マスカラ選びの基準は何? ワーママ美容ライターが思うこと | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.08.06

マスカラ選びの基準は何? ワーママ美容ライターが思うこと

妊娠がきっかけでデリケートな部分に使う化粧品は自然志向のものを好むように。美容ライター 有田千幸のおすすめマスカラは、吉川ひなのさんプロデュース、アネリアナチュラルの「トリートメントマスカラ」。

Text:
有田 千幸
Tags:

〝自分に合うと思えるもの〟の見直しをした結果…

妊娠したことがきっかけで、使いたいと思う日用品の選びかたがここ2年で随分と変わりました。

特に化粧品に関しては、仕事を通して皮膚や化粧品開発の専門家の話を聞く機会も多かったことで、成分のこと、経皮吸収のこと、そして化粧品の原料が自然環境に与える影響などについても知ることができ、自分により合うものの選び方のベースができてきたように感じます。

たとえば、粘膜に近い部分に使うスキンケアやメークアイテムに関しては、効果実感や使い心地のよさはもちろんのこと、できるだけ自然志向のものを選びたいと思うように。リップクリーム、アイクリーム、アイライナー、最近では保湿効果を兼ね備えた機能的なマスカラなども登場しています。

植物由来の美容液成分でケアしながら、ロング&セパレートまつ毛に

▲ アネリアナチュラル トリートメントマスカラ (ブラック・ブラウン) 7mL  ¥2,530 ※画像はブラック

私が使っているマスカラのひとつがこちらアネリアナチュラルの「トリートメントマスカラ」。

合成香料&着色料、石油系界面活性剤、鉱物油やシリコーンといった、メークアイテムによく使われている成分を一切使わず、保湿効果のあるハイビスカス花エキスを含む植物由来成分にこだわった1本です。

▲ 妊娠する前はどちらかというと育毛やボリュームといったことにフォーカスしていましたが、今はそれに加え「保湿」や「トリートメント」効果があるものの使用を心がけるように。それだけでまつ毛が抜けにくくなり、ハリ感やツヤ感も感じられるようになりました。お湯で簡単にオフできるところもまつ毛への負担が少なく済むポイント。

▲ 仕上がりのまつ毛は、ブラシの形状と同じような長さ・ボリューム感・セパレート感になることが多いので、選ぶときの参考にしてみるとよいかもしれません。

生活スタイルが大きく変わった今だからこそ、あらためてもの選びの基準を見直してみることで自分により合ったものを見つけられるかもしれません。

▼ あわせて読みたい記事



画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。@chiyuki_arita_official

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事