出産後の床上げの時期は?お風呂や外出はいつから?産後の回復時の注意点も紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2021.01.05

出産後の床上げの時期は?お風呂や外出はいつから?産後の回復時の注意点も紹介

家事をしたり外出をしたりするのは、産後の床上げを待ってからといわれています。では、産後の床上げとは、具体的にどのくらいの時期のことなのでしょうか?この時期の女性の身体に起こるさまざまな変化や、日常生活の注意点を解説します。

Tags:

【目次】
産後の床上げ時期はいつ?
産褥期の身体は回復している途中
日常生活の注意点
産後の回復方法について

産後の床上げ時期はいつ?

産後 床上げ いつ

産後の床上げの時期はいつ頃なのでしょうか?出産でダメージを受けている身体を休ませ、赤ちゃんのお世話に専念するためには、充分な休息が必要です。産後何週間くらい経てば、さまざまな症状が落ち着き、普段通りの日常生活へと慣らしていけるのでしょうか?

床上げとは

出産は身体に大きな負担がかかります。そこから回復するためには、充分な休息期間が必要です。昔からの習慣として、この時期は布団を敷きっぱなしにして赤ちゃんのお世話と身体の休息に集中しました。そして、「充分休んで回復したので、だんだん日常生活に戻してよいという時期」を、産後の床上げといいます。

妊娠・出産を経た身体は、急激に変化するため、痛みを感じたり不快な症状が表れたりすることがあるものです。そんなデリケートな時期を、まずはゆっくり過ごしましょう。出産の負担によって回復までの時間は違います。当然、床上げの時期も人それぞれです。どのくらいの時期から活動し始めてよいかは、産院で確認しておくと間違いありません。

床上げの時期は?

産後の床上げの時期は、具体的に決まっているわけではありません。「昔からの習慣では、産後21日目を産後の床上げ」として布団をたたんだそうですが、今は産後1か月を目安にしているママも多くいます。ただし、産後の床上げを過ぎたからといって、すぐに産前のように家事をしたり外出したりしてよいわけではありません。

まだ身体は回復途中なので、産後の床上げを基準に、徐々に通常通り活動できるよう慣らしていきます。ママが充分な家事をできないうちは、周囲にサポートしてもらいましょう。ヘルパーの支援を受けられる制度がある自治体もあります。産後はメンタルも不調になりやすく、活動が制限される時期なので、さまざまなサービスを使いこなしましょう。

産褥期の身体は回復している途中

床上げ 産後 体力 回復 産褥期【産後体重が減らない問題】原因は?減るのはいつから?効果的なエクササイズも紹介

産後の床上げまでの産褥期のママは、身体を回復するのが仕事です。妊娠・出産で心身ともに大きな変化があり、妊娠前の状態に戻っていく時期には、さまざまな変化がみられます。具体的にどのような変化があるのでしょうか?

悪露について

出産後の子宮内には、血液・リンパ液・残った胎盤などが入っています。これらが混ざり合って体外へ排出されるのが「悪露(おろ)」です。出産時に胎盤や卵膜が剥がれた部分から出血するので、子宮の収縮で止血されるまでは分泌が止まりません。産院に入院中は、悪露の色や量をチェックするのは、子宮が順調に回復しているか確認するためです。

産後1か月が経過しても、生理痛のような痛みがある場合や、出血量が減らない場合、熱が出ている場合には、すぐに医師に相談しましょう。

子宮の収縮

妊娠によって大きくなった子宮は、「子宮復古」といって産後収縮しながら、約1か月半で元の大きさに戻っていきます。このとき、後陣痛と呼ばれる強い痛みを感じる人もいるそうです。後陣痛は初産の人よりも、2人目・3人目の出産をした経産婦の方が強く痛むことが分かっています。この時期に無理をすると、子宮の回復の遅れや、悪露が中に溜まるなどが生じるかもしれません。

骨盤のゆがみ

産後 床上げ 産褥期 骨盤 ゆがみ【産後の骨盤体操】“ながら”でできる!簡単ストレッチで産後太りを解消

床上げまでの期間は、骨盤がゆがみやすい時期でもあります。妊娠中にリラキシンというホルモンの働きで骨盤を支えるじん帯が緩められていますし、赤ちゃんの重みを受け止め続けて筋肉も伸び切った状態です。出産時には赤ちゃんの頭によっても骨盤が押し広げられます。

開いた骨盤はまだ元に戻らず、不安定です。そのため、産後すぐに動き過ぎると、骨盤のゆがみに影響するといわれています。また、ずっと立ったり座ったりしていると、内臓が下がって骨盤内にはまってしまうこともあります。すると、それ以上骨盤が閉まらず、子宮脱、膀胱脱など婦人科系の病気や尿漏れなどのトラブルにつながりやすくなります。

切開部分の傷口

帝王切開で出産した場合には、後陣痛の痛みとともに傷口の痛みも感じることになります。特に痛みが強いのは、産後3日目くらいまでです。その後3週間目くらいまでは、傷口周辺の細胞が増える期間なので、軽い痛みやかゆみが感じられます。それ以降は細胞の活動が落ち着くので、そこまで強く痛むこともありません。約1年かけて回復に向かいます。

退院のタイミングでは、まだ傷口が完治しているわけではありません。自宅に帰ったからといって、無理し過ぎないことが大切です。傷口が拡がらないよう、専用のテープを貼っておくことをおすすめします。

日常生活の注意点

産後 床上げ 生活 ママ 注意産後1ヶ月健診の体重ってどのくらい?気になる1ヶ月健診のあれこれを総まとめ【産後ダイエット】

退院して自宅に戻ってくると、つい溜まっている家事が気になることもありますよね。また、少し回復して元気になってくると、外出したい気持ちも出てきます。しかし、まだ身体は回復途中です。本調子ではありませんので、注意しながら生活することが求められます。

家事、育児は負担のない範囲で

産後 床上げ 体力回復 家事代行働く女性に本音をリサーチ!「家事代行サービス」活用してる!?

さまざまな家電製品がそろい、手軽に食べられるものがたくさんあるため、昔に比べて家事の負担は大きくありません。それでも、立ちっぱなしで皿洗い・かがんで風呂掃除といった家事は負担になります。産後は回復を最優先にするため、負担の大きな家事や、上の子の世話をするといった育児は、周りの助けを借りましょう。

両親に任せられるのなら、思い切り頼って、回復と赤ちゃんのお世話に集中します。夫に育児休暇を取ってもらう人も増えているので、事前に相談するのもおすすめです。家事支援や宅配サービスを利用する方法もあります。

外出はいつからできる?

退院して自宅に帰ってきたからといって、すぐに外出するのはおすすめできません。回復し切っていない身体で外出するのは、疲れやすく負担が大きいからです。ほとんどのママは「1か月健診が久しぶりの外出」になります。家の中でずっと赤ちゃんと寝て過ごしていると、体力が落ちているはずです。布団の上でできる産褥体操をして、少しずつ体力作りを始めましょう。

お風呂はいつからOK?

湯船にお湯を張って入浴するのは、1か月健診が終わるまで待ちます。産後すぐのときには、まだ子宮口が開いているため、雑菌が入って感染するリスクがあるからです。季節によっては寒さを感じることもあるかもしれませんが、お風呂はシャワーですませます。温まってリラックスしたいときには、足湯をするのがおすすめです。

1か月健診で問題がなく、湯船に浸かってもよいといわれた場合でも、清潔を意識してお風呂の用意をしましょう。浴槽はきれいに洗って、1番風呂に入ると安心です。

産後の回復方法について

産後 床上げ ママ 体力回復 方法一カ月健診の目的とは?費用や健診内容、持ち物をチェック

出産は大きなエネルギーを使いますし、身体も傷つきます。それを回復するのが、床上げまでの期間です。ゆっくり過ごしたら、少しずつ身体を動かすことも疲労回復につながっていきます。

とにかく休養が大事

まず大切なのは休むことです。できる限り布団やベッドで横になって過ごすことが大切になります。ときには、気分がよく身体もラクで家事ができそうに感じることもあるかもしれません。しかし、身体はママが思っているよりも疲れているので、大丈夫と感じても休んでおくのがおすすめです。

昼夜問わず赤ちゃんの授乳があるので、赤ちゃんが眠っているときには、ママも一緒に寝てしまいましょう。赤ちゃんのお世話だけしながら、同じペースで生活することで、充分な休息が取れます。

産褥体操で疲労回復

布団の上で手軽にできる「産褥体操」に取り組むのもおすすめです。毎日の習慣にすることで、ゆるんだ腹筋や骨盤底筋の回復を促しますし、全身をリラックスさせる働きが期待できます。血行促進の効果もあるので、静脈内の血栓予防にも活用可能です。

産後 床上げ ママ 体力回復 ストレッチ 産褥体操骨盤矯正をサポートする簡単ストレッチ方法!歪みや開きを解消して体を整えたい!

産後すぐはごく軽い運動から始めます。少しずつ回数やレベルを上げましょう。ただし、つらくて続けられないようではいけません。続けることが第一なので、無理なくできる範囲で取り組みましょう。

最後に産休のママへ。産後の一か月健診前であっても産後うつなど、メンタルが不安定になりやすくなることも多く、育児に悲鳴をあげてしまいたくなることも珍しくありません。ましてや、コロナ禍の中での育児は孤立し、ママ友もできにくい現状です。産後の「床上げ」は身体と心の両方の床上げです。気負わず「助けて欲しい」というSOSを出せる場所を見つけながら、少しずつ赤ちゃんと一緒にママも成長していきましょう。

あわせて読みたい
「産後ケア」が法律で定められたってホント?
まず「●●●」を決めること【医師・友利新さんから産後の体型管理についてアドバイス】
産後ママが美白のために本当はやったほうがいいことって?

写真/(C)Shutterstock.com

画像ALT

産婦人科医医師

金子法子

1989年川崎医科大学卒業後、同年山口大学産婦人科学教室入局。同大学病院、関連病院勤務を経て、1998年より実家である針間産婦人科副院長。2001年より現職。2016年第五回西予市おイネ賞全国奨励賞受賞。2017年山口県医師会功労賞受賞。日本産婦人科学会専門医。日本性感染症学会認定医。日本産婦人科学会女性のヘルスケアアドバイザー。敷居の低い産婦人科をモットーに、地域のかかりつけ医として、悩める全女性の良き相談相手となるべく、性教育や女性の健康教育の講演活動も精力的に行っている。二男一女の母でもある。
HP:http://www.noriko-cl.com/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事