサイズに比べると設置スペースが必要なため、使用する場所を考えて選ぶのが大切です。

ベビーベッドの内寸の多くはレギュラーサイズですが、事前にしっかり確認してベッドに合ったサイズの布団を選びましょう。

ミニサイズ

新生児~生後半年くらいまでの期間で使用しやすいのが、ミニサイズのベビー布団です。大きさは60×100cmで、大きな設置スペースが必要ありません。コンパクトで軽いため、移動も簡単にできます。

ミニサイズは小さめなので、使える期間が短いのがデメリットです。成長するにつれ、腕や足が布団からはみ出るのが気になってくるかもしれません。成長の度合いによっては、半年まで待たずに使えなくなるケースもあるでしょう。

里帰り出産の場合は、実家ではミニサイズ使用し、戻ってからはレギュラーサイズを使うなど、2サイズを使い分ける方法もあります。

掛け布団の素材

布団に使用される素材はいろいろありますが、ベビー用の掛け布団では、どのような素材がおすすめなのでしょうか?掛け布団に使われる主な素材と、それぞれの特徴をご紹介します。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

肌への刺激が少ない綿

赤ちゃんのデリケートな肌におすすめなのが、刺激が少ない綿素材です。肌触りがよく軽いため、赤ちゃんに負担がかかりにくいとされます。農薬・肥料の基準を守って栽培されたオーガニックコットンが使用されているベビー布団も多く、肌の弱い赤ちゃんでも安心して使用できます。

吸水性、吸湿性に優れているため、赤ちゃんの汗をしっかり吸収してくれるのもメリット。価格は羽毛布団に比べてリーズナブルで、セットでそろえてもそれほど高額にはなりません。洗った後に乾きにくいのがデメリットのため、湿気が残らないようにしっかり乾かしましょう。

軽くて蒸れにくい羽毛

羽毛布団は軽くて蒸れにくいのが大きなメリットです。吸水性、通気性が高く、1年中さらっとした寝心地で、赤ちゃんも快適に過ごせます。羽毛の間に空気を含むため薄くても暖かく、冬でも赤ちゃんが快適に眠れる布団です。

羽毛布団は自宅で簡単に洗濯できない製品もありますが、最近は丸洗いできるタイプも増えてきました。赤ちゃんの布団を清潔に保つには、洗える素材を選ぶと◎。多くのメリットがある羽毛布団ですが、綿やポリエステルと比較すると高価になるのがデメリットといえます。

手入れが簡単なポリエステル

洗濯機で丸洗いできる製品が多く、手入れが簡単なのがポリエステル素材のベビー布団です。赤ちゃんは吐き戻しなどで布団を汚してしまうことも多いため、清潔に保てるのは大きなメリットになります。洗った後も乾きやすいため、毎日の使用が楽になるはず。綿や羽毛に比べてリーズナブルで、気軽に購入できるのもポイントです。

ポリエステルは、軽さはあるものの、綿や羽毛に比べると通気性には劣ります。肌着やカバー、タオルケットなどを工夫して通気性を確保し、赤ちゃんが蒸れないよう注意してください。

ベビー布団選びのポイント

ベビー布団を選ぶときには、素材やサイズ以外にも気を付けたいことがあります。どのような点に気を付けて選べばよいか、事前にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

敷布団は固めのものを選ぶ

ベビー用の敷布団は、固めを選ぶのが基本です。背骨や筋肉が安定していない赤ちゃんは、柔らかい布団を使うと体が沈みこみ、骨格が曲がってしまうことがあります。それを防ぐためにも、赤ちゃんの体をしっかり支えられる固めの敷布団を選びましょう。

丸洗いできるか確認する

ベビー布団は、丸洗いできるかどうか確認してから購入しましょう。赤ちゃんはよく汗をかくため、ベビー布団は汚れやすいです。ミルクの吐き戻しやおしっこで汚れることもあり、カバーやシーツだけでなく布団まで汚れが付いてしまうことも少なくありません。布団まで全て洗濯機で丸洗いできるものを買えば、ベビー布団を清潔に保てます。自宅で洗濯でき、乾きやすいものを選ぶなど、手入れのしやすさを確認しておくのがポイントです。

羽毛布団や敷布団は洗えないケースもあるため、事前に調べておくことが大切です。洗えない場合は、小まめに天日干しするなど、他の手入れ方法をチェックしておきましょう。

初産ならセット購入がおすすめ

ベビー布団を購入する方法にはセットと単品がありますが、初産ならセットで購入するのがおすすめです。掛け布団や敷布団だけでなく、シーツやカバーなど必要なアイテムがセットになっており、デザインも統一できます。

セット購入の場合、単品でそろえるよりも安価で購入できるのもポイント。親戚からのおさがりなどがある場合は、必要なものだけを単品で購入してもよいでしょう。

綿のおすすめベビー布団

綿のベビー布団は、赤ちゃんの肌に優しく人気があります。綿素材のベビー布団セットの中から、おすすめのものをピックアップしました。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

Suku Suku「ベビー布団4点セット」

世界基準GOTS認証のオーガニックコットンを使用した、ベビー布団のセットです。セット内容は、掛け布団・敷きパッド・敷きマット・掛け布団カバーの4点で、掛け布団カバーは4種類から選べます。

敷きパッドは「和晒しガーゼ」と脱脂綿で作られており、通気性と吸収性が抜群。洗濯するほどふんわりと柔らかくなり、空気の層が適度に保温するため、赤ちゃんの寝冷えを防止してくれます。

注文を受けてから制作されるため、届くまでに少し時間はかかりますが、新しい出来立ての布団が届くのも魅力の1つです。

ベビー布団 おすすめ

商品名:Suku Suku ベビー布団4点セット

ハート「天使のベビー6点セット」

基本となる掛け布団・敷布団・敷きパッド・掛け布団カバーに加え、毛布とトートバッグも入った6点セット。トートバッグはセット全てが入るビッグサイズのため、布団の持ち運びに活用できます。

掛け布団は防ダニ生地で、重さはわずか0.5kg。敷布団は25mmの薄型マットレスタイプで、手軽に洗濯でき、コンパクトに片づけられます。

オーガニックの綿毛布が付属しているため、掛け布団との組み合わせでさまざまな温度変化に対応することが可能です。

ベビー布団 おすすめ

商品名:ハート 天使のベビー6点セット

羽毛のおすすめベビー布団

羽毛布団はその軽さが特徴で、赤ちゃんを柔らかく包んでくれます。羽毛のベビー布団には、どのような商品があるのでしょうか?

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

西川リビング「ゴア羽毛カバーリング式6点セット」

掛け布団・敷布団・掛け布団カバー・シーツに、枕と枕カバーを加えた羽毛布団のセットです。掛け布団の詰めものは日本産のホワイトダウン90%とフェザー10%で、重さは0.3kgととても軽いのがポイント。

掛け布団は寝汗による湿気は通しますが、ホコリやダニ、ハウスダストを中に通しません。敷布団の側生地はおしっこなどの水分は通さず、寝汗による湿気だけを逃してくれる作りで、防水シーツが不要です。

赤ちゃんの体をしっかりと支える適度な固さにこだわって作られています。

ベビー布団 おすすめ

商品名:西川リビング ゴア羽毛カバーリング式6点セット

京都西川「ベビー組み布団 羽毛・ローズラジカル入り7点セット」

掛け布団・敷布団・掛け布団カバー・シーツに、肌掛け布団とカバーリング、枕の3点が追加された7点セット。敷布団は繊維組織を上下・前後方向にウェーブさせた「ダブルウェーブ」構造で、接触面積を減らして蒸れ感を軽減してくれます。

赤ちゃんの体をしっかりと支える適度な固さで、丈夫さが長持ちする構造です。赤ちゃんのデリケートな肌にも優しい、柔らかい加工がされています。

掛け布団と肌掛け布団は、どちらもホワイトダックダウン90%使用の羽毛タイプです。軽くて暖かく、組み合わせることでさまざまな季節に対応できます。

ベビー布団 おすすめ

商品名:京都西川 ベビー組み布団 羽毛・ローズラジカル入り7点セット

ポリエステルのおすすめベビー布団

比較的リーズナブルにそろえられるのが、ポリエステルのベビー布団です。ポリエステル製は販売されている商品も多く、さまざまなデザインがあります。ポリエステル製のおすすめベビー布団を選びました。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

サンデシカ「オーガニック “はじめてママ”のお悩みを解決する ベビー布団6点セット」

掛け布団・敷きマット・掛け布団カバー・シーツ・敷布団カバー・枕の6点セットです。先輩ママのアンケートを元に製品化された商品で、必要なものだけがセットになっています。掛け布団カバーや枕の側生地は、オーガニックコットン使用。6点全てが日本製で低ホルムアルデヒドなため、赤ちゃんが安心して使用できます。

手入れ方法は敷きマットのみ手洗いで、その他はネットに入れれば洗濯機の使用OK。敷きマットは3分割されているため、汚れた部分だけを洗うことができるのもポイントです。

商品名:サンデシカ オーガニック “はじめてママ”のお悩みを解決する ベビー布団6点セット

un doudou「日本製 ベビー布団セット ディズニー ミッキー ミニー 9点」

ミッキーとミニーの柄がかわいらしい、ベビー布団セットです。掛け布団が2枚付属しているのが特徴で、その他敷布団・掛け布団カバー・シーツ・枕・枕カバー・ベビー枕・洗濯ネットがセットに。気温に合わせて掛け布団の枚数を調節して使用できます

厚さ6cmの敷布団は2つに折りたためるため、使用しないときはコンパクトに収納できます。新生児から使える丸形のベビー枕と、四角い枕が付属しているため、成長に応じて使い分けが可能です。

敷布団は手洗い、それ以外は洗濯機で丸洗いできて清潔に使用できます。カバー、シーツとベビー枕はオーガニックコットンのダブルガーゼ生地で、赤ちゃんの肌に優しい作りです。

ベビー布団 おすすめ

商品名:un doudou 日本製 ベビー布団セット ディズニー ミッキー ミニー 9点

ハッシュクード「洗える ベビー布団 7点セット」

「洗える ベビー布団 7点セット」は、カバー類に無添加コットンが使用されたセットです。無添加コットンは製造過程で化学製品を使用せずに作られており、赤ちゃんが安心して使用できます。

セット内容は、掛け布団・敷布団・掛け布団カバー・シーツ・ベビー枕・枕・枕カバーの7点です。全て日本製で、敷布団以外は洗濯機が使用できます。ベビー枕は中央部分にへこみがあるドーナツ型で、赤ちゃんの頭の形を整えてくれる枕です。

カバーにはワンポイントが付いており、レインボーやアンブレラなど、シンプルな6種類の模様から選べます。

ベビー布団 おすすめ

商品名:ハッシュクード 洗える ベビー布団 7点セット

カトージ「【高級 和晒 ガーゼ】 ベビー布団6点セット」

通気性・吸収性に優れた「和晒しガーゼ」がカバー類や枕に使用されており、掛け布団・敷布団・掛け布団カバー・シーツ・洗い替えシーツ・枕がセットになっています。洗い替えのシーツが付いているため、汚れたときにもスムーズに対応しやすいはず。

敷布団は洗えませんが、その他のアイテムは洗濯できます。枕は洗濯機を使用せず、手洗いで形が崩れないように洗いましょう。

ベビー布団 おすすめ

商品名:カトージ 【高級 和晒 ガーゼ】 ベビー布団6点セット

ミニサイズのおすすめベビー布団

最後に、ミニサイズのベビー布団のおすすめ品をご紹介します。ミニサイズは使用できる期間は短いものの、赤ちゃんが最初に使う寝具になるためこだわりたい人も多いのではないでしょうか。ミニサイズのベビー布団の中から、おすすめを3つピックアップしました。

ベビー布団 おすすめ

(C)Shutterstock.com

puppapupo「ベビー布団セット ミニサイズ 5点 星柄」

星柄がとてもかわいらしい、掛け布団・敷布団・掛け布団カバー・シーツ・枕のセット。カラー展開はブラック・ピンク・ブルー・ベージュの4色で、それぞれの布団の色に合わせたパイル地の王冠型枕が付属しています。

掛け布団・敷布団はポリエステル100%、カバーとシーツは綿100%で、赤ちゃんの肌にも優しい作りです。敷布団は2つ折りできるため、コンパクトで収納場所にも困りません。敷布団以外は、ネットに入れれば洗濯機で丸洗いできます。

ベビー布団 おすすめ

商品名:puppapupo ベビー布団セット ミニサイズ 5点 星柄

マダム コットン「日本製大阪 ミニベビー布団10点セット」

「日本製大阪 ミニベビー布団10点セット」は、日本製でありながらリーズナブルな価格で購入できます。セット内容は、掛け布団×2・敷布団・掛け布団カバー・シーツ・ベビー枕・枕・枕カバー・キルトパッド・防水シーツの10点です。

セットに掛け布団が2枚含まれている上、キルトパッドと防水シーツ込みのため、さらに買い足す必要がありません。カバー類はオーガニックダブルガーゼを使用しており、夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴です。

どのデザインにするかを選ぶのも楽しい、しずく柄と星柄の2種類それぞれに6色のカラー展開。敷布団以外は洗濯OKで、枕以外のアイテムは洗濯機の使用もできます。

ベビー布団 おすすめ

商品名:日本製大阪 ミニベビー布団10点セット

10mois「オリジナル ミニ布団セット ウォシュロン・固わた」

掛け布団・敷きマット・掛け布団カバー・シーツ×2・ベビー枕のセットです。ワンタッチで取り付けられるシーツが2枚付属しているため、汚れたときにも素早く対応できます。

白い布団にシルバーの星がワンポイントに入ったデザインの布団と、星形のドーナツ枕がかわいい赤ちゃんのベッドにぴったり。カバー生地は特殊な加工がされており、くたっとした優しい風合いがあります。

敷きマットは洗濯不可ですが、それ以外は洗えます。掛け布団もウォッシャブルわたを使用しているため、洗濯機の使用も可能です。

ベビー布団 おすすめ

商品名:10mois(ディモワ)  オリジナル ミニ布団セット ウォシュロン・固わた

こちらの記事もたくさん読まれています

出産後の床上げの時期は?お風呂や外出はいつから?産後の回復時の注意点も紹介
おねしょシーツはどれを使うのが正解?ベッドやシーン別の選び方とおすすめ7選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事