Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.11.24

「冷蔵庫が一瞬でスッキリ」たった1つの魔法ワザ | 「ドレッシング、◯◯のタレ…」凄い秘訣は?

食品添加物の現状や食生活の危機を訴え、新聞、雑誌、テレビにも取り上げられるなど大きな反響を呼んだ『食品の裏側』を2005年に上梓した安部司氏。70万部を突破する大ベストセラーとなり、中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、いまもなおロングセラーになっている。その安部氏が、『食品の裏側』を発売後、全国の読者から受けた「何を食べればいいのか?」という質問に対する答えとして、このたび『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』を上梓した。15年の間に書きためた膨大なレシピノートの中から、たった5つの「魔法の調味料」さえ作れば、簡単に時短に作れるレシピを厳選した1冊だ。同書は発売後、たちまち5刷を突破し、各メディアで取り上げられるなど、話題となっている。「『ABEMA Prime』チャンネルAbema/news」(9月8日放送)にも出演した安部氏が「『冷蔵庫が一瞬でスッキリする』たった1つの簡単秘訣」について語る。

「市販のめんつゆ」も、よく「冷蔵庫の主」になりがちですよね。「開封したあと、いつまで持つのか不安」「使い切れなくて、カビが生えてしまった……」などという声もよく聞きます。

最高の「めんつゆ」「焼き肉のタレ」は自宅で作れる!

めんつゆについては「『めんつゆばかり使うレシピ』に潜む3大深刻問題」でも解説しましたが、「魔法の調味料」さえ用意しておけば、自宅でおいしいめんつゆが、簡単に、しかも無添加でできます。

救世主は、「魔法の調味料」の1つ「みりん酒」です。「みりん酒」は、本みりんと純米酒を合わせて煮切って作るのですが、先ほど紹介した「かえし」と組み合わせることで、いつでもすぐに「めんつゆ」ができるのです。

「そうめんつゆ」も「うどんつゆ」も、もちろんOKですし、丼もの、煮物、天つゆも、水と混ぜる割合を変えることで、自由自在に使えます。

冷蔵庫 ドレッシング ワザ

安部氏が開発した「自宅で簡単に作れる!簡単濃縮めんつゆ」さえあれば、水と合わせるだけで簡単に「そうめんつゆ」も作れる(撮影:佳川奈央)

また、「みりん酒」と「かえし」で「焼き肉のタレ」も作れます。「焼き肉のタレ」もまた、いつのものかわからないものが「発掘」されがちな調味料です。

「これ、いつ開けたんだっけ?」と不安に思いながら使ったり、あるいは捨ててしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。

これもその都度作れば、もうそんな思いをしなくて済むのです。

しかも「安部ごはん」として考案した「焼き肉のタレ」は、われながら絶品。私が高級店で食べた焼き肉のタレの味を、1つ1つ「自分の舌」で「味の組成」を分解し、再現して作ったものです。みなさんから「本当に高級店の上品な味がする」と喜びの声を多く頂戴しています。 

冷蔵庫 ドレッシング ワザ

安部氏が開発した「本当は誰にも教えたくない大感動 焼肉のタレ」は、書籍の男性編集長も「高級店のような味わい」と大絶賛している(撮影:佳川奈央)

1 2 3 4
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事