Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.11.24

「冷蔵庫が一瞬でスッキリ」たった1つの魔法ワザ | 「ドレッシング、◯◯のタレ…」凄い秘訣は?

食品添加物の現状や食生活の危機を訴え、新聞、雑誌、テレビにも取り上げられるなど大きな反響を呼んだ『食品の裏側』を2005年に上梓した安部司氏。70万部を突破する大ベストセラーとなり、中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、いまもなおロングセラーになっている。その安部氏が、『食品の裏側』を発売後、全国の読者から受けた「何を食べればいいのか?」という質問に対する答えとして、このたび『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』を上梓した。15年の間に書きためた膨大なレシピノートの中から、たった5つの「魔法の調味料」さえ作れば、簡単に時短に作れるレシピを厳選した1冊だ。同書は発売後、たちまち5刷を突破し、各メディアで取り上げられるなど、話題となっている。「『ABEMA Prime』チャンネルAbema/news」(9月8日放送)にも出演した安部氏が「『冷蔵庫が一瞬でスッキリする』たった1つの簡単秘訣」について語る。

「ドレッシング」「めんつゆ」「焼き肉のタレ」、そのほかの合わせ調味料を整理するだけで、驚くほど冷蔵庫がスッキリします。

冷蔵庫をごちゃつかせる大きな原因、それはこれら「ずーっと寝かされている、合わせ調味料」なのです。

わが家の冷蔵庫に入っているのは5つの「魔法の調味料」のうち、冷蔵保存の必要な「みりん酒」と「たまねぎ酢」だけ。あとは食品が適宜入っていますが、ちょっとお見せしたいぐらいスッキリしたものです。

掃除もラクラクです。冷蔵庫の掃除は「何本あるかわからないボトル」を全部出して拭かなくてはならないから面倒ですし、その陰に隠れて、気づかないうちに食品を腐らせたりするのです。

買わずに自分で作れば「冷蔵庫スッキリ」→「掃除もラク」「隠れているほかの食品も腐らなせなくて済む」という、うれしい副産物もついてくるのです。

「食品ロス」も減らせ、「節約」にもなる

まだ食べられる食料を廃棄する「食品ロス」が大きな問題となっています。日本では年間600万トン超、毎日、大型トラック(10トン車)約1640台分の食品が廃棄されているそうです。

しかも日本の食料自給率は4割弱。6割超が輸入です。わざわざ地球上のいたる場所からCO2を出して運んできた食料を「使いきれない」といって安易に捨てていいものでしょうか。大切な食料を無駄なく食べ切る、そのためにも「魔法の調味料」はおすすめです。

また、わざわざ「◯◯のタレ」などを買わなくていいことで、「節約」にもなります。

高めのしょうゆなどを買ったとしても、それで市販の「◯◯のタレ」などを買わなくて済むのなら、結果として、安く上がることがほとんどだと思います。そのうえ「おいしい」し、「余計な添加物などの化学物質」もとらなくて済みます。

「魔法の調味料」を用意して冷蔵庫をスッキリさせることは、「食品ロス」や「節約」にもつながる、もちろん、それを使って「生姜焼き」や「ハンバーグ」「肉じゃが」なども簡単にできる。だから「魔法」なのです。

ぜひ、うまく活用することで、家庭の冷蔵庫をスッキリさせ、節約など、さまざまなメリットを体感してみてください。

冷蔵庫 ドレッシング ワザ

安部氏が開発した「魔法の調味料」の「かえし」と「みりん酒」があれば、簡単に作れる「爆速 肉じゃが」(撮影:佳川奈央)

安部司さんの1DAY料理講座「安部ごはん・男子塾」(男性限定)を、11/23(火祝)午前11時より「タカコナカムラホールフードスクール」で実施します。「魔法の調味料」と「安部ごはん」を、安部さんがみなさんと一緒に作ります!詳しくはこちら (写真:佳川奈央)

世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ

世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ(東洋経済新報社)

『食品の裏側』著者、一般社団法人 加工食品診断士協会 代表理事

安部 司(あべ つかさ)

1951年、福岡県の農家に生まれる。山口大学文理学部化学科を卒業後、総合商社食品課に勤務する。退職後は、海外での食品の開発輸入や、無添加食品等の開発、伝統食品の復活に取り組んでいる。NPO熊本県有機農業研究会JAS判定員、経済産業省水質第一種公害防止管理者を務めつつ、食品製造関係工業所有権(特許)4件を取得。開発した商品は300品目以上。

2005年に上梓した『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)は、食品添加物の現状や食生活の危機を訴え、70万部を突破するベストセラーに。その他の著書に『食品の裏側2 実態編 やっぱり大好き食品添加物』(東洋経済新報社)などがある。

画像ALT
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインは、独自に取材した経済関連ニュースを中心とした情報配信プラットフォームです。

1 2 3 4
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事