アニメ「フルーツバスケット」The Finalに草摩由希役で出演中! 声優・島﨑信長さんにスペシャルインタビューVol.1 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.05.03

アニメ「フルーツバスケット」The Finalに草摩由希役で出演中! 声優・島﨑信長さんにスペシャルインタビューVol.1

忙しい毎日を送る女性たちに、癒しを!頑張るワーキングウーマンたちにご褒美を!大人の女性誌による、大人の女性のための、大人の男性声優に特化したインタビュー連載『女は耳から恋をする』#耳恋。今回のゲストはアニメ「フルーツバスケット」The Finalに出演中の島﨑信長さん。二年という長い時間をかけて一緒に歩んできた作品への、そしてキャラクターへの想いに迫ります!

Tags:

今回の「耳恋」はDomani×Oggiのコラボレーション! ゲストは人気声優の島﨑信長さん!  

仕事に家事に育児に、毎日頑張っている女性のみなさんに、日々の疲れを忘れるようなご褒美を…! そんな想いでスタートした、WEB Domaniによる大人の男性声優へのインタビュー連載『女は耳から恋をする』。今回の耳恋は、女性誌『Oggi』との初のコラボ企画。撮りおろしたポートレートやインタビューの内容を、WEB Domaniに加えて、4月27日発売のOggi6月号本誌でも紹介しています。こちらも合わせてチェックしてみてくださいね!

初コラボ回のゲストは、現在放送中のTVアニメ『フルーツバスケット』The Final から、草摩由希役を演じている声優・島﨑信長さん!端正な顔立ちやスタイルの良さも人気の理由ですが、“柔和な王子様”も“非道なヒール”も自在に演じ分けるその高い演技力に、いままた改めて注目が集まっている、注目の男性声優です。

島﨑信長▲WEB Domaniで紹介する撮りおろしポートレートは、すべて『Oggi』未掲載! ここでしか楽しめないカットばかりです♡

ついに、最終章突入! 『フルーツバスケット』にかける想いとは?

1998年~2006年にわたって連載され、2007年には「全世界でいちばん売れた少女漫画」としてギネスブックにも認定されたことがある、『フルーツバスケット』。「異性に抱きつかれると十二支の動物になってしまう」という〝呪い〟に縛られた一族と、母親を亡くしたひとりの少女が出会うことで始まる物語です。キャラクターひとりひとりが抱える「孤独」や「葛藤」、そして「優しさ」や「愛」のあり方を丁寧に描いたストーリーが世界中から支持され、連載終了から15年経った今でも愛され続けている名作。実際、学生の頃に読んでいた、まさしくフルバ世代です!というDomani読者も少なくないのではないでしょうか?

島﨑さんが演じるのは、ヒロインと一緒に物語の核を担う少年のうちのひとり。容姿端麗、頭脳明晰と、学校の王子様的存在でありながら、心に深い影を持つ草摩由希(そうまゆき)役として出演しています。放送が始まった2019年4月から、1stシーズン、2ndシーズンを経て、現在ザ・ファイナルの放送中。2年という長い年月を共にしてきた作品、そしてキャラクターである“草摩由希”って、島﨑さんにとってどんな存在ですか?

「オーディションでは複数の役を受けていたのですが、”演じられるといいな”と思っていたのが由希だったんです。だから役をいただいたときはとても嬉しくて。原作を読んで、作品自体もすぐに好きになりましたし、実際、収録が始まっても、とても楽しかったですね。シーズンを通して、一緒に歩んでいくことで、由希自身の成長や変化に伴って、自然と僕の演技も変わっていったような気がしますね。長い間“彼”としてそこに存在したり話したりしていた結果、自分の“一部”みたいなものがキャラクターに混じっていって、どんどん近しい存在になっていきました。最初の頃に比べると、いまは、家族や友達のような、とても身近な存在です。2ndシーズンではいろんな経験や苦悩を重ねて成長してきた由希ですが、最終章ではどう行動するのか、ぜひ注目していっていただきたいです」

島﨑信長▲クールな表情から一転、くしゃっとした笑顔には、カメラマン(男性)も思わず「かわいい!」と声を上げていました。

「人間」をすごく丁寧に描いている作品。だからこそ国境を越えて愛される。

原作を読んだ途端、自身も作品のファンになったという島﨑さん。「演じ手」として思う、フルバが多くの人に愛され続けている理由について、伺ってみました。

「フルバって、アジア圏にしか馴染みのない“十二支”というテーマを扱っている作品です。だけど、全世界で受け入れられて愛されている…。それは、文化や言語の違いを超えて共感できる、“人間の内面”を、すごく丁寧に描いているからではないでしょうか。キャラクターひとりひとりの持つ背景や悩みには、深いドラマがあり、さらにキャラクター同士の関係性の描写もすごく丁寧。僕も、子どものころ…それこそ思春期の多感な時期にこの作品に出会えていたら、人生がもっと良くなっていたんじゃないかなと思うほど。人の痛みや優しさについてすごく考えさせられる作品で、それが押しつけがましくないところもいいですよね」

動物に変身してしまうという「呪い」ゆえに、様々な葛藤を抱えるキャラクターたち。そしてその秘密を知りながら、彼らを優しく見守る主人公=本田 透(ほんだとおる)と、彼女自身もまた抱える寂しい過去。家族って? 愛の形って? …そんなことを、穏やかだけどリアルなトーンで描かれているのが、アニメ『フルーツバスケット』なんです。

3シーズン目に突入したアフレコ現場の雰囲気を聞いてみると、
「作品の雰囲気そのまんまです。アットホームで、みんな一生懸命で…。主人公を演じる、石見(舞菜香)さんを中心に、みんなが一丸となっている、暖かい、いい現場ですね。本当に、びっくりするぐらい、作品通り、という感じです」
と、熱量高く答えてくれた島﨑さん。では、フルバの中で好きなキャラクターは?の問いには
「え~~~~~~! 誰かなあ……。(しばらくの間のあと)あ~~~~~、う~ん、悩むなあ…!」と、長考。
そう、フルバは個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるのも魅力の作品。悩む気持ち、とてもよくわかります…!

「本当に悩みますけど、綾女(あやめ)ですかね。由希のお兄さんなんですけど、とにかくキャラクターがすごく面白いし、出てくるだけで空気が明るくなる。彼が場に居てくれると、思わず笑ってしまうんですよね。同じような理由で、真鍋 翔も好きかな。重いテーマが多い中、このふたりはストーリーを柔らかくしてくれますよね。僕だけではなく、由希自身も、それにとても助けられているところが多いんじゃないかと思います」

島﨑信長「このふたりがいると、由希もいつもよりテンション高いんですよね、っていうかずっとツッコミを入れてる」と話す姿も楽しそうな島﨑さん。

共演の内田雄馬さんとは、最初「嘘みたいに呼吸が合わなかった」(笑)

好きなキャラクターは?との質問の流れで、「由希役としてはちょっと複雑ですけど、透(とおる)と夾(きょう)の関係性は見ていてすごく素敵だなと思います。二人のシーンはグッとくるものが多いですね」と島﨑さんが話すのは、物語の核を担うもう一人の少年、「草摩 夾」というキャラクター。こちらを演じているのは、同じく若手人気声優の内田雄馬さん。実は今回のインタビュー取材は、島﨑さんと内田さん、ふたり合同で行われました。

島﨑信長,内田雄馬▲お互い多忙な人気声優ゆえ、なかなか撮るのが難しいというツーショットがこちらです!

どちらも多数の作品に出演している島﨑さんと内田さんですが、意外にもしっかりと共演するのはこの作品が初めてだったそう。
「(内田)雄馬くんとのアフレコで印象的だったのは、合わせゼリフのタイミングが全くかみ合わなかったこと。ふたりともいろんな現場に出てるし、お互い合わせるのは得意なはずなのに、本当に、嘘みたいに呼吸が合わなかったんです(笑)。ただ、僕たちはそれを勝手に前向きに解釈していて。といういうのも、由希と夾って、最初は仲が悪いというか、互いに壁があるんですね。その関係性を演じる側の僕たちが感じ取った、無意識の結果なのかなって。だから、物語が進むにつれて、ふたりの心が近づいていくと、自然と合うようになったんですよね。ふたりでの掛け合いの演技については、僕たちが“こうしよう”と計算したことはなくて、ストーリーやふたりの成長に合わせて、自然と変わっていきました。キャラクターにゆだねて作っていけたのは、物語の描写が丁寧でしっかりしているからです。本当に、優しさがあふれる、素敵な作品です」。

島﨑さん曰く、「“観どころ”は全部です! 最後の最後まで観てこその作品」というアニメ「フルーツバスケット」The Finalは、毎週月曜日深夜1時30分より絶賛放送中。クライマックスに向けてますます盛り上がっていく、由希や夾のストーリーから目が離せません!
そして、WEB Domaniでは、「フルーツバスケット」内田雄馬さんver.のインタビュー記事も同時に公開中です! こちらもお見逃し無く!

さて、島﨑さんへのインタビューはVol.02に続きます。次回は、”内田雄馬さん”について語っていただきました。引き続き、チェックしてみてくださいね!

■TVアニメ「フルーツバスケット」The Final  大好評放送中!

2021年4月5日より毎週月曜深夜1:30~テレビ東京・テレビ愛知・テレビ大阪ほかにて放送中。原作・総監修:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)/監督:井端義秀/シリーズ構成:岸本卓/キャラクターデザイン:進藤優/美術監督:神山瑶子/色彩設計:菅原美佳/撮影監督:蔡伯崙/編集:肥田文/音響監督:明田川仁/音楽:横山克/音楽制作:トムス・ミュージック/アニメーション制作:トムス・エンタテインメント/製作:フルーツバスケット製作委員会
公式サイト公式Twitter公式Instagram ※放送情報は変更になる可能性があります。
©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

声優

島﨑信長

しまざき・のぶなが/12月6日生まれ。2009年声優デビュー。2021年、第15回声優アワード助演男優賞受賞。主な出演作に『Free!』七瀬 遙役、『ましろのおと』澤村 雪役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』ユージオ役、『呪術廻戦』真人役など。

■衣装クレジット
[島﨑さん分]カットソー¥17,600(Sian PR〈CONTOROLLA+〉) その他/スタイリスト私物 
[内田さん分]パーカ¥42,900(キャバン 代官山店〈CABaN〉) カットソー¥20,900(TOMORROW{hlb}LAND〈TOMORROWLAND〉) その他/スタイリスト私物 

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/浅井直樹(Vigroo) ヘア&メイク/瓜本美鈴(島﨑さん分)、花嶋麻希(内田さん分) 構成/旧井菜月、福本絵里香

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事