【兄弟漫才師 ミキ】「理想はみんなに笑ってもらえるシンプルな漫才」|スペシャルインタビューvol.1 仕事編 | Domani - Part 3

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.06.01

【兄弟漫才師 ミキ】「理想はみんなに笑ってもらえるシンプルな漫才」|スペシャルインタビューvol.1 仕事編

今やテレビで観ない日はないのでは、と思うほど、大人気の兄弟漫才師・ミキさん。大阪から東京へ拠点を移した2019年から現在までを追った初のオフィシャルブック『ミキ、兄弟、東京』が発売されました。リラックスした普段の様子から全国ツアーの模様、ご両親とのオンライン対談など、ふたりの魅力がぎゅぎゅっと凝縮された充実の一冊に。そこで、お笑い好きで劇場に足繁く通うライターが、お話をうかがってきました。仕事から家族、そして(たぶん)レアと思われるファッションについて、本日より3回にわたってご紹介しますので(最終回ではサイン本のプレゼントも!)、お楽しみに!

Text:
湯口かおり
Tags:

みんなが幸せな気持ちになった単独ライブでの出来事

――覚えていらっしゃるかわかりませんが、おふたりの単独ライブを観に行ったときに、途中で、観客席の赤ちゃんが泣いてしまったことがあって。

亜生:僕らのライブ、けっこうちっちゃい子とか来るから、ようあるんですよ。

――お母さんが赤ちゃんを連れて会場から出ようとされたんですけど、漫才中にもかかわらず、おふたりが舞台から「出ないでええよ、赤ちゃんは泣くもんやし」っておっしゃって。その瞬間に客席の空気が、ふわってあったかくなったんです。

亜生:アハハ。

――おふたりの言葉で、そのご家族も救われたし、ほかの観客も嫌な気持ちにならないし、本当にいいライブだったなって。

昴生:だってお母さんもかわいそうじゃないですか。本当に観たいのは、たぶんお母さんで、子どもを連れて観に行けるところなんてそんなにないから。お母さんが楽しみにしてるのに、子どもが泣いたからって、お母さんが出て行くのもかわいそう。

亜生:でも僕らも心苦しいんですよ。周りの目もあるから、「観てていいよ、子どもは泣くもんやから」ってこっちが言って席におってもらうのは、逆にお母さんが気ぃつかうやろうなって。

昴生:どっち取るんかっていうのもあるんですけど、でもさすがにかわいそうに見えて。子どももずっと泣いてることなんてないし、ずっと泣いてたら気ぃつかって出ていきはるから、あれくらいのハプニングやったら、こっちは大丈夫っていう感覚ですね。

亜生:最近はね、そういうとき僕は「子どもはみんなで育てよ」って言うんですよ。あの子が泣いてても、みんなで育てたらいいやんっていう。でもそれ言うとなんか、ワーッって変な拍手が起こって……。ボケのつもりで言ってるんですけど(笑)。

昴生:地方公演は特にですね。1年もしくは数年に1回しか行かないところやし、お客さんからしたらめったに観る機会がないから。ほかの漫才師が出る舞台は「ちょっとごめんなさいね」って言うときもありますけど、単独は、ちょっとだけ特別ですね。

どんなに人気者になっても、変わらず謙虚に漫才と向き合うミキさんでした。次回は、おふたりのルーツである、ご家族について語ってもらいます!

撮影/高木亜麗 取材・文/湯口かおり

『MIKI OFFICIAL BOOK ミキ、兄弟、東京』
ミキ/著(発行:ヨシモトブックス/発売:ワニブックス/¥2,420)

お笑い芸人

ミキ

京都府出身の兄弟漫才コンビ。兄の昴生(こうせい)と弟の亜生(あせい)で2012年にコンビ結成。2016年「第46回NHK上方漫才コンテスト」優勝、2017年「M-1グランプリ2017」3位、2019年「第54回上方漫才大賞」新人賞受賞。2019年4月以降は、東京に拠点を置きながら、全国で漫才を披露している。7月からは単独ライブ「ミキ漫2021全国ツアー」がスタート予定。公式HP

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事