性格がいい人の特徴とは?いい人に見えて実は性格が悪い人の見分け方って | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.05.25

性格がいい人の特徴とは?いい人に見えて実は性格が悪い人の見分け方って

性格がいい人、あなたの周りにもいませんか?こういった人たちは、そうでない人たちと一体何が違うのでしょうか?今回はそんな性格がいい人に共通する特徴についてまとめました。性格がよさそうに見えて実はそうじゃない、性格が悪い人との見分け方や、自分の性格をよくするための方法についても解説します。ぜひ今後に役立ててみてくださいね。

Tags:

【目次】
性格がいい人の特徴とは
本当に性格がいい?実は性格が悪い人の見分け方
性格がいい人になるためにはどうしたらいい?

性格がいい人の特徴とは

素直で思いやりがある

損得勘定で動く人が多い世の中、素直で他人への思いやりがある人は「性格がいい」と言えるのではないでしょうか。

思いやりとは、他人の心情や身の上を考慮して行動すること。思いやりのある人というのは、相手の様子をよく観察していて、さりげなく相手を気遣う言葉をかけることができます。

また、性格がいい人は「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉を素直に言えます。感謝や謝罪の言葉を口にすることは、当たり前のようで意外とできている人が少ないものです。

裏表がない

裏表がない
(C)Shutterstock.com

性格がいい人は性格に裏表がありません。相手の職業や容姿、立場で判断することなく、誰とでも分け隔てなく接します。

誰にでも好感を持って接することができるので、本人に嫌いな人があまりいないことも特徴です。人の考え方や話をむやみに否定することもありません。

細かな気配りができる

性格がいい人は、他人の気づかないところに気がつき対応できます。

例えば忙しそうな人を見つけて自然とサポートしてくれたり、友人のなくなりそうなドリンクに気づいて「次は何を飲む?」と聞いてくれたり。

相手が必要としているときに自然と手を差し伸べます。

本当に性格がいい?実は性格が悪い人の見分け方

うわべだけの褒め言葉が多い

「今日も素敵ですね」「これ、とてもいいですね」など、うわべだけの褒め言葉が多い人は、腹黒い人である可能性が。本音と建前を巧みに使い分け、自分より立場が上の人に対して自分をよく見せようとします。

逆に相手の立場が自分より下だと思うと、偉そうな態度をとったり他の人の悪口を言ってきたり…。ある意味器用なのかもしれませんが、真の性格のいい人とは言えないのではないでしょうか。

損得勘定で動いている

一見性格のよさそうな人でも、自分の利益ばかり追求する打算的な人である可能性も。

損得勘定する人は、自分の行動の先にどのような損得があるかを常に考えています。そのため、困っているときに手助けしてくれたとしても、実はその見返りが目的であることも。

さっきまでいい人だったのに、損を感じた時点で見切りをつけることもあるようです。

サバサバ系を装って悪口を正当化している

サバサバ系を装って悪口を正当化している
本来サバサバ系な人の特徴は、ネチネチしたことが嫌いなので悪口や愚痴を言わないもの。思うことがあるのなら、陰で言うのではなく本人にきちんと伝えようとします。

しかし性格が悪い人は「私、毒舌家だから」と厳しい物言いで遠慮なくどんなことも口にしがち。裏で悪口を言ったり人を傷つける言葉を平気で放ったりするのは、相手のことを思って指摘する行為とは違います。

性格がいい人になるためにはどうしたらいい?

自分が幸せになる

まず人にどう思われるかを気にするより、自分に余裕を持って幸せになることに注力してみてはいかがでしょうか。

ストレスを感じることがあっても「こういうときもある」とフラットな気持ちを保つ努力をしたり、さまざまなことにチャレンジして人として成長したり。

自分に余裕がある人、自分の人生が楽しいと感じている人は、自然と表情も穏やかで笑顔が多くなります。そういった人は、人に優しくできますし他人の幸せも素直に喜べるものです。

無理にいい人を演じるよりも、まず自分を大切にすることで周囲も大切にでき、関係も良好になっていくのではないでしょうか。

共感する姿勢を持つ

人の痛みや辛さを理解し共感することで、相手に対して思いやりが生まれるもの。

もちろん、他人の心の痛みを完全に理解することはできません。ですが、重要なのは「理解しようとする姿勢」。

共感したり寄り添ったり、喜びを共にしてくれる人に、人は心を寄せてくるものです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事