夫の浮気が発覚するも…知らん顔を続ける義母に無力感 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族関係

2021.09.05

夫の浮気が発覚するも…知らん顔を続ける義母に無力感

夫の浮気が発覚したときに、妻の立場になってくれる義母もいる一方で、我が息子かわいさから親らしからぬ態度に出て、妻を孤独に追いやる義母もいます。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、夫の浮気に対して他人顔を貫く義母に苦悩を抱えた妻の体験談を紹介します。

Tags:

「浮気される妻にも原因があるのでは?」義母から飛び出したトンデモ発言

文香さん(仮名・40歳)は、夫の浮気が発覚し、現在は別居中です。文香さんはワーキングマザーとして、フルタイムで仕事をバリバリこなしながら子育てをしています。子どもは中学生で思春期を迎えているため、父親の浮気が発覚したあとは「汚らわしい!」と口をきくこともなくなったそう。

「浮気発覚後も、夫は相手の女性と『別れた』と言いながら会い続けています。探偵も依頼し、証拠もいくつかあります。けれど、子どもがまだ成人していないせいか『離婚はないだろう』とたかをくくっている様子で、浮気をやめる気配がありません」

自分でできることはやり切った、と途方に暮れた文香さんは意を決して夫の浮気を義母に打ち明けることに。以前、かなり昔に義父に浮気疑惑があったときの話を義母から聞いていて、そのときに「浮気をする男は絶対に許せない」と口にしていたことを思い出し、息子に浮気をやめるよう諭してくれるのを期待してのことでした。

ところが……。

「義母には電話で打ち明けたのですが、一部始終を私が話したあと妙に冷静な口調で『大変ね。夫婦のことなんだから、どっちか一方が悪いってことはないでしょう? あなたは、息子に浮気されるようなことはしていないの?』と言い出してビックリ。自分の夫に浮気疑惑があったときには大騒ぎしたと言っていたくせに、息子が浮気したと聞いても、こちらの味方をしないばかりか“浮気される妻にも原因があるのでは”とトンデモないことを言い出したわけです」

義母にそう言われ、改めて振り返ってみると夫婦仲は確かに「仲がいい」とは言えない状態だったと、一度は反省した文香さん。しかし、友人にその話をすると「お姑さんの言っていることはおかしい! 浮気するほうが悪いに決まってる!」と憤慨してくれ、ハッと目が覚めたのだとか。

友人の言葉で目が覚め、将来のことを考えられるように

「義母がこっちの味方をしてくれず、言ってみれば息子の浮気には知らん顔を貫くので、私自身、義母の言葉が頭から離れず『被害者だと思っていたけれど、実は私が悪いのかも?』という思考に陥り始めていました。友人の言葉がなかったら、そのまま義母のペースに巻き込まれていたと思います」

義母の心ない言葉のせいで落ち込んでいた文香さんでしたが、友人の言葉を機に気を取り直し、別居や離婚も視野に入れて、今後のことを考えているとのこと。相変わらず義母は夫の浮気に対して「知らん顔」を貫いていて、もはや夫婦環境の改善は見込めないと諦め始めています。

「もっと義実家は、夫の浮気問題を真剣に捉えてくれると思っていたのに」という無力感だけが残っているそうですが、都合が悪くなると潮が引くように他人行儀になる義母がいると、家庭生活に問題が生じたときに妻が孤独を感じざるを得ないのが現実ですよね。「良き理解者になってくれるはず」と義母への期待が大きかった人ほど、その無力感は計り知れません。

取材・文/並木まき
画像(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事