はちみつは喉の保湿におすすめ。喉の不調時に試したい簡単レシピ | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.09.25

はちみつは喉の保湿におすすめ。喉の不調時に試したい簡単レシピ

はちみつは喉にいい、と聞いたことはありませんか?風邪のときにすすめられることがよくありますが、実際はちみつって喉にいいのでしょうか?そこで今回は、はちみつが喉にいいと言われる理由や効果について解説します。また、はちみつを飲んだときに喉がイガイガする原因や、体調不良のときに試したいおすすめのはちみつを使ったドリンクレシピもご紹介していきます。

Tags:

【目次】
はちみつが喉にいいって本当?その効果とは
はちみつを飲むと喉がイガイガする原因って?
喉が痛いときに試したいおすすめのはちみつレシピ

はちみつが喉にいいって本当?その効果とは

はちみつには殺菌効果や粘膜保護効果が期待されている

はちみつにはグルコン酸が含まれているそうで、これには抗殺菌作用や皮膚を保護する力があるのだそう。

そのため、口内炎や喉の痛みに効果が期待されているのだそうです。

他にも喉の粘膜を保護する作用も期待されているのだとか。はちみつの水分量は低いようですが、水分を閉じ込める保湿効果は非常に高いと言われています。

適度な粘度、そして高い保湿効果が、喉の粘膜を乾燥から保護してくれると言われているようです。

こういった殺菌効果と保護効果の相乗効果により、はちみつは「喉にいい」と言われるのかもしれません。

美容や疲労回復、風邪予防にも効果的

はちみつにはポリフェノールが含まれているため、肌の老化防止などの抗酸化作用も期待できると言われています。

また、はちみつは体内への吸収が早いため、エネルギーになるのも早く、疲労回復に役立つのだそう。さらに、ビタミンCやビタミンB群が含まれていて、疲労回復だけでなく風邪予防にも効果を発揮すると言われているそうです。

はちみつを飲むと喉がイガイガする原因って?

「浸透圧」が関係している可能性がある

はちみつは喉にいいと言われる反面、はちみつを飲むと喉がイガイガするなどの症状を感じる人も多いよう。ですがこれは一般的に「浸透圧」によるものだと言われています。

濃度の高いはちみつが、濃度が低い喉の粘膜の水分を奪うことによってこのようなイガイガを感じてしまうそうで、これは喉を通過するときだけの一時的な現象なのだそう。

そのため体や喉に害があるものではなく、徐々に体内の水分が補われ、イガイガはすぐにおさまると言われています。

喉が痛いときに試したいおすすめのはちみつレシピ

はちみつショウガ紅茶

はちみつショウガ紅茶
【作り方】

1. 温かい紅茶にはちみつを加える。
2. 1に乾燥生姜を加えながら飲む。

西洋医学・東洋医学ドクターの今津先生によると、これは風邪予防におすすめで、医療のプロが実践している特効策なのだとか!

コーヒーはちみつ

コーヒーはちみつ
【作り方】

1. ブラックコーヒーを作る。
2. 1にはちみつをティスプーン1~2杯を加えて完成!

砂糖よりも深みや風味が増して美味しさも◎!

はちみつ生姜レモン

はちみつ生姜レモン
【作り方】

1. 生姜湯にはちみつを加える。
2. 1にレモンやレモン汁を入れて飲む。

レモンを加えることで、疲労回復や夏バテ予防にも効果的。

はちみつ牛乳のレモンラッシー

はちみつ牛乳のレモンラッシー
【作り方】

1. グラスに牛乳150ml、はちみつ大さじ1を入れる。
2. 1にレモン果汁大さじ2杯を加え、よく混ぜたら完成!

お好みで氷を浮かべても美味しくいただけます。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事