Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.01.01

「こう見えて人見知り。いや、人一倍負けず嫌いなのかも!」声優・木村 昴さんスペシャルインタビューVol.03

忙しい毎日を送る女性たちに、癒しを!頑張るワーキングウーマンたちにご褒美を!大人の女性誌による、大人の女性のための、大人の男性声優に特化したインタビュー連載『女は耳から恋をする』#耳恋。今回のゲストは声優ほか俳優やアーティストとして活躍する木村 昴さん。インタビュー連載ラストとなる今回は、声優としてのご自身のことを伺います。

Tags:

現在公開中!映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』に出演中の木村 昴さんがゲスト

仕事に家事に育児に、毎日頑張っている女性のみなさんに、日々の疲れを忘れるようなご褒美を…! そんな想いでスタートした、WEB Domaniによる大人の男性声優へのインタビュー連載『女は耳から恋をする』。女性誌『Oggi』とコラボしてパワーアップした『耳恋』は、撮りおろしたポートレートやインタビューの内容を、WEB DomaniとOggi本誌とで展開しています。

今回のゲストは、現在公開中の映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』に声で出演されている、木村 昴さん。仮面ライダーという作品への想いを語っていただいたVol.01共演中の俳優・前田拳太郎さんや先輩声優・関 智一さんとのエピソードを聞いたVol.02につづき、今回は木村さんご自身のことについて伺います!

▲今回もWEB Domaniのみで公開、撮りおろしのとっておきポートレートを公開します!

朝起きた瞬間からこのテンション! 『ひとりミュージカルのようなテンションですね(笑)』

WEB Domaniには初登場となる木村さん。ご自身を『こんな人』とひとことで表してください、とお願いすると…。

「なんでしょう? まあ、”お調子者”で間違いないかと思います」

とひとこと。撮影時もバラエティ番組などで見る木村さんのイメージそのままだったことにびっくりした編集部ですが、あまりオンとオフの差は無く、普段からずっとこのテンションということに納得。

「よくハイテンションだとは言われますが、特に無理してこのテンションなわけではなく…いつもこうだよね?(マネージャーさん:ずっとこのままです) 眠いときはちょっと静かになりますけど、暗いわけではないし…。もう朝起きた瞬間から『起きたぞ! 朝だぞ! シャワーを♪ 浴びるぞ~~~♪』という感じで、ひとりミュージカルのような私生活です(笑) 」

▲本当にミュージカルのような節をつけて答えてくれた木村さん。終始、インタビュアーを楽しませてくれた、そのエンターテイナー魂はさすが!

お調子者の反面、人見知りな一面も。「同世代には負けたくないと思っちゃう」

そんな木村さんに、ご自身が思う、「声優・木村 昴」の強みと弱みを聞いてみました。

「強み! 強みかあ…。あんまり自分で言う事ではないですよね(笑)う~ん…、あえて言うと、『英語も出来ること』かな?  洋画の吹き替えをやる時とかは、オリジナルのセリフが理解できるので、ニュアンスを汲む力があるとおもいます。基本的には英語を日本語にすることが多いんですけど、映画の中で英語をそのまま英語で吹き替えることもあれば、ドイツ語での演技もやったことがあります。英語はできて得することが多くて、それこそ、吹き替えを担当した俳優が歌う曲を、自分で翻訳して、日本語詞に書き換えたという経験もあります」

ドイツ人の父親と、日本人の母親を持つ木村さんは、英語、ドイツ語、日本語を話すトリリンガル。ラップや歌唱でもそのスキルを活かせるのだとか。一転、弱みはというと、「弱み…友達がいないことですかね…」ととても意外な答えが返ってきました。

「同世代で仲良くしている声優があまりいないので、バラエティ番組などで披露できるエピソードが少ない。一番可愛がってくれたのは、先代ジャイアンの故・たてかべ和也さん。たてかべさんが天国に行かれてからは、公私共に良くしてもらっているのは師匠(関 智一さん)なんですよ。だから、同年代で『ご飯行こうぜ!』『遊ぼうぜ!』っていう友達があまりいないんですよね」

▲「なんでなんだろう…?」と考え始めた木村さん。※この写真は実際に考えている場面ではなく、撮影現場にダイナミックに寝転んでくれた、エモーショナルなカットです!

「さきほどの『お調子者』発言と矛盾してるかもしれないですけど、こんな性格なのに、人見知りな部分もあるのかな。基本的には鬼マイペースなんです。なので、自分のペースを崩されるのが余り好きじゃないというのもあります。あとは、同世代だと変に気を遣うというか…きっとどこかに、負けたくない!って気持ちが出てしまうんですよね。お調子者だけど、負けず嫌いでもあるのかも」

▲表現者としてのプライドやエンターテイナーとしての反骨心がちらりとのぞいた木村さんでした。

最後に、働く30代~40代のワーキングウーマンにメッセージを!

「女性のみなさんは、本当によく頑張っていらっしゃる。30代~40代なんて時代を支える世代だと思いますから。同世代としても頭が下がる想いです。働く女性のみなさんが、日々ハッピーでいてくれたらいいなと願います。そのハッピーのひとつとして、エンターテインメントがあれば嬉しいなとも思います。普段のストレスを晴らすような存在であるものを作れたら嬉しいです! 本当にお疲れ様でございます! これからも頑張ってください!」

木村さんらしい、アップテンポなリズムとテンションでくれた、働く女性へのエール。このお正月休みは劇場に足を運んで、公開中の『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』から、新しい一年をスタートするパワーをもらうのはいかがでしょうか?  バイス含む歴代の仮面ライダーたちが皆さんをお待ちしています!

未公開写真も掲載した、木村 昴さんのインタビューまとめ記事公開予定! 引き続きチェックお願いします!

映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』全国公開中!

現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品「仮面ライダーリバイス」を中心に、今までのすべてをビヨンド(超越)した予測不能な物語。2021年放送の『仮面ライダーリバイス』からは仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスが、『仮面ライダー』からは初代が登場するほか、2071年からやってきた謎のライダーが登場する。
出演:前田拳太郎、木村 昴(声の出演)、内藤秀一郎、日向 亘、井本彩花、濱尾ノリタカ、浅倉 唯、関 隼汰、八条院蔵人、小松準弥、田邊和也、山口貴也、川津明日香、青木 瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡 宏明、市川知宏、アンジェラ芽衣、庄野崎 謙、知念里奈、映美くらら、戸次重幸、古田新太、中尾明慶ほか 
原作:石ノ森章太郎 脚本:毛利亘宏 監督:柴﨑貴行
音楽:中川幸太郎 山下康介 アクション監督:渡辺 淳 特撮監督:佛田 洋
主題歌:「Promise」Da-iCE
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

公式サイト公式Twitter

声優・俳優

木村 昴

きむら・すばる/1990年6月19日生まれ。2005年より国民的アニメ『ドラえもん』のジャイアン役を担当。2009年、『天才劇団バカバッカ』を旗揚げ。2019年、第13回声優アワードにて『ヒプノシスマイク』として歌唱賞を受賞。2020年10月から『おはスタ』(テレビ東京)のメインMCを務めている。

撮影/倉本ゴリ(PygmyCompany)  スタイリスト/高山良昭 ヘア&メイク/原田琴実 構成/旧井菜月、福本絵里香

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事