【極光】ごっこう? 違います!一部の地域でしか見られないあの現象のこと【知っておくと楽しくなる〝外来語〟の世界】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.05.08

【極光】ごっこう? 違います!一部の地域でしか見られないあの現象のこと【知っておくと楽しくなる〝外来語〟の世界】

この漢字、何を表す?「親子で学べる外来語の漢字クイズ」連載、本日のお題は【極光】。

Tags:

複数の光があらわれる幻想的な現象のこと

外来語クイズ、本日のお題は【極光】です!

漢字の読み方は「きょっこう」。

直接見ることはなかなかできない現象ですが、テレビなど映像で見たことがある人は多いのではないでしょうか。

カタカナにすると「〇ー○○」となります。

分かりましたでしょうか?

 

正解は…

 

 

オーロラ

でした!

【極光:きょっこう】
オーロラ

【Aurora:オーロラ】
[1]
ローマ神話の曙の女神アウロラの英語名。
[2]
(aurora)
北極や南極地方の上空110キロメートル前後に現れる大気の発光現象。形はコロナ状・幕状など、色は白・赤・緑などで、刻々に変化する。太陽面の爆発で放出された帯電微粒子が、電離層中の空気の原子・分子に衝突して発光する。極光。

ちなみに…【型録】は何のことか知っていますか?

ヒント:

・「型」は訓読み、「録」は音読み!

・さまざまな商品をチェックできる冊子(最近はネットでチェックできるものも)。

正解は・・・

 

 

カタログ

でした!

【型録:カタログ、catalog/catalogue】
目録。展示物・商品・営業内容などについての目録や案内書。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

▼正しく答えられますか?

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事