「挑戦は怖かった。でも、挑戦しない自分の方が怖かった」|JO1 河野純喜の『CHALLENGER』曲紹介 vol.1 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.04.29

「挑戦は怖かった。でも、挑戦しない自分の方が怖かった」|JO1 河野純喜の『CHALLENGER』曲紹介 vol.1

デビューするやいなや圧倒的な人気を集め大ブレイクを果たしているJO1。ニューシングル『CHALLENGER』は、タイトル通り、挑戦に満ちた楽曲で溢れています。Domaniは河野純喜さんに、収録曲のタイトルに合わせて曲紹介をしてもらいました!1回目は挑戦を歌った『Born To Be Wild』と『Speed of Light』。それでは紹介お願いします!

挑戦は怖かった。でも、挑戦しない自分の方が怖かった

『Born To Be Wild』

僕にとって挑戦というと、やはり『PRODUCE 101 JAPAN』の参加でした。僕は参加を決める前に頂いていた企業の内定もあったのですが、どうしても夢を諦められず、内定をお断りさせていただき、参加することに決めました。

いざ、挑戦して、新しい世界に踏み出してみると、同じ夢を目指している仲間とたくさん出会い、大きな刺激をもらいました。なによりも、自分がその場を心から楽しんでいる感覚があって、すごく嬉しかったです。そこで感じたのが、新しいこと、やりたいことに挑戦している人は、その挑戦しているという事実だけで正解だということ。結果はどうであれ、挑戦することが大事だということに気づきました。

もちろん、参加することが怖くなかったと言ったら嘘になります。すごく怖かったです。でも、今までの自分でいる方が、それこそ怖いのではないかと考えて決断しました。それと同時に、〝絶対にこの世界でやっていく〟と決めてからは、怖さを捨てることにしました。もし、あのオーディションに不合格で、内定もない状態になったとしても、僕は後悔をしなかったと思います。あの時に、怖さを振り切って前を向いた自分を、褒めてあげたいと思っています。

それでは聴いてください、『Born To Be Wild』

JO1|’Born To Be Wild’ Official MV

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事