ニセコの自然のなかに佇む上質な大人の宿「坐忘林」(後編)【旅も食も。至幸のエスケープ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE旅・お出かけ

2021.04.23

ニセコの自然のなかに佇む上質な大人の宿「坐忘林」(後編)【旅も食も。至幸のエスケープ】

コロナが落ち着いたらまた訪れたい。そんなスポットをとして、宿好きの方達が口を揃えて絶賛し足繁く通う名旅館「坐忘林」の魅力を語る企画。後編は「この宿で過ごした朝の時間」についてです。

Text:
yangji
Tags:

坐忘林で迎える特別な朝

朝の時間が好きなのでいつも早起き。起きると、朝日を浴びて辺り一面キラキラした原生林の銀世界が広がっています。

朝いちばん、きりりと肌を刺すような寒さのなか宿の自家源泉100%掛け流しの露天風呂へ。

入るとまず湯の花がふんだんに舞っていることに驚きました。
そして、特筆すべきはその泉質。温泉に詳しくない私でもすぐに解るほど。”お湯がとろっとしている”という表現をよく耳にしますが顕著に感じたのは初めてで、例えるなら化粧水や美容液のなかに入っているかのようで、肌全体に保湿の膜をはった感覚です。お湯は熱さを調節できるので少しぬるめにしてゆっくり長時間入りました。

朝ご飯

食事処は床暖房が効いている個室。個室なのでお風呂上がりに宿の部屋着でリラックスして朝ご飯を食べられます。館内も暖かいので湯冷めの心配はありません。


どの個室も自然と調和した落ち着いたトーンでまとめられている。また照明はそれぞれデザインが異なり、温かみを感じます。

窓が広いので、静かで穏やかなパノラマの景色を見ながら。

滋味深いほっこりとした土鍋の蒸し野菜(焼き魚や小鉢など、他にもたくさん運ばれてきます)。野菜の旨味が引き出されていて、野菜の美味しさに感動しました。

炊き立ての地元産ななつぼし


厳選された旬の食材を、それぞれ素材を活かした方法で丁寧に調理されているので、ここのお料理は品数が多いのに全く体に重くないんです。洗練された空間で美味しい朝ご飯をゆっくりと堪能する、とても贅沢な時間。

そしてお部屋に戻ってまた露天風呂へ。上質な空間の中で心身ともに自然体で過ごすことができました。旅行を楽しめるようになったらまた必ず訪れたい、心からそう思わせてくれるお宿です。

坐忘林
チェックアウト後は宿から車で25分ほどのところにある高橋牧場がおすすめ。ソフトクリームとシュークリームが絶品でした!ミルク感がたまりません。さっぱりとしているのでペロリといけます。

あわせて読みたい
▶︎ジェフリー・バワの名建築を巡る旅。1軒目は彼が初めて手掛けたホテル「ジェットウィング・ラグーン」
▶︎建築界のレジェンド、ジェフリー・バワの住宅兼事務所「No.11(ナンバーイレブン)」を見学したらすごかったこと。

text

yangji

国内外の宿とレストランを巡るフリーライター(青山在住)。インスタグラムアカウント:@yangji.k

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事